【ウェッジウッド】ストロベリーブルームインディゴ『和スイーツセット』

ウェッジウッド様より、数量限定・新発売のストロベリーブルームインディゴ

『和スイーツセット』をいただきました。

友人からモニターキャンペーンについてオススメされ、迷わず応募。

な、なんと当選してしまいました…!

ウェッジウッド様、Yちゃん、ありがとうございます^^

上品で洗練されていて美しい。

さすがは、長年世界中から愛されているブランドは格が違いますね。

いつものおうちスイーツも、この『和スイーツセット』なら、さらに美味しく感じちゃう。

来客時にも普段使いにもオススメです♡

《恋する和スイーツ〜ウェッジウッド編〜》
*絹豆腐 de もっちりツヤツヤ豆腐白玉
*北海道産小豆 de ゆであずき
*丹波黒大豆のきなこ
*コーヒー(モカブレンド)

▶︎松田 智子 プロフィール
▶︎女神ごはんとは
▶︎2016年 活動実績
▶︎2017年 活動実績
▶︎みなさんの声
▶︎今後のスケジュール

【募集中】5月・女神ごはんのプライベート料理教室

こんにちは。
女神ごはん主宰の松田 智子です。

5月に料理教室を開催します♪

料理教室と言っても、単なるレシピの提供ではありません。単なる技術の教えでもありません。

いかに包丁さばきを良くするかではなく、食材と対話しながら丁寧に丁寧に接すること。

浄化や瞑想で、自分や空間をととのえてからキッチンに立つこと。

相手(食べてくれる人)のしあわせを祈りながら作ること。

食材のいのちに感謝していただくこと。

頭で食べるのではなく、心でいただくこと。

それら、女神ごはんの考えを事前にお伝えし、実践していただきます。

▶︎女神ごはんとは

■内容

1.女神ごはん(浄化・祈り・食材)のミニ講義

*浄化の方法と効果
魂・身体・空間の3方面から浄化をする

*祈りの方法と効果
相手のしあわせを祈る

*「ありがとう」を唱える
相手・食材・空間に「ありがとう」を唱える

*身体がよろこぶ食材を使う
旬のもの・地産地消・家族や友人が心を込めて作ったもの・本物の調味料

など

※ご参加くださる方に合わせて、内容は変更になる場合もあります。

2.作り方の説明

・きのこたっぷり♡煮込みハンバーグ
・野菜と塩と味噌だけ♪重ね煮の味噌汁
・炊き込みごはん

※メニューは食材の関係で前日までに変更する可能性もあります。
※アレルギーのある方は事前にお知らせください。

3.調理

4.実食

5.感想などシェアタイム

6.後片付け

■こんな人に来て欲しい!
・女神ごはんの作り方を知りたい
・女神ごはんを食べたい
・食と向き合いたい
・松田 智子を応援したい
・おいしいごはんを食べたい

■参加したらこうなります♪
・女神ごはんの作り方がわかります
・女神ごはんが食べられます
・食と向き合うことができます
・松田 智子を応援できます
・おいしいごはんを食べられます

■日時
5/13(土)11:00〜15:00→満席
5/21(日)11:00〜15:00
5/27(土)11:00〜15:00
5/28(日)11:00〜15:00

■場所
湘南AQUA(自宅サロン)
《小田急江ノ島線 本鵠沼(ほんくげぬま)駅から徒歩3分》

■定員
各回1〜2名様
マンツーマンもしくは、大切な方※(ご家族やパートナー、ご友人)とご一緒にお越しください。
※この場合、男性をお連れいただいても構いません。

■申し込み
venusairways★yahoo.co.jpまで
(★を@に変えて)

件名を「◯/△(日付) 料理教室」と入力し、
1.お名前
2.電話番号(当日連絡先として)
3.当日知りたいこと、得たいこと

を記入し、お送りください。
折り返し24時間以内に返信いたします。

■会費
正規¥8800
シェア割※¥7700
※参加後にFacebookで『松田 智子』をタグ付けして『女神ごはん』のキーワードを入れて感想を書いてくださる場合、適用
(ブログやInstagramでもOK)

■事前振込
申し込み日の翌日起算7日以内に振込
※振込先は直接メッセージします

■キャンセル規定
前日の取り消し:50パーセント
当日の取り消し:100パーセント
※キャンセルの場合、前々日の24:00までに松田 智子までご連絡ください。

■みなさんの声
『女神ごはんでは、智子さんの愛情がこもった料理を頂けて、心が満たされ疲れが吹き飛び明日への活力が湧いてきました。

そして話を聞いていて日頃の小さな行動が、全てのことに繋がってくると気づかされて、毎日の生活を見直してみようと思いました。

本当に感謝しています。
どうもありがとうございました。』
(山本 拓男さん)

『相手への想いをこめて作られる
女神ごはんは、食べるだけで心身が整っていきます。

運気が上がるごはんです。

普段何気なくやっている食べるという日常の行為が、心をこめるとこんなにもパワフルで浄化されるのだとわかり、

私もごはんを作るときに自分の心をもう一度見直してみようと思いました。』
(山本 咲希さん)

『「女神ごはん」には ”食べて目覚める いのち輝く” という素敵なコピーがついていて、作り方だけでない、作る人の「在り方」が食にこもっているようなそんなごはん。
 
もはやこれは「祈り」だった!
 
美味しいのはもちろん、一口一口心身が喜ぶようなそんなかんじで、至福のランチタイムをまさに「いただき」ました。
 
心よりごちそうさまでした。』
(柴田 信之さん)
 
『本当に素晴らしい女神ごはんをありがとうございました。』
(柴田 佑奈さん)

『これから今の自分ができる方法で、食べた方が幸せを感じられるごはんをつくっていきたいです。「ありがとう」「浄化」大切にして生きます。』
(中山 康子さん)

『愛・想い・気持ち…心を込める、気持ちを込めるってとても大切なことなんだと、じーんと感じました。自分ができることからはじめようと思います。』
(小山 詩乃さん)

『智子さんにずっとお会いしたかったので、お話が聞けてよかったです^^とても良い時間でした。』
(須田 友子さん)

『私も智子さんみたいに、「食」を通して本当の姿に戻っていったり、安心感を与えたり、生まれたことに感謝したり、「愛」を感じてもらえるような人になり、居場所を作りたいと思います。』
(松岡 藍さん)

『浄化がこれほど効果があると思っていなかったのでこれからやっていきます。食事が楽しくなりそうです。』
(鷹取 利昭さん)

『女神ごはんをいただくと 心と身体が調います。家族のご飯を作る自分の心を調えることの大切さを感じました。』
(阿部 梨絵さん)

『そこにいる人と楽しくつながりながら、気づいたら自分とも深くつながってた女神ごはん』
(さわとん)

『美味しくて優しい味でした♫
特に重ね煮のお味噌汁、ほっとする温かさを感じました^^』
(H.M.さん)

『慌てて食べるのはもったいない。
 でも、早く食べたい。
 そんなごはんでした。
 もっと広がれーと思います。』
(くらさわ さとこさん)

それでは、当日お会いできますことを楽しみにしています( ´ ▽ ` )ノ

▶︎松田 智子 プロフィール
▶︎女神ごはんとは
▶︎2016年 活動実績
▶︎2017年 活動実績
▶︎みなさんの声
▶︎今後のスケジュール

4/2(日)春のワンピ女子会開催報告

ワンピ会楽しかった〜♡

▶︎ワンピ会とはこちら

みんなめちゃくちゃ喜んでいて、華やかで、見ている私がうれしい、楽しい、しあわせ〜。

今回は少し試着に時間がかかっていて、みなさん「どれも良すぎて選べないよ〜」という嬉しい悲鳴をあげている様子でしたが、

お気に入りをお買い上げされていて、見ている私も主催者として、とっても嬉しかったです。

いつもながらぷちまりさんは、参加のみなさんを、一瞬でぷちまりワールドに巻き込んでいくので、その様子がおもしろい。

みんな最後は、お気に入りのワンピを前にして、満面の笑みになっちゃいます。

また、今回用意した女神ごはんランチは、

1.野菜大好き♡サラダ生春巻き
2.重ね煮のお味噌汁
3.おむすび(白米×黒米)

でした〜。

みなさんが女神ごはんを食べることで、元気になって笑顔になる、そんな姿を、一人ひとりの顔をリアルに思い浮かべてイメージしながら作りました。

食材に包丁を入れるたびに「ありがとう」「ありがとう」と心の中で唱えながら作っています。

たとえば野菜の千切りの時に、「ありがとう」「ありがとう」と唱えれば唱えるほど、お野菜さんもとっても喜んでくれるんです。

また、手でできることは、手でやっています。

たとえばお味噌汁に入れた、かぶとしめじ。

かぶの葉を取るとき、包丁でザクッと切るのではなく、手で1つ1つちぎっています。

しめじの根っこの部分も小房に分けてから、手で1つ1つちぎっています。

そうやって食材さんたちのいのちに触れ、ダイレクトに感じながら、

「いままで生きてきてくれてありがとう。そしてこれからは、食べてくれる人のエネルギーの源としてよろしくね」

と伝えています。

だから、身近に手に入る食材でも、いのち輝くごはんになるんですね。

それが女神ごはんなんです。

みなさん「とてもおいしい〜!」と喜んで食べてくださいました。

参加していただいたSみん、Sちゃん、Mさん、ありがとうございました♡

そしてぷちまりさん、いつもながら、みなさんにたくさんのギフトをありがとうございます。

次回は10月開催です。
手帳に書いておいてくださいね^^

お楽しみに〜。

▶︎松田 智子 プロフィール
▶︎女神ごはんとは
▶︎2016年 活動実績
▶︎2017年 活動実績
▶︎みなさんの声
▶︎今後のスケジュール

ラストフライトと今とこれからと。起業から事業へ。

▶︎1年前の2016年3月27日は、CAを卒業した日でした。

ラストフライトは念願叶って、私が1番好きな沖縄線。

なぜなら家族連れ、カップル、友達グループ、社員旅行…みんな沖縄への旅にウキウキわくわくしていて、ガイドブックを広げながら旅の計画を立てたりしていて、めちゃくちゃ楽しそうだから。

それを見ている私も嬉しいんです。

そして、そのラストフライトに向けて、事前に友人のFちゃんからスピリチュアルなメッセージをいただいていました。

↓ここから

『リラックスする。振り返る。

当日は感謝の気持ちが沸き起こって、とにかく幸せな1日になる。

その気持ちをいっそう感じる為にも、リラックスして挑む。

深呼吸して気持ちを落ち着かせ、いつもと同じ状態でいられることで、ベストパフォーマンスを発揮できる。

最後だからと気負いすぎるのではなく、リラックスしていつもと同じ状態で挑む。

またラストフライトに向けて、今まで職場で学んだことなどを振り返るのも良い。

思い出をたどることで、その一つ一つに感謝の気持ちが湧き起こり、当日はより一層丁寧に過ごすことができる。

その為にもご自身の体を大切にいたわり、リラックスして挑みましょう。』


▶︎実際の給料の3倍もらっているという意識で動いていると、次のステージへの扉が開く。

またとても面白かったんですが、J社からもメッセージをいただきました…!

(会社からメッセージって…!笑)

『あなたがいてくれたおかげで、とても清廉された社内の雰囲気でいることができました。

またあなたの笑顔や丁寧さは、お客様や同僚にも好感を与え、大変なごやかにしてくれました。

あなたが残した功績はこれからも引き継がれていき、ますます良くなっていきますので、どうぞ安心してください。

J社にいてくれてありがとうございました。』

↑ここまで

このメッセージを心のお守りにして、当日ラストフライトを迎えました。

本当にその日は幸せで幸せで、とにかく笑顔があふれる1日でした。

お世話になった皆さんにも挨拶をしたり、また周りからも声をかけていただいたり、今思いだしても本当に感謝で涙が溢れてきます。

私のラストフライトで、仲良し同期たちが一緒に乗務できるように、たくさんの人が協力してくれ、スケジュールを調整してくれたり。

サプライズで機内でお祝いできるように、事前にケーキを準備してくれてたり、前もってプレゼントを用意してくれてたり。

副操縦士のAさんが、私の為にサプライズでアナウンスを入れてくださったり、そしてお客様から拍手をいただいたり。

また驚いたのは、「嬉しい楽しい幸せー♡」という私たちの空気がお客様に伝わり、機内販売がめちゃくちゃ売れたこと。

その日の機内販売が、その月の2便乗務部門の中で、チームでトップセラーを達成したんです。

ラストフライトでトップセラーってすごい〜!

当日ご一緒した皆さん、幸せすぎる1日を本当にありがとうございました。

J社でのCA生活は、かけがえのない一生の宝物です。

あれから1年。

起業して、湘南に引っ越して、今の生活をしています。

この1年間紆余曲折あって、大変なことがほとんどでした。

惨めで情けなくて、悔し涙だってたくさん流した。

私の不安定さに、離れていった人もいると思います。

そうやって痛みを伴いながら歩んでいる。

でも、私が選んだ道。

10年来の夢が成就し、いまでも大好きなCAを辞めてまでも、どうしても伝えたかったこと。

女神ごはんのコンセプトである「浄化」「祈り」「食材」は、ごはんだけの話じゃなくて、

「浄化」と「祈り」を実践していたら、仕事も人間関係も、人生が好転するということ。

「浄化」と「祈り」に、身体がよろこぶ「食材」を加えれば、身近に手に入る食材でも、いのち輝くごはんになるということ。

そして幸せな食卓が増えれば、それが世界平和につながるということ。

そんな考えを、もっともっと熱量上げて伝えていく。

起業はできた。

それで終わりじゃなくて、今度は起業から事業へステージアップしていきます。

そんな風に改めて決意させてくれた1年前の私にありがとう♡

▶︎松田 智子 プロフィール
▶︎女神ごはんとは
▶︎2016年 活動実績
▶︎2017年 活動実績
▶︎みなさんの声
▶︎今後のスケジュール

野菜の旨味を最大限に引き出す重ね煮調理 de デトックススープ

ここ3日間ほど、エネルギーが低下し、ついには声が出なくなり発熱&ダウン。

先日は初めての確定申告にも挑戦したし、それ以外にも、根を詰めて、あれもこれもとやりすぎた反省。

この1年間、起業してからは初体験ばかりが続いているので、ずっと緊張状態が続いていて。

その疲れが出たんですね〜。

やっぱり食からととのえることが大切。
まず土台からしっかりと基盤を作る。

では何を食べたらいいのでしょう?

こんなときに、いのちがこもっていない、ファーストフードやインスタント食品や冷凍食品をいただくと、結局改善されずに、エネルギー値も低いまま。

私の大好きなドラゴンボールでたとえると、測定時点の戦闘力を測れるスカウターを装着し、

買い出しの際には、そのスカウター越しに、食材さんたちのいのちを、ピピピっと測らせていただいてます(笑)

▶︎スカウターとはこちら。イラスト付き。

死んだ食材は選びません。
生きた食材を選びます。

image

食材を目の前にして、まず自分に問いかけてみて、自分の判断で選ぶ、料理していただいてみてどう感じたか?

そうやって感性を研ぎ澄ませる、その繰り返しだと思います。

いのちいっぱいの食材から、エネルギーをたくさんいただきます。

そしてスピリチュアル的に、「2017年が本格的にスタートする」と言われている3/20の春分の日。

この日に向けて体内もリセットするべく、今日から3日間デトックススープ♡

キャベツ
玉ねぎ
ピーマン
トマト
セロリ
人参
天然塩

基本のデトックススープに、にんにくとほうれん草と太白胡麻油をプラス。

野菜の旨味を最大限に引き出す重ね煮調理で、

鍋底に天然塩をパラパラと散らし、

下から、トマト→ピーマン→キャベツ→セロリ→ほうれん草→にんにく→玉ねぎ→人参

の順に重ねて、最後に天然塩をパラパラとかけます。

全体の半分くらいまで水を入れ火にかける。

火が通ったら残りの水を入れる。

蓋をして弱火で30〜40分くらい。

最後に太白胡麻油を回し入れて完成。

image
▲太白胡麻油はごま油特有の香りがなく、無香なので、何の調理でも使えてオススメです。

で、女神ごはんでは『できることは手でやる』ということを大切にしています。

ピーマンもキャベツも手でちぎれるので、包丁で切らずに、敢えて手でちぎります。

image

そうした方が、食材のいのちをダイレクトに感じられ、心を込めて作ってくださった方や、この食材に関わった全ての方への感謝の気持ちがわいてくるんです。

image

▶︎先日の味噌づくりでも、手作業で、いのちを感じながら、大豆を潰していきました♡

無理に言おうとしなくても、自然に「ありがとう」の言葉が出てきますよ。

今日もいのちいっぱい、いただきます。

image
▲左は黒米入りごはん。

▶︎松田 智子 プロフィール
▶︎女神ごはんとは
▶︎2016年 活動実績
▶︎2017年 活動実績
▶︎みなさんの声
▶︎今後のスケジュール