春から初夏が旬【たけのこ】米ぬかと唐辛子であく抜きする方法・保存方法

友人からたくさんのたけのこをいただきました😊
宮城県のご実家の裏山から掘って収穫したものだとか💕

「裏山だけにウラヤマ〜」(ドヤっ😎) by 夫



( ´△`)

そ、それはさておき(笑)

さらに別の方から、特別栽培 魚沼産コシヒカリ棚田米の米ぬかをいただいたので、あく抜きに使っていきます。

(あく抜きには、わざわざ米ぬかを準備しなくても、米のとぎ汁でもできます😊)

さらにさらに中村千登勢さんから出雲土産の唐辛子をいただいたので、そちらも使って。

全ていただきものでまかなえちゃうことに感動。

女神ごはんは、みなさんに支えられて感謝いたします。

◆材料
1.たけのこ … 2〜3本(大きさによる・大鍋に入る量)
2.米ぬか … 1カップ(200cc)
3.唐辛子(種はぬかずにそのまま) … 1本
4.竹串あれば(茹で上がりの確認用に)
※たけのこの量に合わせて、米ぬかと唐辛子を増やす

◆方法
1.流水で土を洗い落とす。
外皮やその内側にも土がついている為、3〜5枚は剥いて捨てる。

2.ゆでる前に、アクを抜きやすく、水周りをよくするための切り込みを入れる。

先端1/5程度を斜めに切り落とす。身の部分を切り落とさないように注意。

3.切り落とした部分に垂直に浅く切り込みを入れる。深さは1~2㎝ほど。

4.たけのこはできるだけ深さのある鍋に、重ならないように入れ、米ぬかと唐辛子を加え、水をそそぎ入れる。
※水からぬかと唐辛子で茹でる

5.
鍋を中〜強火にかけ、沸くのを待つ。
※吹きこぼれやすいので注意

6.沸いてきたら、落し蓋をして火を弱める。
※煮汁が吹きこぼれない程度に、鍋肌がグツグツ沸いている状態に火加減を調整する。

7.茹で時間:たけのこ一本あたり
300〜400gくらいの小サイズは1時間半
500〜750gくらいの中サイズは2時間
1㎏以上の大サイズは3時間ほどが目安

※たけのこは浮きやすいので、落し蓋をして、火の通りを均一にする。
(鍋の口径の7割くらいの大きさのものを使うとよい)

※キッチンから離れずに、30分に1回くらい水の量を確認する。

蒸発して水が減りすぎるのを防ぐために、適宜水を足し入れる。たけのこが常に茹で汁に浸かっている状態を保つ。

8.茹で上がり、たけのこの太い部分に串を刺して火通りを確認。

ゆで上がったら、鍋ごとゆで汁に浸かった状態で冷ます。
※冷蔵保存の時にも、このゆで汁を使うので捨てないでおく。


▲ちょっと先端の姫皮部分を剥きすぎちゃってごめんなさい🙏

◆あく抜きしたたけのこの皮の剥き方
1.外皮から身の部分が出てくるまで、5〜6枚くらいずつ剥がしていく


▲剥き上がりを綺麗に見せるためには、竹串などでなぞると、美しい剥き上がりになる。
今回は美しくなくてごめんなさい😭

2.先端の姫皮部分は1〜2枚ずつ剥がしていき、食べられる柔らかい部分が出てきたら完了。

姫皮って名前の通り、かぐや姫のように内側から登場してかわいい😍

姫皮部分は味噌汁の具に使いましょう^^

3.先の緑色の固い部分は切り落として捨てる。

4.底の部分の黒いイボイボは、包丁で剥いて捨てる。

◆保存方法
茹で汁ごと保管(冷蔵で4〜5日)
たけのこが完全に茹で汁に浸かっている状態をキープする


▲切った内側も可愛くて愛おしい😍

◆たけのこ料理
※調理前には米ぬかを取るために、水で洗い流す

1.たけのこの姫皮の味噌汁
わかめや豆腐と共に味噌汁の具として入れる

2.たけのこごはん
*しょうゆ・みりんを入れて炊飯器で水加減を合わせて、羅臼昆布+よく水気を切ったたけのこを上に重ねる
(あれば油揚げをその上に重ねて)
*たけのこの水気の分、炊飯器にセットしている水から大さじ1〜2をすくって捨てる。
*炊き上がり、羅臼昆布を抜き取り、食べやすい大きさに細切りにして、炊飯器に戻す
*天然塩をパラパラとかけ、しゃもじで切るように混ぜていく
(このときの塩は、岩塩など大粒の方が味が決まりやすい)


▲たけのこごはんはお米3合(450g)でたけのこ2本分

3.たけのこの土佐煮
かつおダシをたっぷり効かせて、シンプルにたけのこの旨みを存分に味わう

*
*
*


▲白い小さなつぶつぶは、茹でた時に出るチロシンというアミノ酸。栄養成分のひとつで無害。

ごちそうさまでした🙏

食材を提供していただいたよっしー、ちぃちゃん、Tさん、ありがとうございました😊

美味しくいただきました^^

たけのこはあく抜きや皮剥きなど、下処理が大変なので敬遠されがち。

でも下処理しておすそ分けすると、とっても喜ばれますよ💕

今回も一部は女神ごはんで、残りは友人におすそ分けさせていただきました。

1.風夢の衣理ちゃんのイベントでは、ひよこ豆カレーに使っていただきました😊

2.発酵食のスペシャリスト 弘子さんは醤(ひしお)を使ったたけのこごはんに😍

料理のプロフェッショナルなお2方に使っていただけて、たけのこさんたちもとってもうれしそう^^

この、食材の命のバトン、とっても素敵で美しいですね。

また来年のたけのこシーズンも楽しみです。




◇女神ごはん 基本食材
米…自然栽培米
(新潟・長野・兵庫『こしひかり』)
砂糖…含蜜糖
黒糖・きび糖(奄美諸島『素焚糖』)・甜菜糖
みりん…本みりん
(愛知『三州三河みりん』)
塩…天然塩
(伊豆大島『海の精』・沖縄『粟国の塩』)
酢…純米醸造
醤油…天然醸造
味噌…天然醸造
自家製『祈りの味噌』
(自然栽培玄米麹+北海道産鶴の子大豆+伊豆大島『海の精』)
油…
『太白胡麻油』・『太香胡麻油』

その他
自家製塩麹・自家製醤(ひしお)・自家製トマト麹
自家製ぬかづけ

my米麹で発酵食を仕込むことも目標の1つ

令和時代の女神ごはんは
“「食材の命をいただく」ということを体感する”がテーマ

たとえば麹。

今までは購入していましたが、使う機会が増えるにつれ、いつまでも買い続けるのもなぁ〜という気持ちと、どうやって作られるか体感したいという気持ちがあります。

来年の『祈りの味噌づくり2020』は、my米麹で仕込むことも目標の1つ。

今まで麹づくりは難しいと敬遠していましたが、「やりたい」より「やります」をモットーに行動していきます。

手作り麹なのできちんと発酵するかわからないから、まずは塩麹や甘麹、味噌などで試してみますね。

うまくできたら、始めはホームパーティなどでお出しするかもしれません。

お楽しみに。

とってもわかりやすい動画ですね^^

【居酒屋ぼったくり】この店には旨い酒と美味しい料理、温かい人情がある。

女神ごはんがお伝えしていることは
頭で食べるごはんではなく、心で食べるごはん。

体の中で消化が終わって、なくなっても、心にいつまでも残る思い出のごはん。

ふとした時に思い出す、幸せな食卓。

その為に作り手は、浄化と祈りが大切。
特別なことではなく、作り手のマナーとして当たり前にあるもの。

「料理をする前に手を洗いましょう」と同じ感覚で、「料理をする前に浄化と祈りをしましょう」なのです。

浄化とは、穢れ(けがれ)を祓う(はらう)こと。

作り手の状態が料理に丸ごと移るので、イライラしながら作ったごはんは、イライラごはんになります。

そのイライラごはんを食べた人に、イライラというエネルギーが移ります。

その状態でいいのでしょうか?

だからこそ、小手先のあれこれの前に、まずは自分をととのえること。

私たちはストレスフルな毎日で完璧にはできないけど、理想を掲げて、自分の心と体に余裕がある時に、できる範囲でやってみる。

それがたとえ一年に一回でもいい。
できたら、自分にマルをつけてあげてほしい。

まずは、自分の為にごはんを作る。
その次は、家族や大切な方々にごはんを作る。

そしてこれは、ごはんだけの話ではなく、人生において、相手の幸せを思って行動する。

日々、徳を積み重ねる。

女神ごはんが目指している世界観が表れていて、大好きなドラマ【居酒屋ぼったくり】です。

“この店には旨い酒と美味しい料理、温かい人情がある。”

旨い酒と美味しい料理なら数多くある。
でもそこから先、息の長いお店になる為には、温かい人情が必要不可欠ですね。

改めて、そう感じました。

▼居酒屋ぼったくり

大人気小説のドラマ化、居酒屋ぼったくり観てみてくださいね^^

令和元年2日目には、旬のそら豆を使って自家製豆板醤づくり

《出来高330g》
そら豆 250g(豆のみ)25さや分
米麹   25g
天然塩:海の精 50g
粉末赤唐辛子 37〜38g
タカノツメ 5〜8本
自家製味噌 大さじ2.5〜3

※混ぜるときにはビニール手袋必須。
もしも手荒れしていたなら激痛です…!

✴︎

4〜6月はそら豆の美味しい季節。
本日午前中予定があり、終わってから丸豊のおにぎりを求めて、ふらふらと築地にたどり着いたら、

築地場外にGW中に臨時で特設しているであろう八百屋さんを発見…!

とっても生き生きした元気なそら豆たち…ざるいっぱいにもりもり入っていてなんと600円…!

私が購入したら、続いてお隣のおばさまも購入されていました。笑

他にも欲しい野菜や果物がたくさんあったのですが、荷物が増える為、断念。

次回はスーツケースで来よう!
(築地場外では混雑時、スーツケースはNGなので、コインロッカーかどこかに預けてくださいね)

✴︎

《自家製豆板醤の作り方》

1.さやからそら豆を取り出す
だいたい1つのさやにそら豆2つくらい。さやの内側は、ふかふかのベッドのように気持ちいいのです。ふわふわ〜。

2.20〜30分ほど蒸す
蒸し器がなければ、大鍋にできるだけ大量の水を入れ沸かし、内側にはそら豆を入れた深皿を入れ、簡易蒸し器を作って蒸す。途中大鍋の水がなくならないように、定期的に確認。

3.そら豆の外皮を剥く

4.そら豆を指で「ありがとう」を唱えながら潰す
(簡単に潰れるよう、柔らかめに蒸しておく)

5.そら豆と各材料を、全てボウル内で🥣混ぜ合わせる

6.詰めていく容器は、煮沸消毒またはアルコール消毒(焼酎や泡盛など)をしたもの

7.容器に詰めていき、空気が入らないよう、こぶしで押し込んでいき、ラップ+重しで仕込みは完成。

8.直射日光に当たらない湿気の少ない寂しくない場所に置いておき、6ヶ月後に完成。

私は辛いもの得意じゃないのですが、夫が辛いもの好きな為、夫向けや、おすそ分け用に仕込みました。

6ヶ月後が楽しみです^^

自家製調味料づくり、とっても簡単で驚くほど美味しいですし、本当にオススメ。

ぜひ、そら豆が美味しいこの時期に仕込んでみてくださいね。

ご興味のある方は下記までご連絡ください。
一緒に仕込みましょう♪

📩megamigohan★gmail.com
(★を@に変えて)

2019.2〜2019.4【祈りの味噌づくり2019】開催報告

「相手の幸せを祈る、と言う時間を持ちました。この事が、お味噌作りにとてもプラスになりました。」

「来年、私が作ったお味噌で沢山の人達に笑顔が届けられると良いな、と思いながら作って行きました。」

「我が子の誕生、待ち遠しいです😌💓」

「最後にいただいた百姓の農作業の「休憩」中に出てくるような、「おむすび」がじわっとくる美味しさでした…!」

「それぞれが10ヵ月後の2020年2月28日にどのように生きていて、どのような味になっているのかタイムカプセルのような気持ちで楽しみにしたいと思います。」

【祈りの味噌づくり2019】
4/28で、今年分の仕込みは最終回でした。
述べ30名ほど、たくさんの我が子の誕生がうれしいです。

一人当たり3kg分仕込んだので、3kg×30名で90kg分ですね。

来年の祈りの味噌づくりは、親子味噌づくりをやることも、夢のひとつ。

大好きな『いただきます』の映画で、高取幼稚園の年長さんたちが年少さんたちに味噌の作り方を伝えていたのがとても印象的で愛に溢れていて、

私も「後世に伝えていく」というのをやりたいのです。

昔の家庭はどこも、味噌も醤油も、ぬか漬けや梅干しだって自家製で作っていましたよね。

そういう100年前からあって、100年先も続く食卓を、女神ごはんでは伝えていきたいのです。

流行りのものではなく、ご先祖様代々から、日本人のDNAに組み込まれた、ほっと安心する食卓。

ごはんと味噌汁、発酵食・保存食。

物理的に体内で消化が終わってなくなっても、いつまでも心に残る滋味深いもの。

大切に残していきたいこと、後世に伝えていきます。

祈りの味噌づくり2019にご参加いただいた全ての方々、ありがとうございました。

通常の味噌づくりとは違い、大豆を潰す工程が手作業なので、大変だったかと思いますが、楽しんでいただき、ありがとうございました😊

10ヶ月後の我が子の誕生をお楽しみに^^

《出来高3キロ》
仕込んだ日:平成31年4月28日
完成予定日:令和2年2月28日
自然栽培の玄米麹:1000g
北海道産鶴の子大豆:650g
海の精:400g

今後は5月らっきょう漬け、6月梅干しと続きます😊

7/21の3周年記念パーティも募集中です。初めましての方もこの機会にお越しくださいね🙏

【残10】女神ごはん3周年&小冊子出版記念パーティ