まごわ(は)やさしい・意味 ~バランスの良い食事の覚え方~

女神ごはんのコンセプト

浄化・食材・祈り

*意味
食品研究家で医学博士の吉村裕之先生が提唱されている“バランスの良い食事の覚え方”で、各食材の頭文字をとった語呂合わせ。
日本に昔からある食材を食生活に取り入れることで生活習慣病の予防や老化予防、疲労回復、健康的な体づくりなどの効果が得られる。

*中身
【まごわ(は)やさしい】
・まめ 豆類ータンパク質、マグネシウム、レシチン(納豆や豆腐など)
・ごま 種実類ー抗酸化栄養素(ごまやピーナッツなど)
・わかめ 海藻類ーカルシウム、鉄分、ミネラル
・やさい 緑黄色野菜、淡色野菜、根菜ー抗酸化栄養素、ビタミン、食物繊維
・さかな 魚介類ー神経細胞の活性化
・しいたけ きのこ類ービタミンB1、ビタミンD
・いも 芋類ー食物繊維、ビタミンB、ビタミンC

*アレンジ編
【まごわ(は)やさしいよ】
・まめ 豆類ータンパク質、マグネシウム、レシチン(納豆や豆腐など)
・ごま 種実類ー抗酸化栄養素(ごまやピーナッツなど)
・わかめ 海藻類ーカルシウム、鉄分、ミネラル
・やさい 緑黄色野菜、淡色野菜、根菜ー抗酸化栄養素、ビタミン、食物繊維
・さかな 魚介類ー神経細胞の活性化
・しいたけ きのこ類ービタミンB1、ビタミンD
・いも 芋類ー食物繊維、ビタミンB、ビタミンC
・ヨーグルト ヨーグルトーマグネシウム、カルシウム、ミネラル、乳酸菌

【まごたちわ(は)やさしいかな】
・まめ 豆類ータンパク質、マグネシウム、レシチン(納豆や豆腐など)
・ごま 種実類ー抗酸化栄養素(ごまやピーナッツなど)
・たまご ビタミン、ミネラル、タンパク質
・ちち タンパク質、カルシウム、ビタミンB2
・わかめ 海藻類ーカルシウム、鉄分、ミネラル
・やさい 緑黄色野菜、淡色野菜、根菜ー抗酸化栄養素、ビタミン、食物繊維
・さかな 魚介類ー神経細胞の活性化
・しいたけ きのこ類ービタミンB1、ビタミンD
・いも 芋類ー食物繊維、ビタミンB、ビタミンC
・かじつ 抗酸化栄養素、ビタミン
・ナッツ類 高タンパク質、ビタミン、良質な油

【まごわ(は)やさしいよな】
・まめ 豆類ータンパク質、マグネシウム、レシチン(納豆や豆腐など)
・ごま 種実類ー抗酸化栄養素(ごまやピーナッツなど)
・わかめ 海藻類ーカルシウム、鉄分、ミネラル
・やさい 緑黄色野菜、淡色野菜、根菜ー抗酸化栄養素、ビタミン、食物繊維
・さかな 魚介類ー神経細胞の活性化
・しいたけ きのこ類ービタミンB1、ビタミンD
・いも 芋類ー食物繊維、ビタミンB、ビタミンC
・ヨーグルト ヨーグルトーマグネシウム、カルシウム、ミネラル、乳酸菌
・ナッツ ナッツ類ー高タンパク質、ビタミン、良質な油

上記を踏まえて、私なりのアレンジはこちら。

*女神ごはん編
【まごわちょーやさしいな+発酵食品+玄米】
・まめ 豆類ータンパク質、マグネシウム、レシチン(納豆や豆腐など)
・ごま 種実類ー抗酸化栄養素(ごまやピーナッツなど)
・わかめ 海藻類ーカルシウム、鉄分、ミネラル
・調味料 砂糖※・塩・酢・醤油・味噌・みりん・料理酒・油は本物を使う
・やさい 緑黄色野菜、淡色野菜、根菜ー抗酸化栄養素、ビタミン、食物繊維
・さかな 魚介類ー神経細胞の活性化
・しいたけ きのこ類ービタミンB1、ビタミンD
・いも 芋類ー食物繊維、ビタミンB、ビタミンC
・ナッツ ナッツ類ー高タンパク質、ビタミン、良質な油
+発酵食品 味噌、醤油、みりん、酢、ぬか漬け、梅干し、納豆など
+玄米 玄米、分づき米、玄米味噌、玄米飴、玄米甘酒など

※砂糖は、白砂糖以外のもの
精製された白砂糖は、完全なる人工的加工品であり食品添加物。
カロリーだけで栄養価はない。
「白砂糖はガンのエサ!」「黒砂糖は命を延ばすが、白砂糖は命を縮める」と言われている。
白砂糖とは、グラニュー糖・上白糖・粉砂糖・ざらめ糖・氷砂糖・和三盆など。
《みりん・米飴・玄米飴・玄米甘酒・メープルシロップ・アガベシロップ・ココナッツシュガー・羅漢果・ナツメ》
などの天然由来の甘味料で代用する。

【その他】
・手作りのものを増やす
ドレッシング、麺つゆ、ポン酢などカンタンに手作りすることができる。
添加物や保存料の代わりに、愛情をたっぷり入れましょう。

・ごまは“すりごま”にすると消化吸収がよくなる
余裕がある時はすり鉢ですってみたり、面倒くさい作業ほど、丁寧に心を込めてやってみる。

・自炊する機会を増やす
包丁を使わなくても、ちぎる、混ぜるとかカンタンなことでOK。
インスタント食品を食べる時も、自分を責めながら食べるのではなく、野菜を追加したり、プラスαで出来ていることにフォーカスして頑張っている自分を褒めてあげましょう。

・基本の“まごわやさしい”を意識して取り入れる
1食にすべての食材を入れることがベスト。難しい場合、1日を通して取り入れる。それでも難しければ2~3日のスパンでもOK。

【心がけること】
・マイナスではなく、プラスの方にフォーカスする。
出来ない自分を責めるのではなく、小さなことでも出来た自分にOKを出してあげる。

・ストイックにやりすぎない。完璧主義を手放す。
ストイックにやりすぎると、反動が来て、逆にお菓子やジャンクフードなど、体に悪いものばかり求めて貪ってしまいます。(自分がそうでなくとも、同居している家族がそうなることもある)

ぜひ、出来ることから少しずつ取り組んでみてくださいね^^

東京大神宮へ「お朔日参り(おついたちまいり)」

女神ごはんのコンセプト

浄化・食材・祈り

毎月1日には「お朔日参り※」へ

※お朔日参り…毎月1日に神社に参拝すること。
無事に過ごせた1ヶ月への感謝と、新しい月の無病息災・家内安全・商売繁盛などを祈念する古くから伝わる風習のこと。

7月を無事に過ごさせていただいた感謝をお伝えし、8月の宣言をしてきました。

私の宣言は、

【世の中の皆様に“愛と喜び”が広がりますよう、私の体をどうぞ存分にお使い、お導きください。いつもありがとうございます。】

というもの。

また9月のお朔日に参拝させていただくのが、今から楽しみでなりません。

「お朔日参り」とは【太陰暦】を使っていた昔の風習で、【太陽歴】を使っている現在はあまり意味ないのでは?と言われるかもしれません。

私なりに月に1度でも神社に参拝することで、日々生かしていただいていることへの感謝をし、ブレそうになる自分を正していただき、身を清められる場でもあります。

お白湯で浄化・方法と効果

女神ごはんのコンセプト
浄化・食材・祈り

《方法》
・お白湯※を30分から1時間ほどの間隔ですするくらいの量を飲む

※お白湯…沸騰させたお湯を適度に冷ましたもの

《効果》

・消化や胃腸の浄化

・毒素を排除する

・胃腸を温め、新陳代謝を促す

私は毎朝、ステンレスボトルにお白湯を入れ、1日持ち歩いています♡

たとえば満員電車でぎゅうぎゅうに押しつぶされたとき、なんとなく雰囲気の悪い道を通ったとき、換気がされていない空間にずっと滞在しているとき…

「ちょっと流れ変えたいな」「今、リセットしたいな」

など、必要なタイミングで飲むことも効果的です。

#まごわやさしい
#発酵食品
#白砂糖フリー
#本物の調味料
#身近に手に入る食材
#食材のいのちに感謝していただく
#女神ごはん

塩歯磨きで口腔内を浄化・方法と効果

女神ごはんのコンセプト

浄化・食材・祈り

《方法》
・塩歯磨き
→少量(ひとつまみ程度)の塩で歯磨きをする

《効果》
・口腔内がすっきりクリアになる
・歯の黄ばみが取れ、自然な白さになる
・歯の表面がツルツルになる
・食べ物の味が正しく味わえる

塩は精製されていない天然のものを使い、粒子が細かいもので磨きます。

昔の方って塩で歯磨きされていましたよね。
(塩は貴重だったので、何もつけずに磨いていた方も多かったかもしれません。)

いつからか私たちは歯磨き粉を使うようになりましたが、その歯磨き粉、身体にやさしい材料で作られたものでしょうか?

せっかくキッチンの蛇口に浄水器をつけて、飲み物はペットボトルのミネラルウォーターで…とこだわっていても、体内に入ってくるのは口からだけではありません。

皮膚から吸収されその奥へと進み、私たちの体のさまざまな部位に影響を及ぼします。

経皮毒※、気をつけていきたいですね。

※経皮毒
シャンプー・化粧品・生理用ナプキンなど、日常使われている製品を通じて皮膚から有害性のある化学物質が体内に吸収されること

一度、塩歯磨きをやってみると、歯のツルツル感、スッキリ感にやみつきです♡

もう、市販の歯磨き粉には戻れません。

生大根ダイエットの方法・カンタン3STEPレシピ♪

生大根ダイエット始めました♪

3週間後のプロフィール写真撮影に向けて、ダイエット開始♡

生大根ダイエットは、食べるのが大好きな私にとって、食べることを制限することなく、過去に楽しんで取り組めた、唯一のダイエット方法。

生大根ダイエットとは、
【1日1回、生大根を食前か食事中に300g食べるダイエット方法】
※300gは輪切りで5~6㎝くらい

《ポイント》

*大根を生で食べること
…酵素は熱に弱く、50℃前後の温度で失活してしまいます。

*大根おろしは汁ごといただく
…栄養成分が含まれているから捨てないでー!ビタミン・ミネラル・酵素が豊富に含まれています。

*大根おろしは皮ごといただく
…ビタミンやイソチオシアネートは皮に多く含まれます。

*大根おろしは10分以内に食べる
…食べる直前におろして、すぐに食べきる。時間が経てば経つほど栄養成分が減少します。

保存は作りすぎたときに行うもの。
栄養も味も落ちてしまいます。

私はその都度、食べる分だけ、食材に新しい息を吹き込み、いのちに感謝していただきます。

こちらは遅く帰宅した時の夜食♪

image

【きのこのポン酢炒め with 大根おろし】

1.熱したフライパンに油をひく
2.好きなきのこを数種類、いためる
3.ポン酢をかけて炒めながら、全体に行き渡ったら火を止める(必要に応じて塩こしょうで味をととのえる)

※油は、太白(たいはく)ごま油。色や匂いがほとんどなく、普段使い可能。品数多いスーパーで売っています。

※ポン酢は、醤油・酢・レモン汁を合わせた手作りポン酢

※大根おろしは、汁ごとかけて食べてください^^

※冷蔵庫の残り物も入れてお好きにアレンジしてくださいね♪
(今回は油揚げを入れました)