みんなのご縁がつながる場所/目指すのは食を超えた世界を作ること

「みんなのご縁がつながる場所にしたい」
私が目指すのは食を超えた世界を作ることです。

お客様同士が

仕事のお客様になるなど、ビジネスパートナーができたり

自宅と職場以外の第3の場所となる。

ひとり寂しく食べるごはんが減り、あたたかいごはんを召し上がっていただくことで笑顔が増えて、世の中の悲しいニュースが減っていく。

私が目指すのは食を超えた世界を作ること。

形あるものは、食べたらなくなりますが、
形ないものは、心に一生残ります。

いのちある食卓で目指す世界は「心に残るごはん」

心に残るごはんこそ、心と身体の栄養となります。

ただ、添加物や保存料のオンパレードだと、心も身体も病気になってしまうので、

添加物、保存料はなるべく避けて、身体が喜ぶものを摂っていきましょう。

病気になってから治療するのではなく、毎日コツコツと心と身体に栄養を与えていくことが大切。

「医食同源」です。

2/20(土)食堂ひなたにてお会いできますことを心待ちにしています^^

毎週土曜日ランチ営業
リピーターのお客様で満席が続くくらいになったら、土日営業にするとか、日数を増やしていきたいと考えてます😊

追伸
食堂ひなたはみんなの想いが詰まっています。

野菜は主に自然栽培チームから
・新潟県五泉(ごせん)ゲストハウス『五ろり』

・京都府86farm

・神奈川県食堂ひなた/いのちある食卓

2月のお米は
野口 陽子さん家の特Aコシヒカリ

本みりんは
・愛知県糀富『戸田本みりん』

生産者の皆様、いつも心を込めて作っていただきありがとうございます🙏

【オススメ】長谷園『かまどさん』/圧倒的に美味しい!お米がふっくらと嬉しそうに炊き上がる土鍋

私が愛用している土鍋は長谷園のかまどさん
ごはん炊き専用の土鍋です😊

HPはこちら
https://www.igamono.co.jp/product/kamadosan.html



「ともちゃん、やっぱりお米やおむすびを伝えていきたいなら、土鍋がいいんじゃないかな?」

数年前、お世話になっているFrom Kitchenの福島利香さんからそんな風にアドバイスをいただき、

正直はじめは迷いがありました。。

From KitchenのHPはこちら
https://fromkitchen.jp/

当時の私は、まだ講座にお越しくださる受講生の方々と壁を感じていました。

「浄化、祈り、身体がよろこぶ食材を使って…ど〜の、こ〜の…」

言葉でお伝えしていても、なんだかあんまりしっくり来ないな。。

伝えたい想いがこんなにあるのに、どうして伝わらないんだろう。。

毎日が自己嫌悪の連続で、くやし涙ばかり流す日々でした。

そんな状態で、

「ごはんを炊くのは土鍋がオススメです!」

とお伝えしたら、もっともっと壁が分厚くなってしまうのではないか。。

そんな悩みを打ち明けると、

「そんなことないよ。みんな喜んで土鍋で炊く人が増えていくよ。私(利香さん)の周りもどんどん増えてるよ😊」

そんな風に背中を押していただき、

現状を打破したかった私は、藁をも掴む思いで、

「えいやっ!」

と気合を入れて、Webサイトで購入ボタンをぽちり。

そして、来る日も来る日も土鍋を使い続けました。
ホームパーティで、講座で、出張先のイベントで。



あれから数年経ち、

おかげさまでいま、私の周りで
「土鍋で炊きたい!」
「土鍋買います!」な方々が増えてきています。

「人にお伝えするためには普段から自分がやっていなくちゃね^^」

そんな利香さんのお言葉も、いまでも事あるごとに脳内によぎり、背筋がピンと伸びます。


🔺『祈りのおむすび』をほおばり笑顔になる🍙(モデル:ちぃちゃん)



長谷園のかまどさんは、ごはん炊き専用の土鍋です。

なんと言っても火加減要らずで炊くことができて、超簡単なのです。

3合炊きなら中火で12分ほど火を入れるだけ。 
(詳細は説明書をお読みください♪)

あとは蒸らし時間が20分ありますが、食卓にのせて、他の作業をしながら待っていると、あっという間に出来上がります。

どれくらい簡単かお伝えすると、普段料理をしない夫がある日突然、

「ともちゃん、土鍋でごはん炊いたよ😊」
と言ってうれしそうに、艶ピカな土鍋ごはんを見せてくれたという奇跡が起こったくらい(笑)

いまでは、池袋にオープンした食堂ひなたでもお出ししていて、具沢山味噌汁と共に、おかげさまで大人気となっています。

利香さん、本当にありがとうございます。
私から周りの皆さんへ、食を通して恩送りさせていただきます。

『食堂ひなた』
東京都豊島区池袋2-72-9 武谷ビル1F
(「和ビストロほたる」内)
池袋駅C6出口から徒歩6分

11:30〜14:00(LO13:30)

※2/20(土)以降の毎週土曜日ランチ営業。
土鍋ごはん・具沢山味噌汁おかわり自由❣️

2/20(土)から再オープンします!
是非お越しくださいませ^^

【自然栽培】新潟県五泉市/五泉ゲストハウス『五ろり』の里芋たちが食堂ひなたに仲間入り😊

新潟県五泉市よりMichiyo Saitohさんご夫婦の五泉(ごせん)ゲストハウス『五ろり』の【自然栽培】の里芋が届きました😊

五ろりに宿泊された方のとっても素敵なレポートはこちら
(リンクを転載させていただきありがとうございます🙏)
↓↓↓

新潟県・五泉市の『五泉ゲストハウス五ろり』に泊まって、冬の宝石を食べよう!

宿もとっても素敵で、衣食住全てにおいて、古き良き日本の原風景に触れることができます。

五泉周辺の石油の温泉や、時期によっては鮭の遡上(そじょう)も楽しめたりするようです。

コロナが落ち着いたら、絶対泊まりに行きます💕
人生で一度は鮭の遡上を見てみたい❣️

そんな五ろりの野菜たちが、新たに食堂ひなたに仲間入り、とっても嬉しいです^^

食堂ひなた用に発注していたものをだいぶ遅らせていただき、このタイミングの到着に。
(本来のオープン日1/9に合わせてお願いしていたものです。)

常温保存と、様子を見て冷凍ストックしていきます。

食堂ひなた再オープンは2/20(土)
(以降は毎週土曜日営業)

緊急事態宣言がもし3月まで延長になった場合でも、よほどのことがなければ、変わらず2/20(土)再オープンでいく予定です。

(もし2/20〜3月一週目あたりでご来店予定だった方で、緊急事態宣言明け(予想)にご予約変更されたい方はお早めにご連絡いただけたらと思います🙏)

新たに小鉢で、里芋の煮物がメニュー入りする予定💕

わくわくお楽しみに^^

▼食堂ひなたへのご予約・お問い合わせは
公式LINEからメッセージください📩

《いのちある食卓 公式LINE》
↓↓↓
IDはこちら
@mlf4111a

または下記のQRコードをスキャンして登録してください

『食堂ひなた』
東京都豊島区池袋2-72-9 武谷ビル1F
(「和ビストロほたる」内)

池袋駅C6出口から徒歩6分
※西口側を目指してください

11:30〜14:00(LO13:30)

※土鍋ごはん・具沢山味噌汁おかわり自由❣️
※ごはん・味噌汁なくなり次第営業終了

◇2/20(土)から毎週土曜日営業
ご家族やご友人と是非どうぞ😊

無形資産を積み重ねていくことが、「幸せ」への近道

足を運び、顔を見せて、短くてもいいから会話をすることを大切にしています。

そうすることでご縁の「点」が「線」になる

この、点が線になるとき、ご縁がつながったと感じて心から嬉しいのです。

先日も築地で豆を仕入れ、滞在時間10分で次の予定へ移動。
翌日からの味噌づくりが楽しみなのです😍

それと仕入れは、それぞれのプロのところへ足を運びます。

豆は豆屋さん、魚は魚屋さん、肉は肉屋さん、お米はお米屋さん、野菜は農家さんや八百屋さん、お酒は酒屋さん、みりんはみりん屋さん、麹は麹屋さんなどなど。

そこではプロの生の声が聞けるため、通販のやりとりでは得られない、プラスαの財産が得られます。

こういう積み重ねが無形資産になるのだと思います。

今年の〇〇は昨年と比べていかがですか?
今日のオススメは何ですか?
お得なものは何かありますか?

そして通っていると、なにかサービスをしてくれるかもしれませんし、大量にまとめ買いすると割引してくれるかもしれません。

AIが台頭する無機質な時代ですが、

人間が叶えられることは、心の通い合い、応援し合ったり、思いやりの気持ちだったり、好きな人やものを選んでお金を使ったり。

そんな風に無形資産を積み重ねていくことが、「幸せ」なのだと思います。

↓↓↓

食堂ひなたにも是非どうぞ💕

『食堂ひなた』
東京都豊島区池袋2-72-9 武谷ビル1F
(「和ビストロほたる」内)
池袋駅C6出口から徒歩6分
※西口側方面を目指してください

11:30〜14:00(LO13:30)

※土鍋ごはん・具沢山味噌汁おかわり自由❣️

★1/9(土)から毎週土曜日営業
是非お越しくださいませ😊

#池袋 #ランチ #土曜日 #土鍋ごはん #味噌汁

追伸
写真は佐伯昭宏さんに撮影していただきました
あきちゃん、ありがとう😊💕

手前味噌の味わいにより深みを出すには?

風の時代到来💕
私が大切にしている、ご縁や祈りなど、「目に見えないもの」の大切さが伝わる時代が来たのかなと思うと、未来を想って胸が熱くなります。

『祈りの味噌』もその1つ。

食堂ひなたでお出ししている具沢山味噌汁の味噌も『祈りの味噌』で、祈りを込めて作っています。

祈りは仰々しく考える必要はなく、「相手の笑顔を思い浮かべて行動すること」を祈りとして定義しています。

豆を茹でるのが、圧力鍋でスピーディーなのか、普通の大鍋でじっくりゆっくりなのか。

豆を潰すのが、機械や道具を使うのか、足で踏むのか、空き瓶で潰すのか、手で潰すのか。

茹でる、潰すの工程は同じでも、「どのように」で味わいも変わります。

「手前味噌が美味しい」は当たり前かもしれませんが、手間暇かけたものは味わいに「深み」が出ます。

そしてその「深み」の部分は、身体に取り込んだときにダイレクトに心に伝わります。

心に伝わったものは、記憶や思い出として一生残ります。

「あの味噌、美味しかったね」
「この味噌汁、おいしくてあったまる」

そんな心に残るごはんを、日々積み重ねていきたいですね😊

それが『いのちある食卓』です。

◇今期の祈りの味噌づくり初回は
12/26(土)13:00〜17:00
→→→詳細はこちらへ

各回限定4名【自然栽培の玄米麹+天然塩+北海道産鶴の子大豆】『祈りの味噌づくり』×『いのちある食卓』2021

次いで1〜3月に開催します。
味噌づくりを楽しむご家庭が増えたらいいなと思います。

是非ご一緒しましょう😊💕