鼻うがいをオススメする理由

自分は元気で状態は良くても、時に負のエネルギーにあたることがあります。
それぞれの人生のドロドロとしたものが、発せられる言葉、動き、持ち物など、その全てから滲み出てきます。

その人の生きてきた長さ分。

例えばその人がずっと虐げられて嫌な思いをし続けてきたなら、その積み重なった分だけあります。

だからこそ自分を守る為に、事前の浄化と、事後の浄化が大切です。
何気なく生きている毎日ですが、日々積み重なっていくからです。

その為、1日1日でリセットしていくことが必要です。
人と接する機会が多い接客業の方々、人に直接触れる機会が多い医療系や、マッサージや整体や介護の方々などは、自分を整える術として習慣化しておくとよいかと思います。

具体的には、粗塩を使った浄化がパワフルでオススメです。

粗塩とは精製していない未精製のもので、海水のミネラルが残った結晶が荒い塩のことを指します。
対して食塩とは精製塩で海水からミネラルを取り除いたものです。

普段使いはスーパーで売っている安い粗塩で構いません。
「今日は疲れすぎているから元気になりたい」とか、「今日は人前で話すから、気合を入れたい」という特別な日には、より上質な粗塩(自然塩・天然塩)をお使いください。

鼻うがいとは?

塩水を鼻から流し、鼻水や鼻の粘膜に付着している汚れを洗浄すること。

鼻水や、鼻の粘膜に付着している汚れやほこりを流すことができるため、鼻詰まりなどの症状を緩和することができる。

花粉にも効果的。

準備するもの

  • 鼻うがい専用のボウル
  • 粗塩(精製塩である食塩ではない):水の量に対して塩分9パーセント
  • 浄水またはミネラルウォーター

方法

  1. 自分の基礎体温の温度(36度程度)に合わせた塩水(塩分9パーセント)をつくる。
  2. 水は水道水ではなく、浄水またはミネラルウォーター。水道水の場合、うまく鼻を通りません。
  3. 右の鼻をおさえながら、左の鼻に食塩水を流し込む。
  4. 鼻から通った塩水が鼻腔を通り、のどから流れたものを口から出す。
  5. 自分が気持ちいいと感じる程度で終える。右の鼻も同様にする。
  6. 鼻うがい終了後は、頭を大きく、腰の位置まで下げ、鼻をかむ。重力も使い、鼻に残った塩水を完全に出し切るため、頭を大きく下げることは重要。

▶︎鼻うがい
⇨羽賀ヒカルさんの鼻うがいの動画がわかりやすくてオススメです。
https://youtu.be/B8hGi0QlhBg

オススメの塩

・キパワーソルト:独自の高温焼成で高い還元力と理想の成分バランスを備えた「生命の塩」

・皇帝塩:中国の歴代皇帝が愛用したと言われる天然海水塩

『食堂ひなた』店舗情報

東京都豊島区池袋2-72-9 武谷ビル1F
(「和ビストロほたる」内)
池袋駅C6出口から徒歩6分

営業時間
11:30〜14:00(LO13:30)

※土鍋ごはん・具沢山味噌汁おかわり自由

◇毎週土曜日営業

《食堂ひなた 公式LINE》
IDはこちら:@mlf4111a

Follow me!