image
(写真拝借しました。ありがとうございます。)

先日夫と訪れたときに凄すぎるパワーを感じたのは、

江島神社『龍宮(わだつみのみや)』

「りゅうぐう」ではなく、「わだつみのみや」と読みます。

《江島神社》

【公式】日本三大弁財天・江島神社

日本三大弁財天を奉る江島神社は、田寸津比賣命を祀る「辺津宮」、 市寸島比賣命を祀る「中津宮」、多紀理比賣命を祀る「 奥津宮」の 三社からなる御社です。

ご祭神は三姉妹の女神様※
天照大神(あまてらすおおみかみ)が須佐之男命(すさのおのみこと)と誓約(うけい)※された時に生まれた神

※三姉妹の女神様
1.奥津宮(おくつみや)

2.辺津宮(へつみや)

3.中津宮(なかつみや)

※誓約(うけい)
あらかじめ決められた通りの結果が出るかどうかで、吉凶を判断するもの

《江島神社 龍宮(わだつみのみや)》
御祭神は龍宮大神。
江の島は隆起以来、龍神の坐すところとなり、古来、龍神信仰は弁財天信仰と習合されていた。

奥津宮(おくつみや)の隣にあり、岩屋本宮の真上にあたるところに建てられたお宮。

辺津宮(へつみや)、中津宮(なかつみや)を経たその奥に鎮座しています。

鋭く威厳のあるまなざしをこちらに向けた、迫力ある御姿です。

また、祭神の起源となった五頭龍(ごずりゅう)が弁財天女に片思いをした伝説があることから、恋人たちがより縁を深める場所とも言われています。

《五頭龍の伝説》
その昔、神奈川県鎌倉市深沢にある湖に五頭龍が住んでいた。
その五頭龍は山を崩す、洪水を起こす、疫病を流行らす、生贄として子どもを食べるなどの悪行三昧。
そんな五頭龍は、江島に現れた天女に一目惚れ。求婚すると、今までの人間に対する悪行を理由に断られる。
しかし天女を諦めきれない五頭龍は、日照りに雨を降らせ、台風を防ぎ、津波を押し返すなど正反対のことを行い、改心したことを見せる。
これによって天女も結婚を受け入れた。
改心後は、五頭龍大神と呼ばれる。

《マンガで見る江島縁起》

江島神社 龍宮は、龍神の神聖なエネルギーが宿るパワースポット。

人によっては、その龍神の強力なパワーを感じることができるそうです。

そして奥津宮の先に続く石段を海岸の方へ進むと、素晴らしい絶景が広がっています。

ぜひ訪れるときには、歩きやすい靴で、自然いっぱいのお散歩コースで浄化&パワーチャージしてみてくださいね。

本当にオススメです^^

『食堂ひなた』店舗情報

東京都豊島区池袋2-72-9 武谷ビル1F
(「和ビストロほたる」内)
池袋駅C6出口から徒歩6分

営業時間
11:30〜14:00(LO13:30)

※土鍋ごはん・具沢山味噌汁おかわり自由

◇毎週土曜日営業

《食堂ひなた 公式LINE》
IDはこちら:@mlf4111a

Follow me!