笑顔の花が咲く♡相手の為を思い行動した、その時間や労力がうれしいから。

30代くらいのレジ打ちの女性の話です。

スーパーのレジにて、50代くらいの男性がレジでお会計のとき、

じゃらじゃらと小銭入れから出した小銭のうちの1円を、

あぁッ(´Д` )

と落としてしまいました。

男性もレジ打ちの女性も、手から落ちた瞬間は見たのですが、転がって落ちた場所までは確認できませんでした。

「どこに落ちちゃったんですかね〜」
「ないねー。」

少しの間、2人で辺りを探したのですが見当たりません。

男性はあきらめて、

「まぁ、1円だしいいや。後で見つけたら拾っといて」

と言って、買う分のお会計を済ませて、その場を離れたんですね。

レジ打ちの女性は、

(さっき床に落ちた音は聞こえなかったから、どこかに挟まっているはず)

と思い、

今度は床ではなく、レジ横の台の辺りを探しました。

するとその台の折り目の隙間に、1円がすっぽりと挟まっていました。

隙間だったので指では取ることができませんでした。

そこで隙間に入るような細いものを使い、くいっと搔き出し、見事その1円がころりと出てきたんです。

そうして出てきた1円を渡すべく、男性に駆け寄りました。

男性はちょうど買った物を、レジ袋に入れて出口を出るタイミングでした。

「お客様、1円ありましたよ〜!^^」

満面の笑みで駆け寄る女性。

すると、終始、無表情だった男性も、満面の笑みになり、

「見つかったんだ。ありがとう!!」

と、喜んでその1円を受け取り、笑顔で出口を出て行きました。

image

たかが、1円。
されど、1円。

1円が手元に戻ってきたことが嬉しかったわけではありません。

正直、1円なんてどうでもよかったんです。

嬉しかったのは、相手の為を思い行動した、その時間や労力。

きっと男性は家に帰っても、ほっこりとした温かい気持ちが残っているはず。

そんな一部始終を端から見ていてほっこりとした私でした♡

誰も見ていないと思っても、誰かは見ているんですよね。

最悪、まわりに誰もいなかったとしても、神様はちゃんと見てますから。

1年に一度あるかないかの大きな感動よりも、毎日小さな感動を積み重ねていくこと。

世界で一人だけが頑張って大きな感動を作るのではなく、一人ひとりが小さな感動を作っていくこと。

そうしたら世界が変わりますよね、絶対。

世界が明るいニュースばかりであふれますように。

▼松田 智子プロフィール

女神ごはん主宰 松田 智子/プロフィール

▼女神ごはんとは
http://megamigohan.jp/2016/11/04/about_megamigohan/

▼2016年 活動実績

2016年・活動実績

▼みなさんの声

お客さまの声

▼今後のスケジュール

今後のスケジュール

頭で食べるのではなく、心でいただくということ。

「智子さんから『無農薬野菜を買うことを手放した』って聞けて、安心しました。」

女神ごはんで大切にしていることは、誰でもいますぐにできることです。

そして一生続けられること。

ハードルを高くして挫折してしまうのではなく、ハードルを1番低くして、楽しんでゆるく続けて欲しいんです。

私は食の勉強を始めた頃、お取り寄せ食材や、無農薬野菜に固執しがちでした。

あれはダメ、これはダメと、頭で判断し、いつしか心は置いてきぼり。

食べることを楽しんだり、味わったりする感情は後回しでした。

「私、身体にいいもの食べてるんだからいいよね」って、言い聞かせて。

でも”頭で食べる”ことを、ストイックにやりすぎると、外食ジプシーになってしまうんですよね。

外を出歩いている時に、入れるお店を探し回って、結局入れずに、とぼとぼ帰ってくるんです。

無理矢理に入ったとしても、妥協して注文したりして、

私、何やってるんだろうって(笑)

ある時、マクロビで流行っていたお店で、”なんちゃって親子丼”を食べた時に、

「まずっ」

と、思いました(笑)

「卵と鶏肉で作った本物の親子丼が食べたいわ!」

って、それまで蓋をしていて聞こえなくなっていた心の声が、むくむくと湧き上がってきたんです。

その瞬間、「あ。私、頭で食べるのやめよう」

ってストンと腑に落ちたんですね。

image

アレルギーや宗教上の理由もあるし、食に対する考え方は「自分はこの考え方を信じる」って、それぞれのこだわりがあっていいと思います。

マクロビの考え方を否定するわけではありません。

無農薬主義の方を否定するわけではありません。

ただ、”頭で食べている”毎日に、疑問を感じて欲しいんです。

自分の心の底から「おいしいね」って味わって欲しい。

ストイックにやって疲弊するのではなく、食べることを生きる喜びにして欲しい。

image

いまでは私は、無農薬野菜を買うことを手放しました。

無農薬野菜を買わないと言うわけではなく、買う時もあります。

買う時の理由の『1番』ではないと言うことです。

image

私は“その食材にエネルギーがあるかどうか”で選んでいます。

だから選んだその食材が、蓋を開いてみれば、結果的に無農薬野菜だったということもあるかもしれません。

でもどっちでもいい。

人でたとえると、肩書きや経歴で選ぶのではなく、その人そのものを見て欲しいということです。

その人の肩書きや経歴がなんであれ、エネルギーや愛があれば、私は「この人と関わりたい」と選択します。

image

そうやって選ばれた食材たちは、いのちいっぱい生きていますから。

だから、”いのちの食卓”になるんですね。

▼松田 智子プロフィール

女神ごはん主宰 松田 智子/プロフィール

▼女神ごはんとは
http://megamigohan.jp/2016/11/04/about_megamigohan/

▼2016年 活動実績

2016年・活動実績

▼みなさんの声

お客さまの声

▼今後のスケジュール

今後のスケジュール

どんなに忙しい毎日でも、一杯の重ね煮のお味噌汁があれば、それだけでいい

「細胞すみずみまで染みわたるよろこび^^」
「じんわりよろこびが広がる〜」
「あぁ、しあわせ」

image

私が初めて重ね煮の調理法に出会ったのは、氣愛のおむすびで有名なサトケンさんのイベントに遊びに行ったとき。

いまから5年前くらいだったかな。

▼重ね煮とは
ひとつの鍋に素材を重ね入れて調理する方法。中国に古くから伝わる自然界のすべてのものは、「陰」と「陽」に分けられるという考え方で、自然界の天地と逆の順に、鍋に重ねていくと、野菜のエネルギーが調和して、素材本来のうまみが引き出されるという料理法
ー『旬を丸ごと生かす食卓』梅崎 和子 著

氣愛のおむすび目当てで参加したのですが、あまりにも美味しすぎて「なんじゃこりゃー!」な状態で釘付けになったのは、一杯のお味噌汁でした。

いのちいっぱい、ピカピカきらきらと輝いていました。

「え?あらかじめ出汁を取ってないって?どういうことですか??」

聞けば、野菜を切って重ねて煮るだけの、重ね煮の調理法で作っているんだとか。

お味噌汁=「出汁を取るのがめんどくさ〜」

と思っていた当時の私にとって、あらかじめ出汁を取るわけではなく、

野菜と塩と味噌だけで作られる重ね煮の調理法で作られたお味噌汁は、かなりの衝撃でした。

野菜の旨みが最大限に活かされるように、陰陽の法則から重ねる順番が決まっているのです。

野菜それぞれがベストパフォーマンスを発揮して、最高のチームワークなわけなので、美味しくないわけがありません。

絶対に失敗しない、絶対に誰からも喜ばれる至福のお味噌汁です♡

その出会い以来、独学で重ね煮の調理法を実践してきました。

三日坊主ならぬ一日坊主の飽きっぽい私が、毎日毎日続けることができたんです。

私のようにずぼらでめんどくさがりな人でもできる!

机上の空論ではなく、自分で実践してみて「これ、よかったな〜」って体感しているから、だから伝えたい。

ということで、もっともっと重ね煮の調理法の知識を深めて、みなさんにお伝えしていきますね。

現在の私は、こちらの梅崎 和子さんの本を教科書にしています♡

image

他には、百姓屋敷わらさんも重ね煮を提唱されてますね。

重ね煮の調理法を知って実践する人がひとりでも増え、世の中に喜びが広がりますように。

▼松田 智子プロフィール

女神ごはん主宰 松田 智子/プロフィール

▼女神ごはんとは
http://megamigohan.jp/2016/11/04/about_megamigohan/

▼2016年 活動実績

2016年・活動実績

▼みなさんの声

お客さまの声

▼今後のスケジュール

今後のスケジュール

2017年のテーマは『仲間づくり』

6:50頃の初日の出の時間。
鵠沼海岸には、「どこから湧き出てきたのー?」って思うくらいに、わんさか人がいました(笑)

初ランや、初サーフィンを楽しんでる方もたくさんいました。

これだけたくさんの人が、夜明けを楽しみにしていたんですね。

image

私の2016年は、混沌とした1年でした。
36年の人生の中で1番濃くて、ジェットコースターみたいに上がったり下がったりで大変でした(笑)

いま、初日の出を見て、「ようやく夜明けが来た」って、胸の奥が静かに熱くなりました。

2016年のいろいろな出来事は、2017年をきちんと迎える為の準備だったんですね。

image

で、2017年のテーマは『仲間づくり』

いろいろな集まりを主催していきたいと思います。

自分がやりたいことをやる、「この指とまれ」スタイルです♡

自分ひとりで楽しんだり、喜びをひとりじめするのではなく、みんなで喜びを分かち合いたい。

〇〇ツアーを主催したり、『オールスター感謝祭』のような大規模なお祭りを主催したい。

運営側とお客さんと分け隔てなく、みんなが主役になれて笑顔になる。

それぞれの個性はあっても我が強いわけではなく、

点が線となってつながったり、バラバラだった小さな円が、1つの大きな円となる。

そんな場づくりをしたい。

そして女神ごはんの活動では、料理教室と講座を通して、女神ごはんの考え方をお伝えし、それを実践していく仲間を増やし、世の中に喜びを広げていきます。

技術面では、重ね煮の調理法を極めるべく、学びの場に行ったり、インプットとアウトプットを繰り返していきます。

重ね重ね、昨年は大変お世話になりました。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

2017.1.1
女神ごはん主宰
松田 智子

▼松田 智子プロフィール

女神ごはん主宰 松田 智子/プロフィール

▼女神ごはんとは
http://megamigohan.jp/2016/11/04/about_megamigohan/

▼2016年 活動実績

2016年・活動実績

▼みなさんの声

お客さまの声

▼今後のスケジュール

今後のスケジュール

2016年を漢字一文字で表すと「波」

「いろいろあっても、自分が舵をとる人生を生きてるー!」

そんなセリフを今年何回叫んだことか分かりません(笑)

2016年を漢字一文字で表すと「波」

image

荒波の航海だったことがほとんどだけど、そんな中でも穏やかな波の航海もあった。

自分が荒ぶっていたら、そのまま荒ぶった状態が広がるし、

自分が穏やかだったら、穏やかな状態が広がる。

すべては自分発信で、自分がどういう状態か状況かにつきるんですよね。

暗黒、破滅、破壊、創造、再生、希望

どん底も味わったし、魂がぶるぶる震える喜びも味わえた。

会社員時代には味わえなかった喜び、それは『松田 智子』や『女神ごはん』に興味を持って会いに来てくれる人が増えたこと。

今までは、「CAの智子さん」とか、「〇〇会社の智子さん」というように、常に肩書き・経歴・会社のブランドが看板だったんですね。

自分でそうするつもりはなくても、人はそういう風に見ていたことを、いつも感じていました。

人からそう見られる度に、「CAの〜」「〇〇会社の〜」に該当するんだったら、私じゃなくてもいいんだって思うようになったんですね。

だってそれに該当する人、世の中たくさんいますから。

2016年の5月に起業してからは、自然と『松田 智子』や『女神ごはん』が看板となったので、

喜びもうれしさも、悔しさも不甲斐なさも、

いろいろな感情をダイレクトに感じて、味わうことができました。

会社員の安定を手放して、不安定な起業家になった2016年。

10年来の夢だったCAを手放してまで、私の魂が求めていて、得たかったこと。

それは、自分が舵をとる人生を生きたかったから。

いままでは親が舵をとる人生だった。会社が舵をとる人生だった。

「今度は自分が舵をとる人生を生きたい」って、ずっと思っていたんですね。

私の人生一度きり。

ぼーっと生きてたら、すぐに終わってしまいます。

死に際になって、あれもやったらよかった、これもやりたかったなんて、悔やんでも、もう遅い。

神様的には「あんた、いまさら何言ってんの?あれだけ時間あったよね??」なんて、言われちゃいそうです。

だからやりたいこと全部やりたいんです。

私は人より欲深いのかもしれません。

やりたいことを実現させるためだったら、なんだってやります。

自力(現実面)も他力(スピリチュアル面)も両面から、ありとあらゆる手段を片っ端からやります。

いつだってそうやって実現させてきたから。

そんな激動の2016年を経て、2017年でやりたいことは、『〇〇づくり』

〇〇の中に入る言葉は、すでに心の中にありますが、それはまた年明けに発表しますね。

今年私を支えてくださったすべての方々、本当にありがとうございました。

また2017年もよろしくお願いいたします。

▼松田 智子プロフィール

女神ごはん主宰 松田 智子/プロフィール

▼女神ごはんとは
http://megamigohan.jp/2016/11/04/about_megamigohan/

▼2016年 活動実績

2016年・活動実績

▼みなさんの声

お客さまの声

▼今後のスケジュール

今後のスケジュール