【栗ごはん】二十四節気と季節のごはん

朝晩めっきり涼しくなってきましたね。
新暦9月8日頃からは、夜、大気が冷えて、朝になると草花に白露(しらつゆ)を結び始める頃で秋の気配が増していきます。

白露(はくろ)とは二十四節気の1つで、

「草木に白い露が見られるようになる時期」を意味します。

新暦では9月7日~8日ごろで年によって変わります。(ちなみに2019年の白露は9月8日)

→二十四節気ってなんですか?

 

二十四節気のそれぞれの節気には、その日1日を意味する場合と、次の節気までの期間を意味する場合があります。

2019年の白露であれば、

・日付:2019年9月8日

・期間:20199月8日~9月22日


◆白露の旬の食べ物

すだち・ぶどう・イチジク・梨・栗・松茸・秋刀魚


というわけで、本日は土鍋で栗ごはんです。

栗と言えば鬼皮を剥くのが面倒ですよね。。

でも、沸騰したお湯で3分茹でてから鬼皮を剥くと、ぺろんとはがれやすいのでぜひやってみてくださいね。

もしくは、剥き栗を買ってしまっても構いません(笑)


◆生栗の下処理

1.生栗を熱湯で3分ゆでる
2.栗の底の部分に数カ所、包丁で切り込みを入れる
3.その切込みに包丁の角をひっかけ、鬼皮をぺろんと剥がすように剥く
(上下左右と4分割にして剥くとよい)
4.鬼皮が剥けたら、渋皮は包丁で薄く剥いていく

 

◆秋の味覚♡栗ごはん

お米:2合(内、もち米:ひとつかみ)

酒:大さじ1

栗:15〜18個

天然塩:適量

黒ごま:お好みで

1.もち米をひとつかみ混ぜた、お米2合を研ぎ、30分から1時間浸水

(→お米が吸水して1.3倍に膨らむ)

2.一度ざるにあげ水気を切り、

その後、酒大さじ1を混ぜた水で2合分の分量でセット

3.剥いた栗をお米の上に置いて炊飯

4.炊き上がり、天然塩で味をととのえる

旬の食材を取り入れて、心も身体もととのえていきましょう^^

食べて目覚める いのち輝く 女神ごはん

〜心と身体を作るごはんを毎日の食卓から〜

#祈りの土鍋ごはんレシピ100

20190721女神ごはん3周年&小冊子出版記念パーティ開催報告

先日7/21(日)は、女神ごはん3周年&小冊子出版記念パーティをありがとうございました😊

茅ヶ崎の中村 千登勢さんの『ミラコスモスMila Cosmos 〜みんな集まる場所〜』にて開催した女神ごはん3周年記念パーティ

ゲストには群馬から直感力ナビゲーターの天宮 きらりさんをお招きし、みなさんそれぞれが、いま必要なメッセージをいただき、大満足。

人に対しても、食材に対してもチャネリングしてメッセージをいただきました〜。

料理は久保田 拓磨シェフのイタリアンと女神ごはんのコラボで、

心もお腹もいっぱい^^

こういう、“シェフの宴”を前々からやってみたかったのです。

お互いに尊重し、認め合い、応援し合える関係って素敵ですよね。

前々からたくちゃんシェフのごはんを食べたいって思ってたから、嬉しかった〜。

料理は作り手の状態、在り方、想いなどすべて丸写しされますからね。

私、ワントップより、ツートップやスリートップみたいなリーダーがたくさんいる体制が好きなので、次回4周年記念ではスリートップでいこうかな。

たくちゃんシェフによるイタリアンは絶品のオンパレード

朝早くから都内から湘南まで来てくれ、とってもありがたいです。

女神ごはんからは

祈りのおむすび
大地の味噌汁

など、登場しました。

野菜の多くは京都・福知山の86farmさんより。

結婚後に新規就農した岩切夫妻が心を込めて作った野菜たち。

終始笑い転げる&なごやかな3時間でした^^

ご参加いただいた方々、お手伝いいただいた方々、お心を寄せていただいた方々ありがとうございました。

女神ごはんは、みなさんに支えられて今日まで続けることができました。

心より感謝いたします。

今後も視座を高くやっていきますので、温かく見守っていただけますと嬉しいです。

食べて目覚める いのち輝く 女神ごはん
〜幸せな食卓から世界平和へ〜

追伸
来年の4周年記念パーティは、2020年5月24日(日)湘南にて開催します。
この日に『祈りの黒糖梅酒』解禁しますね^^
お楽しみに〜。

【女神ごはんの夢】才能持ち寄り型コミュニティ創り〜一人ひとりが得意分野を活かした与える世界〜

女神ごはんのその先の世界

2年以内、私が40歳になるまでに、みんなで子育てをする『子育てコミュニティ』を創りたいと思っている

幅広い年齢層が集まり、才能を持ち寄り、みんなでヘルプし合う

たとえば一人暮らしのおばあちゃんは、そのコミュニティに参加することで、若い世代と交流できる

生まれたての赤ちゃんがいたら、純粋に可愛いし、抱っこすることで生きる喜びが感じられる

代わりにおばあちゃんは、若い世代におばあちゃんの知恵を授ける

「昔はねぇ、便利な世の中じゃなかったから、いろいろとあるもので工夫してたのよ」なんて、おばあちゃんの知恵袋を😊

戦争の話も、ぜひ若い世代にしてほしいし、季節の手仕事だって、おばあちゃん世代から習いたい


▲梅漬け3キロ分:途中経過

ちょっと息抜きしたい子育てママは、お子さんをこのコミュニティにあずけ、近くのカフェで1時間お茶してきてもらう


▲我が家から電車で20分の鎌倉にある『ガーデンハウスレストラン』

たとえばお子さんが大きくなり自分の手を離れ、「もっと誰かのお役に立ちたい」「子供大好き💕」という方は、このコミュニティに参加することで、誰かの子供と触れ合える

たとえばお裁縫が得意な方がいたら、お裁縫先生として、みんなにワークショップを開いてもらう

お子さんの服とかお稽古バックとか、みんなでワイワイ楽しんで作れる^^

たとえば英語が得意な人は、英語の先生になり、”日常で使える一言英会話”を教える

習った人は道や駅で、そのフレーズを使い、困っている外国人の助けになることができる


▲料理の先生(モデル:かおりん)

毎日、料理教室が開催され、作ったごはんはみんなで食べる

料理を習いたい人は習い、食べたいだけの人は、できあがった頃に「ただいま〜!」と帰ってきて、ただ食べればいい


▲「ただいま〜!」のイメージ写真(モデル:アキちゃん)

View this post on Instagram

* 【日常から祈り】 ・ 困ったときの神頼みでなく、未曾有の事態のときだけでなく、 #日常から祈り を。 ・ 大変なときこそ、祈れば祈るほど、自分も満たされ、相手も満たされる。 ・ 『10月1日 ご縁の神様 ・ ただいまより私、松田智子はこのご縁を通して愛と光を届けさせていただきます。 ・ 今日も目の前の方を含む世界中の方々が元気に幸せになりますように。 ・ ご縁の神様、あとは全てお任せいたします。 ・ ありがとうございます。』 ・ #食べて目覚める #いのち輝く #女神ごはん #幸せな食卓から世界平和へ #浄化 #祈り #食材

A post shared by Tomoko Matsuda (@megamigohan) on

もちろん女神ごはんの考えは当たり前に実践されているから、至福の『祈りのごはん』になっている

みんなそれぞれ得意分野があるから、それを活かし、一人ひとりが先生になってもらう

10人いたら10科目、学べる
毎日が遊びで、また毎日が学び

受ける側も飽きることはなく、毎回新鮮な気持ちになる

学びや、新しい知恵を授かることで成長欲求も満たされる

👉女神ごはんの考えはこちら

“みんな大家族”

大きなテーブルに集まり『同じ釜の飯を食う』ことで、喜びは万倍に広がり、悲しみはみんなで分かち合える


▲「お酒飲みたいよ〜!」という授乳中ママは、バーテンダーにノンアルコールカクテルを作ってもらう^^

コミュニティへの参加費も、たとえば一口1000円みたいな投げ銭制度で、ギリギリの人は1000円でOKだし、余裕のある人は多めに払うこともできる

自分が毎回1000円だと恥ずかしいとかあると思うので、BOXに入れてもらう形で誰がいくら出しているかわからないようにする

*

とにかく、「愛を与える」しかない【地上天国の世界】


▲『天国と地獄の三尺の箸』のお話。
人生において「与える」ことについて深く考えさせられます。

そしてこのコミュニティでエネルギーを充電できた人たちは、今度はそれぞれの家庭で、良いエネルギーを循環し、ペイフォワードしていく


▲愛を与えるの図(モデル:ちーちゃん)

エネルギーで満たされた人は自家発電できるので、周りへ自然にペイフォワードできる

そうして『幸せな食卓』がどんどん、自動発動型で広がる

そんな世界を、まずは私から実現していきます^^

食べて目覚める いのち輝く 女神ごはん
〜幸せな食卓から世界平和へ〜

追伸
このコミュニティ創りにご興味のある方は、お気軽にメッセージをくださいね^^

📩megamigohan☆gmail.com
(☆を@に変えて)

【手作り味噌に生えたカビの対処法】

手作り味噌に生えるカビは、

黒いカビ
白いカビ

が多いと思います。

黒いカビは内側の部分、白いカビは表面の部分に多いかなという印象です。

(他には青いカビもあります)

お味噌は生きている為、カビが生えてしまっても

「あ〜、うちの子、転んで 怪我しちゃったんだな」

くらいに気楽に考えてくださいね。

カビが生えたお味噌ちゃんも

「不器用だから完璧にはできないかもしれないけど、頑張って生きてるよ〜」

って言っているように感じます(笑)

母(作り手)と子(お味噌ちゃん)の二人三脚で、共に成長しながら“光の人生”を歩んでいきましょう^^

カビが生えてしまっても味噌づくりを嫌いにならないで〜。

仕込んだ後は基本放置でいいのですが、気になる場合、夏を越えた頃に、確認してみてください。
(夏に発酵が進むので)

カビを発見した場合、

1.その部分を取り除いて捨てる

2.くぼんだ部分がないように、表面を平らにする

※凸凹があるとくぼんだ部分が空気に触れてしまう為

3.必要であればホワイトリカーなどアルコール度数が高い焼酎(無臭のものが望ましい)をスプレーボトルに入れて、表面にスプレーする。

もしくは、
天然塩を表面全体にパラパラとかける

※空気に触れやすい端の部分がカビが発生しやすい。その為、端の部分に意識して塩の蓋をする

※表面部分が塩の蓋になっている状態なので、完成時は塩味が均一になるようかき混ぜてから使う。

4.新しいラップに取り替えて蓋をして、重しをのせ直す

※味噌に生えるカビは空気が大好きなので、空気に触れないようにラップをして、重しも全体にのるようにする。

▶︎▶︎▶︎味噌作りを営んで105年間の実績があるプロの味噌屋『マルカワみそ』のHPも参考にどうぞ

女神ごはんが目指す『幸せな食卓』は、『魔女の宅急便』に出てくる街のパン屋さん

子供の頃に観た『魔女の宅急便』

その中に出てくるパン屋さんにものすごく影響を受けました。
(パン屋さんの名前はグーチョキパン店だとか😊)

「将来何になりたいの?」
子供のときによく聞かれる質問。

深い考えなんて何もなく、とっさに浮かんできた答えは、「街のパン屋さんになりたい!」でした。

なぜ、街のパン屋さん?

それは私にとって『幸せな食卓』の象徴だったから。

愛に溢れたパン屋の女店主、おソノさん。

知らない街に突然現れたキキに、自分の娘のように接してくれます。

部屋を貸して住まわせてくれたり、配達をして仕事していいよと、店の電話を使わせてくれたり。

街の人からも愛されていて、長年おつきあいのある常連のお客様ばかり。

このパン屋さんのパンは絶対美味しいし、ここで食べるごはんは絶対美味しいってわかる。

なぜなら愛に溢れているから。


▲梅漬け3キロ分:途中経過

なりたいものが、例えばパン屋さん、ケーキ屋さん、お花屋さんだったなら、

パン、ケーキ、お花にこだわっているわけではなく、

(職人として独立を!と、こだわっている方もいますが、ぼんやりと思い浮かんでいる人の場合)

その手段を使い、周りの人に笑顔を届けたい

喜びが広がって、世界が平和になったらいいな

憎しみ合いがなくなり、戦争がなくなったらいいな

子供の時の私は、そんな想いで「街のパン屋さんになりたい!」と思ったのです。

だからそれを叶えられるなら、パンだってケーキだってお花だって、なんだっていいのです。

これが女神ごはんの原体験です。

そうして今は、女神ごはんを通して『幸せな食卓』を広げています。

もしもあなたがなりたい姿があるのなら、なぜそれになりたいのか?を探求してみてくださいね。

根っこの部分が叶えられるなら、その職業にこだわらなくてもよいのかもしれません^^