手前味噌の味わいにより深みを出すには?

風の時代到来💕
私が大切にしている、ご縁や祈りなど、「目に見えないもの」の大切さが伝わる時代が来たのかなと思うと、未来を想って胸が熱くなります。

『祈りの味噌』もその1つ。

食堂ひなたでお出ししている具沢山味噌汁の味噌も『祈りの味噌』で、祈りを込めて作っています。

祈りは仰々しく考える必要はなく、「相手の笑顔を思い浮かべて行動すること」を祈りとして定義しています。

豆を茹でるのが、圧力鍋でスピーディーなのか、普通の大鍋でじっくりゆっくりなのか。

豆を潰すのが、機械や道具を使うのか、足で踏むのか、空き瓶で潰すのか、手で潰すのか。

茹でる、潰すの工程は同じでも、「どのように」で味わいも変わります。

「手前味噌が美味しい」は当たり前かもしれませんが、手間暇かけたものは味わいに「深み」が出ます。

そしてその「深み」の部分は、身体に取り込んだときにダイレクトに心に伝わります。

心に伝わったものは、記憶や思い出として一生残ります。

「あの味噌、美味しかったね」
「この味噌汁、おいしくてあったまる」

そんな心に残るごはんを、日々積み重ねていきたいですね😊

それが『いのちある食卓』です。

◇今期の祈りの味噌づくり初回は
12/26(土)13:00〜17:00
→→→詳細はこちらへ

各回限定4名【自然栽培の玄米麹+天然塩+北海道産鶴の子大豆】『祈りの味噌づくり』×『いのちある食卓』2021

次いで1〜3月に開催します。
味噌づくりを楽しむご家庭が増えたらいいなと思います。

是非ご一緒しましょう😊💕

各回限定4名【自然栽培の玄米麹+天然塩+北海道産鶴の子大豆】『祈りの味噌づくり』×『いのちある食卓』2021

2020年1〜3月に仕込んだ味噌30キロ分ができました😊
キラキラといのちいっぱい輝いています^^

我が子の誕生がとっても愛おしいです。

いのちある食卓は「浄化」「祈り」「食材」の3つをコンセプトに、

1.「浄化」をして自分を内側からととのえ
2.相手の幸せを「祈り」
3.身体が喜ぶ「食材」を使って

料理をすることで、身近に手に入る食材でもエネルギー溢れるあたたかなごはんになります。

生きとし生けるものすべてに魂は宿っています。

でもその魂に、愛をもって接するのか、雑に乱暴に接するのか、無視して放置するのか、

どのような過程を経てきたのかで「いのち」の育ち方が違うのです。

人と同じですね。

いのちある食卓の『祈りのおむすび』や『大地の味噌汁』では、食べた方が涙したり、明るく元気になったり、この場だけの打ち明け話をしてくれたり。

それはエネルギーがごはんにのっかり、食べた方の身体に「元気玉」として入るからです。

ごはんは食欲を満たすためだけのものではなく、心も満たすものでありたいですね。

『祈りの味噌づくり』で仕込む手前味噌は格別です。

大豆一粒一粒、「ありがとう」を唱えながら、大切に丁寧に、手作業で潰して作ったお味噌です😊

手で潰すのは、ご自身の常在菌を入れることで、その方の腸に合った味噌にするため。

健康な人には常在菌という菌が存在し、その菌が乳酸発酵をしてより美味しくなります。

(※直接触れる点が気になる方には

手袋の着用や、ビニール袋の上から潰すなど、直接触れない形でご提案します。)

(※直接触れる方は

作業前に石けんで手洗いをしていただきます。

石けんの手洗い1回あたりで、皮膚常在菌の9割が洗い流されてしまいます。
しかし残りの1割の常在菌が再び増殖し、12時間後には元の常在菌の数に戻りますのでご安心ください。

石けんの手洗いの理由は、常在菌以外に、他の雑菌も付着しているためです)

また大豆を1晩浸水時にも、「愛」と「感謝」の文字を、水と大豆たちに見せ続け、彼らに喜んで働いていただいています^^

浸水後の大豆を、いのちある食卓では圧力鍋を使わずに、3時間じっくりと茹でていきます。

そうして2日がかりで、手間暇かけた我が子への愛情はたっぷり。

途中で天地返しをする必要はなく、10ヶ月※発酵させて完成です😊
※いのちある食卓では敢えてこの“待つ10ヶ月”を大切にしています。妊娠から出産までの十月十日のように、いのちが宿るところから誕生するまでをイメージしています。

祈りの味噌作り、ぜひご一緒しましょう^^

手前味噌づくり、それは妊娠〜出産までのプロセスのよう。

大豆は見た目キレイでも意外に汚れているので、始めに冷水で5回洗います。

そして一晩浸水させます。

その後、新しいキレイな水で、ゆっくりじっくり茹でていきます。(3〜4時間程度)

柔らかくなったら、指で丁寧に、1粒1粒をつぶしていき、

そして塩と麹を混ぜて(塩切り麹)、空気を抜きながら容器に詰め、その後は10ヶ月かけて熟成させていきます。

時間をかけて成長を見守り、育ったら、ご家族やご友人みなさんで、そちらを美味しく味わっていきます。

1.つくる喜び
2.育てる喜び
3.味わう喜び

ただ単に食べるだけではなくそのプロセスも含めて、3倍以上の喜びを感じられる、それが『祈りの味噌づくり』です。

10ヶ月かけて成長を見守って、無事に完成したときの喜びは、なにものにも変えがたいものがあります。

我が子の誕生を喜ぶ。
我が子の成長を見守る。

まるで妊娠期間と同じように、十月十日ほどかけて、見守り育てていきます。

無事に完成したときには、出産のように我が子の誕生を祝います。

ちなみに今年2月に仕込んだ味噌を先日解禁しましたが、ピカピカ生き生きとしていて、生まれたての赤ちゃんのように、いのちいっぱい輝いていました。

生まれてからは、ただただ愛おしさを感じる。味わう。共に歩んでいく。

喜びもひとしおですね。

→過去の開催報告はこちら

こんにちは。
いのちある食卓主宰の松田 智子です。

さて、私が大好きな味噌づくりの季節がやってきました😊

今季は、12〜3月にかけて複数回開催いたします。(全て同じ内容)

▶︎今回も創業1914年 越前有機蔵『マルカワみそ』のHPを参考にさせていただき、こだわりの材料を集め、3キロ分を仕込んでいきます。

▶︎『マルカワみそ』のHPを参考にする理由
限りなく自然・天然に近い素材や製法にこだわって提供している。また、家庭での味噌づくりにおいて、「天地返し」をしなくてもいいと提唱しているところがうれしいからです。

▶︎天地返しとは
表層と深層を入れ替えること

▶︎天地返しは必要ですか?
ご家庭で仕込む場合は、天地返しは基本的にしなくていいと考えています。詳しくはこちらです。

▶︎分量の参考はこちら
↓↓↓

▶︎今回(出来高約3kg)の味噌作りで用意する材料3つ
1.麹
→『自然栽培玄米麹』(または白米麹)を使う予定1000g

(麹の選び方:マルカワみそHPより)

2.天然塩
《いのちある食卓セレクション3種》
※当日は利き塩をしてからお使いください。
※ハマネと珠洲の海は差額を頂戴します。

《天然塩3種(予定)》
400g
・海の精 (差額なし)
・深層海塩 ハマネ (差額+200円)
・能登半島 珠洲の海 (差額+300円)

(塩の選び方:マルカワみそHPより)

3.大豆
築地 三栄商会『北海道産鶴の子大豆(中粒)』を予定650g

注:容器
→ご自身でご用意ください。
(お味噌3キロ分を仕込む場合、1.1〜1.2倍くらいの大きさ目安)

大きさの目安について
↓↓↓

容器の種類
↓↓↓
タッパー、漬物容器
野田琺瑯の保存容器
甕、木樽
など

注:容器は過去に使ったもの(特に匂いが強めのキムチとか)ではなく、味噌専用として新しくご用意することを、オススメします。

image

手作りの楽しさ、発酵されて完成した”世界でひとつだけの味噌”の愛おしさ、

また、既製品とは違う味わい深さ、そんなたくさんの喜びを共に体験しましょう。

■内容
1.祈りの味噌づくり講座
『浄化』『祈り』『食材』
2.味噌づくり
茹でた大豆を潰す
→塩を合わせた麹(=塩きり麹)と混ぜる
→空気を抜きながら容器に詰める

■こんな人に来て欲しい!
・味噌づくり体験をしたい
・手前味噌デビューをしたい
・食を見直すきっかけが欲しい
・おうちごはんをもっと好きになりたい
・美味しいごはんを食べたい
・いのちある食卓に興味がある

■参加したらこうなります♪
・味噌づくり体験ができます
・手前味噌デビューができます
・食を見直すきっかけができます
・おうちごはんがもっと好きになる
・美味しいごはんを食べることができます
・いのちある食卓を知ることができる

■日程と申し込み
※平日の日程はリクエストがあれば、開催の可能性があります。(最小2名様〜最大4名様)
※味噌づくりは2月に仕込む「寒仕込み」が一番美味しくなると言われていますが、一年中作ることができます。(発酵が進むのは夏の暑い時期)

・12/26(土)13:00〜 → 終了
・2/7(日) → 満員御礼
・2/11(木祝)建国記念日13:00〜
🆕2/13(土)13:00〜
・2/21(日) → 満員御礼
・2/23(火祝)天皇誕生日13:00〜
・3/7(日)
・3/14(日)
・3/21(日)
・3/28(日)味噌づくり最終日

◆会場
湘南AQUA(自宅サロン)
小田急江ノ島線本鵠沼(ほんくげぬま)駅から徒歩3分

◆時間
土曜日と祝日/13:00〜17:00
日曜日/14:00〜18:00

◆所要時間
講座:1時間
作業時間:2時間半

◆受講費
事前振込(3営業日以内)

1.リピート割:6600円
※味噌づくり・梅干しづくりなど、いのちある食卓の講座受講が2回目以降の方

2.ペア割:7700円
※新規+新規=7700円+7700円
リピート+新規=6600円+7700円

3.新規:7900円

■持ち物
1.エプロン
2.おてふき用のタオル
3.スリッパ or 厚手の靴下(寒さ対策に)
4.筆記用具
5.仕込んだ味噌3kg分を入れる容器
6.持ち帰り用かばん(袋やスーツケースなど)

※髪の長い方は、作業中髪の毛が入らないようゴムやピンでまとめてください。
※爪は短く切り、清潔な状態にしてください。

■定員
各4名

■申し込み
公式LINEよりお申込ください📩

《いのちある食卓 公式LINE》
↓↓↓
下記のURLから友達追加できます😊
https://lin.ee/fOg4jLW

IDはこちら
@mlf4111a

または下記のQRコードをスキャンして登録してください

■キャンセル規定
7日前〜4日前の取り消し:50パーセント
3日前〜当日の取り消し:100パーセント

※キャンセルのご連絡は公式LINEまで
※心を込めて食材の仕入れや仕込みをしていますので、キャンセルは極力ご遠慮ください。
※返金時の振込手数料はご負担いただきます。

追伸
私は初めて家で1人で味噌作りをしようとしたときに、なかなか腰が重くて動けずに、結局諦めてしまいました。

大変な仕込み部分は私がしておきますので、後は当日、「潰す」「混ぜる」「詰める」の工程を楽しむだけ。

みんなで楽しんで取り組んでいるうちに、あっという間に終わってしまいます😊

当日ご一緒できますことを、心より楽しみにしています^^

【困難な事態の乗り越え方】自分が周りを明るく照らすリーダーとして行動していく

‪いのちある食卓主宰の松田 智子です。

緊急事態宣言は7都道府県から始まり、全国に拡大されましたね。

いまだ明確な回答が得られない未来に、不安で押しつぶされそうになっている方も多いと思います。

そして、国から国民ひとり当たりに給付される10万円。

>>>詳細はこちらから
“給付対象者及び受給権者給付対象者は、基準日(令和2年4月27日)において、住民基本台帳に記録されている者”

特に収入に変わりないし、いまは必要としていないという方もいらっしゃいますね。

多くは、遠くの“顔が見えない誰か”に寄付しがちで、それに関しても尊い行動かと思います。

しかし、自分や周りは本当に満たされている状態でしょうか?

今一度、周りを見渡してみて、身近な人から、今までの感謝を込めて恩送りすることを考えてみる

声をあげてないだけで、何かしらの不自由があり、ストレスを抱えている

声をあげることさえできずに、暗闇に閉じこもってしまっている人もいる

遠くの誰かより、まずは身近な仲間から

そこから喜びが波及していきます。

✴︎

もちろん、まずは自分を満たすことから。

自分→身近な仲間→遠くの誰かの順で喜びが波及していくとよいですね。

まずは自分の心も身体もエネルギー満タンにして、次は、大切な10人の顔を思い浮かべて、声がけしてみる

その先、20人、30人と仲間の輪を広げていく

✴︎

このような国難を生き延びて、乗り越えていくためには、1人ひとりがリーダーシップを持つことが大切

自分が周りを明るく照らすリーダーとして行動していく

リーダーになんてなれません

という方も多いかと思いますが、

1人のリーダーでも、2人のリーダーでも構いません

大規模でも大丈夫な方はその集まりを100人、1000人と大きくしていく

日々、テレビや報道ばかりを見過ぎて、鬱々としているのなら、いま自分にできることは何かを考えて行動に移していきたいですね

オンラインでお会いできますことを心待ちにしています。


毎週土曜日13:00〜15:00
会費:無料
※ご自身で食材やごはんは調達していただきます

次回のオンラインおうちごはん会は
4/25(土)13:00〜15:00
卵サンドの会です

当日は時間になったらZoom(ズーム)で繋ぎ、ご自身で用意した卵サンドを食べながら、楽しくお話しましょう😊

公式LINEにご登録の上、「卵サンドの会参加します」とLINEしてくださいね

《いのちある食卓 公式LINE》
↓↓↓
IDはこちら
@mlf4111a

または下記のQRコードをスキャンして登録してください

LINEをしていない方はこちらの問い合わせフォームより、お問い合わせください
お問い合わせフォームはこちら

いのちある食卓/オンライン料理教室開設のお知らせ

いつも応援してくださっている皆様へ

7都道府県では緊急事態宣言も発令され、全国的にも自粛モード、少なからず、皆様の生活にも支障をきたしているのではないでしょうか?

さて、今後のいのちある食卓に関しては、オンラインで完結するサービスを主に提供していきます。(2020.4.18〜)
※自粛モードが解除され、状況が落ち着いているときは、対面かオンラインか選択していただく

オンライン料理教室(有料)、YouTube料理教室(無料)を提供します。

✔︎お米
✔︎発酵食
✔︎保存食
✔︎二十四節気に合わせた旬の食材
✔︎季節の手仕事

それにより、世界中の方々がお客様になることができ、年中無休24時間営業が可能となり、画面越しにいつでも会えるという新時代の料理教室となります。

✴︎

一説では、この新型コロナウィルスの世界的蔓延の意味合いは、「地球人たち、働きすぎなので休みなさい」というメッセージがあると言われています。

確かにこれを機にテレワークに切り替えることで、満員電車はなくなり、都心からは人が消え、今までの精神的・肉体的ストレスが軽減された方も多いかもしれません。

今一度、私たち1人ひとりが

「自分の身体を休めるためにはどうしたらいいか」
「いま抱えていることや物は、本来不必要なものだったのではないか」

を自問自答して、行動に移すことが大切かと思います。

自分がやらなくてもいいことは機械に任せ、自分はその空いた余白で身体を休めたり、好きなことをするというやり方が新時代の流れなのかなと考えます。

いままでの固定観念に固執しすぎずに、古き良き価値観も大切にしながら、且つ新しい価値観も取り入れていきたいですね。

✴︎

追記
下記は神奈川県医師会からのお願いですのでご一読いただけますと幸いです。(2020.4.11)

こちらから

「いのちある食卓」の発酵食教室×『祈りの味噌』づくり2020〜ひよこ豆編〜

新年明けましておめでとうございます⛩

昨年は大変お世話になりました。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

令和二年元日
いのちある食卓主宰
松田 智子

祈りの味噌づくり2020は既に昨年12月からスタートし、今年3月まで続きます。

>>>祈りの味噌づくり詳細&2月〜3月の募集はこちら

いつもの味噌づくりは鶴の子大豆で仕込みますが、

今回は鶴の子大豆ではなく、ひよこ豆で仕込みます。

▽ひよこ豆味噌のレシピはこちら

出来高3キロ分
・ひよこ豆:850g
・自然栽培白米麹:850g
・海の精:385g

「いのちある食卓」は浄化・祈り・食材の3つをコンセプトに、

1.「浄化」をして自分を内側からととのえ
2.相手の幸せを「祈り」
3.身体が喜ぶ「食材」を使って

料理をしましょうとお伝えしています。

そうすることで、身近に手に入る食材でもエネルギーあふれるごはんとなります。

 

「いのちある食卓」の『祈りのおむすび』や『大地の味噌汁』では、食べた方が涙したり、明るく元気になったり、食べて癒され、この場だけの打ち明け話をしてくださったり。

それはエネルギーがごはんにのり、食べた方の身体に「元気玉」として入るからです。

心と身体に直に伝わる”愛そのもの”が「いのちある食卓」となります。

『祈りの味噌づくり』で仕込む手前味噌は格別です。

大豆一粒一粒、「ありがとう」を唱えながら、大切に丁寧に、手作業で潰して作ったお味噌です。

手で潰すのは、手の常在菌を入れることで、その方独自の味噌にする為。

また大豆を18時間浸水する際にも、「愛」と「感謝」の文字を、水と大豆たちに見せ続け、彼らに喜んで働いていただいています^^

浸水後の大豆を、「いのちある食卓」では圧力鍋を使わずに、3~4時間じっくりと茹でていきます。

そうして2日がかりで、手間暇かけた我が子への愛情はたっぷり。

途中で天地返しをする必要はなく、10ヶ月※発酵させて完成です。
※「いのちある食卓」では敢えてこの“待つ10ヶ月”を大切にしています。妊娠から出産までの十月十日のように、生命が宿るところから誕生するまでをイメージしています。

祈りの味噌づくり、ぜひご一緒しましょう^^

 

→過去の開催報告はこちら

こんにちは。
いのちある食卓主宰の松田 智子です。

さて、私が大好きな味噌づくりにおいて、いつもは鶴の子大豆味噌を仕込んでいますが、

今回はひよこ豆味噌を仕込みます。

▶︎今回も創業1914年 越前有機蔵『マルカワみそ』のHPを参考にさせていただき、材料を集め、3キロ分を仕込んでいきます。

▶︎『マルカワみそ』のHPを参考にする理由
✔︎限りなく自然・天然に近い素材や製法にこだわって提供している
✔︎様々なメーカーの麹を使ったが、マルカワみその麹が圧倒的に美味しい
✔︎家庭での味噌づくりにおいて、「天地返し」をしなくてもいいと提唱しているから

▶︎天地返しとは
表層と深層を入れ替えること

▶︎天地返しは必要ですか?
ご家庭で仕込む場合は、天地返しは基本的にしなくていいと考えています。詳しくはこちらです。

▶︎分量の参考はこちら
↓↓↓

▶︎今回(出来高約3kg)の味噌作りで用意する材料3つ
1.麹
→『自然栽培白米麹』を使う予定850g

(麹の選び方:マルカワみそHPより)

2.天然塩
《「いのちある食卓」セレクション3種》
※当日は利き塩をしてからお使いください。

《天然塩3種(予定)》
385g
・粟国の塩
・海の精
・深層海塩 ハマネ

(塩の選び方:マルカワみそHPより)

3.ひよこ豆
→築地 三栄商会『ひよこ豆(ガルバンゾー)』を予定850g

注:容器
→ご自身でご用意ください。
(お味噌3キロ分を仕込む場合、1.1〜1.2倍くらいの大きさ目安)

大きさの目安について
↓↓↓

容器の種類
↓↓↓
タッパー、漬物容器
野田琺瑯の保存容器
甕、木樽
など

注:容器は過去に使ったもの(特に匂いが強めのキムチとか)ではなく、味噌専用として新しくご用意することを、オススメします。

image

手作りの楽しさ、発酵されて完成した”世界でひとつだけの味噌”の愛おしさ、

また、既製品とは違う味わい深さ、そんなたくさんの喜びを共に味わいましょう。

■内容
1.「いのちある食卓」を味わう
祈りのおむすび・大地の味噌汁をいただく
2.【座学】「いのちある食卓」について学ぶ
『祈り』とは?

3.【座学】味噌づくりについて学ぶ
4.味噌づくりを実践
潰す・混ぜる・詰める

■こんな人に来てほしい
✔︎ひよこ豆味噌デビューをしたい
✔︎食を見直すきっかけが欲しい
✔︎「いのちある食卓」に興味がある

■参加したらこうなります♪
✔︎ひよこ豆味噌デビューができます
✔︎食を見直すきっかけができます
✔︎「いのちある食卓」を知ることができる

■日程と申し込み
下記のリンク先にお申し込みください
>>>❣️3/22(日)ひよこ豆味噌づくり

◆時間
12:00〜16:00

◆会場
湘南AQUA(自宅サロン)
小田急江ノ島線本鵠沼(ほんくげぬま)駅から徒歩3分

◆会費
事前振込(3営業日以内)

1.リピート割:5500円
※祈りの味噌づくり2回目以降の方

2.ペア割:6600円
※新規+新規=6600+6600
リピート+新規=5500+6600

3.新規:7700円

■持ち物
1.エプロン
2.おてふき用のタオル
3.スリッパ or 厚手の靴下(寒さ対策に)
4.筆記用具
5.仕込んだ味噌3kg分を入れる容器
6.持ち帰り用かばん(袋やスーツケースなど)

注:髪の長い方は、作業中髪の毛が入らないようゴムやピンでまとめてください。

■定員
4名

■申し込み
下記のリンク先にお申し込みください
>>>❣️3/22(日)ひよこ豆味噌づくり

■キャンセル規定
7日前〜4日前の取り消し:50パーセント
3日前〜当日の取り消し:100パーセント
▷▷▷キャンセルのご連絡はこちらまで

※心を込めて食材の仕入れや仕込みをしていますので、キャンセルは極力ご遠慮ください。
※返金時の振込手数料はご負担いただきます。

◇よくある質問
Q,大豆味噌とひよこ豆味噌の違いは?
ひよこ豆味噌は甘めの味噌になります。

Q,味噌づくりにおいて寒仕込み(かんじこみ)※が良い理由は?

A,味噌づくりは一年中できますが、寒仕込みが良いとされる理由は

✔一寒一暑を経てじっくりと天然醸造させた味噌は、うま味があり、塩の角がとれた味わい深いものとなる
✔気温が低い冬は発酵がゆっくり進むため、味に深みが出ておいしい味噌となる
✔冬は雑菌が少ないため衛生的にも安心できる

※寒仕込みとは


△日本の食べ物用語辞典より

追伸
私は初めて家で1人で味噌づくりをしようとしたときに、なかなか腰が重くて動けずに、結局諦めてしまいました。

大変な仕込み部分は私がしておきますので、後は当日、「潰す」「混ぜる」「詰める」の工程を楽しむだけ。

みなさんで楽しんで取り組んでいるうちに、あっという間に終わってしまいます。

当日ご一緒できますことを、心より楽しみにしています^^