抗酸化作用のあるケルセチンが4倍になるという、『太陽玉ねぎ』の作り方をご紹介します。

▶︎ケルセチンとは?効果はこちら。

1.皮をむく

2.1週間日光に当てる

※もしも中身が傷んでしまったら、茶色い部分を取り除き、傷んでいない白い部分だけをいただきます。

※こちらもご参照ください。▶︎『保存玉ねぎの腐りはじめ』

3.その後、生で使う場合
→そのまま冷蔵庫にて保存

3'.その後、煮込んで使う場合
→食べやすい大きさに切り冷凍庫にて保存

他にも玉ねぎ活用方法をご紹介します。

▶︎オレンジページ流『はちみつ酢玉ねぎ』の作り方はこちら。

作り方は、

1.お酢を沸かして

2.薄くスライスした玉ねぎをその中に入れる

これにより、お酢独特の酸味を飛ばし、玉ねぎの辛味を抑えることができます。

3.火を止めたらハチミツを加えて密閉容器に入れて4日ほどおいて完成。

冷奴や肉巻きなどの和のメニューに♪

▶︎捨ててしまう玉ねぎの皮(無農薬のもの)の活用方法はこちら。


▲『太陽玉ねぎ』には忘れないように日付もメモ。毎日玉ねぎさんに、「おはよう」「おやすみ」の声がけも忘れずに♡

▶︎松田 智子 プロフィール
▶︎女神ごはんとは
▶︎2016年 活動実績
▶︎2017年 活動実績
▶︎みなさんの声
▶︎今後のスケジュール

『食堂ひなた』店舗情報

東京都豊島区池袋2-72-9 武谷ビル1F
(「和ビストロほたる」内)
池袋駅C6出口から徒歩6分

営業時間
11:30〜14:00(LO13:30)

※土鍋ごはん・具沢山味噌汁おかわり自由

◇毎週土曜日営業

《食堂ひなた 公式LINE》
IDはこちら:@mlf4111a

Follow me!