はじめに

手前味噌づくり、それは妊娠〜出産までのプロセスのように思います。

大豆は水洗い後に一晩浸水させます。
その後、新しいキレイな水で、ゆっくり3時間ほどかけて茹でていきます。

時間をかけて成長を見守り、育ったら、ご家庭の食卓で美味しく味わっていきます。

  1. つくる喜び
  2. 育てる喜び
  3. 味わう喜び

大豆が柔らかくなったら、指で丁寧に「ありがとう」を唱えながら、ひと粒ひと粒をつぶしていき、そして塩と麹を混ぜて(塩切り麹)、空気を抜きながら容器に詰め、その後は10ヶ月かけて季節の移ろいと共に天然醸造で熟成させていきます。

ただ単に食べるだけではなくそのプロセスも含めて、3倍以上の喜びを感じられる、それが『祈りの味噌づくり』です。

10ヶ月かけて成長を見守って、無事に完成したときの喜びは、なにものにも変えがたいものがあります。

我が子の誕生を喜ぶ。
我が子の成長を見守る。

まるで妊娠期間と同じように、十月十日をかけて、見守り育てていきます。
無事に完成したときには、出産のように我が子の誕生を祝います。

ちなみに今年2月に仕込んだ味噌を先日解禁しましたが、ピカピカ生き生きとしていて、生まれたての赤ちゃんのように、いのちいっぱい輝いていました。

生まれてからは、ただただ愛おしさを感じる。味わう。共に歩んでいく。

是非、世界でひとつだけのご自身の味噌を味わってみてくださいね。

→過去の開催報告はこちら

味噌作りについて

こんにちは。
いのちある食卓主宰の松田 智子です。

さて、私が大好きな味噌づくりの季節がやってきました。
講座においては6年目に突入です。

今季も12〜3月にかけて複数回開催いたします。(全て同じ内容)

▶︎今回も創業1914年 越前有機蔵『マルカワみそ』のHPを参考にさせていただき、こだわりの材料を集め、3キロ分を仕込んでいきます。

▶︎『マルカワみそ』のHPを参考にする理由
限りなく自然・天然に近い素材や製法にこだわって提供している。創業1914年という味噌作りでの長い歴史がある。
また家庭での味噌作りにおいて、「天地返し」をしなくてもいいと提唱しているところが良いと思うからです。

▶︎天地返しとは
表層と深層を入れ替えること。味噌作りにおいては、満遍なく発酵・熟成させる為に必要と言われることも多い。

▶︎天地返しは必要ですか?
ご家庭で仕込む場合は、天地返しは基本的にしなくていいと考えています。詳しくはこちらです。

▶︎分量の参考はこちら
↓↓↓

こだわりの材料

▶︎今回(出来高約3kg)の味噌作りで用意する材料3つ
1.麹
→『自然栽培玄米麹』(または白米麹)を使う予定1000g

(麹の選び方:マルカワみそHPより)

2.天然塩
《いのちある食卓こだわりの天然塩3種》
※当日は利き塩をしてからお使いください。
※「ハマネ」と「珠洲の海」は差額を頂戴します。

《天然塩3種(予定)》
400g

  1. 海の精 (差額なし)
  2. 深層海塩 ハマネ (差額+200円)
  3. 能登半島 珠洲の海 (差額+300円)

(塩の選び方:マルカワみそHPより)

3.大豆
築地『三栄商会』北海道産/無農薬・無化学肥料大豆『とよまさり(予定)650g

注:容器
→ご自身でご用意ください。
(お味噌3キロ分を仕込む場合、1.1〜1.2倍くらいの大きさ目安)

大きさの目安について
↓↓↓

容器の種類
↓↓↓
タッパー、漬物容器
琺瑯の保存容器
甕、木樽
など

注:容器は過去に使ったもの(特に匂いが強めのキムチとか)ではなく、味噌専用として新しくご用意することを、オススメします。

image

手作りの楽しさ、発酵されて完成した”世界でひとつだけの味噌”の愛おしさ、

また、既製品とは違う味わい深さ、そんなたくさんの喜びを共に体験しましょう。

講座について

内容

  1. 祈りの味噌づくり講座
    『浄化』『祈り』『食材』について
  2. 味噌づくり
    茹でた大豆を潰す
    塩を合わせた麹(=塩きり麹)と混ぜる
    空気を抜きながら容器に詰める
  3. 軽食をいただく
    (祈りのおむすびと味噌汁。自家製いのちの梅干し)

こんな方が対象です

・味噌づくり体験をしたい
・手前味噌デビューをしたい
・食を見直すきっかけが欲しい
・おうちごはんをもっと好きになりたい
・美味しいごはんを食べたい
・いのちある食卓に興味がある

参加したらこうなります♪

・味噌づくり体験ができます
・手前味噌デビューができます
・食を見直すきっかけができます
・おうちごはんがもっと好きになる
・美味しいごはんを食べることができます
・いのちある食卓を知ることができる

開催日程と申し込み

※平日開催は2名様以上のお申込でリクエストを承ります。(最大4名様)
※味噌づくりは2月に仕込む「寒仕込み」が一番美味しくなると言われていますが、一年中作ることができます。(発酵が進むのは夏の暑い時期)

開催日程

  • 2021年12/22(水)冬至
  • 2021年12/26(日)
  • 2022年1/9(日)
  • 2022年1/16(日)
  • 2022年1/23(日)
  • 2022年1/30(日)
  • 2022年2/6(日)
  • 2022年2/13(日)
  • 2022年2/20(日)
  • 2022年2/27(日)
  • 2022年3/6(日)
  • 2022年3/13(日)
  • 2022年3/20(日)祈りの味噌2022最終日

時間

平日/13:00〜17:00
日曜日/14:00〜18:00

所要時間

講座:45分
作業時間:3時間

会場

湘南AQUA(自宅サロン)
小田急江ノ島線本鵠沼(ほんくげぬま)駅から徒歩3分
※会場までの道案内は入金確認後に別途ご連絡いたします。

受講費

事前振込(3営業日以内)

※ゆうちょ銀行または三井住友銀行へのお振込
※PayPay(当日承ります)

  1. リピート割:6600円(税込)
    ※『味噌作り』『梅干し作り』など、いのちある食卓の講座受講が2回目以降の方。または食堂ひなたにご来店されたことがある方。
  2. ペア割:7700円(税込)
    ※新規+新規=7700円+7700円
    リピート+新規=6600円+7700円
  3. 新規:7900円(税込)

持ち物

  1. エプロン
  2. おてふき用のタオル
  3. スリッパ or 厚手の靴下(寒さ対策に)
  4. 筆記用具
  5. 仕込んだ味噌3kg分を入れる容器
  6. 持ち帰り用かばん(袋やスーツケースなど)

※髪の長い方は、作業中髪の毛が入らないようゴムやピンでまとめてください。
※爪は短く切り、清潔な状態にしてください。
※納豆菌がとても強く、仕込んだ味噌に影響を及ぼす可能性がある為、前日夜から当日にかけては納豆は控えてください。

定員

各4名様

申し込み

公式LINEより「〇月〇日希望・味噌作り」とお申込ください。

《いのちある食卓 公式LINE》
↓↓↓
下記のURLから友達追加できます😊
https://lin.ee/fOg4jLW

IDはこちら
@mlf4111a

または下記のQRコードをスキャンして登録してください

キャンセル規定

7日前〜4日前の取り消し:50パーセント
3日前〜当日の取り消し:100パーセント

※キャンセルのご連絡は公式LINEまで
※心を込めて食材の仕入れや仕込みをしていますので、キャンセルは極力ご遠慮ください。
※返金時の振込手数料はご負担いただきます。

最後に

私は初めて家で1人で味噌作りをしようとしたときに、なかなか腰が重くて動けずに、結局諦めてしまいました。

大変な仕込み部分は私がしておきますので、後は当日、「潰す」「混ぜる」「詰める」の工程を楽しむだけ。
集まった皆さんで楽しんで取り組んでいるうちに、あっという間に終わってしまいます。

当日ご一緒できますことを、心より楽しみにしています^^

腸活で免疫力アップ!

『食堂ひなた』店舗情報


東京都豊島区池袋2-72-9 武谷ビル1F
(「和ビストロほたる」内)
池袋駅C6出口から徒歩6分

営業時間
11:30〜14:00(LO13:30)

※土鍋ごはん・具沢山味噌汁おかわり自由

◇毎週土曜日営業

《食堂ひなた 公式LINE》
IDはこちら:@mlf4111a