祈りのおむすびコラム vol.3 2019.2.7

◆神社奉納と直会(なおらい)について

女神ごはんで「祈りのおむすび」の神社奉納をさせていただいている経緯は、

ミラクルヒーラー山本咲希さんからご紹介していただいたのがきっかけです。

私は2年くらい前から毎日、神社参拝をしていますが、ふと「女神ごはんも奉納できるのかな?」と思ったことがきっかけです。

そのインスピレーションが湧いてきたのは、“鎌倉の縁結び”葛原岡神社での参拝後に、境内を歩いているときでした。

前々から神社奉納に興味はありましたが、奉納と言えばお酒や果物などの印象しかなく、調理されたものの奉納ができるかどうかはわかりませんでした。

すぐに咲希さんに連絡したところ、神社の神職の方をご紹介いただきました。

すると、調理されたものでも大丈夫とのことでした。

そもそも昔は、調理されたものを神様のお食事としてお出ししていましたが、

現代では、様々な理由から、生のままのものが多くなっているようです。

(いまでも伊勢神宮では朝晩、火を入れて調理された神様のお食事をお出ししていると聞きます。)

◆神饌(しんせん)について(神社本庁HP)
お祭りなどで神様に献上するお食事のこと。
生のまま備えられる生饌(せいせん)と調理したものを備えられる熟饌(じゅくせん)がある

◆直会(なおらい)とは(神社本庁HP)
祭りの終了後に、神前に供えられた御饌御酒(みけみき)を神職をはじめ、参列者の方々で戴くこと
この共食により、神と人とが一体となることが、直会の根本的意義であるということができます。

松田 智子 - 「祈りのおむすび」の神社奉納について

174 views, 22 likes, 10 loves, 1 comments, 0 shares, Facebook Watch Videos from 松田 智子: 「祈りのお&#x3…

🍙今回のおむすびに使用したもの
米:北海道産 ゆめぴりか
塩:パキスタン産ヒマラヤ岩塩 女神塩
用意するもの 氷水




ご神事のときに集まる「神様へのお供え」は種類も量もたくさんあり、神様がとっても喜んでいるように感じます。

人と同じで、自分のためを思ってお食事やお菓子を準備して持ってきてくれ、日頃の感謝を報告してくれたりしたら、とってもうれしいですよね♪

『食堂ひなた』店舗情報

東京都豊島区池袋2-72-9 武谷ビル1F
(「和ビストロほたる」内)
池袋駅C6出口から徒歩6分

営業時間
11:30〜14:00(LO13:30)

※土鍋ごはん・具沢山味噌汁おかわり自由

◇毎週土曜日営業

《食堂ひなた 公式LINE》
IDはこちら:@mlf4111a

Follow me!