【手作り味噌に生えたカビの対処法】

手作り味噌に生えるカビは、

黒いカビ
白いカビ

が多いと思います。

黒いカビは内側の部分、白いカビは表面の部分に多いかなという印象です。

(他には青いカビもあります)

お味噌は生きている為、カビが生えてしまっても

「あ〜、うちの子、転んで 怪我しちゃったんだな」

くらいに気楽に考えてくださいね。

カビが生えたお味噌ちゃんも

「不器用だから完璧にはできないかもしれないけど、頑張って生きてるよ〜」

って言っているように感じます(笑)

母(作り手)と子(お味噌ちゃん)の二人三脚で、共に成長しながら“光の人生”を歩んでいきましょう^^

カビが生えてしまっても味噌づくりを嫌いにならないで〜。

仕込んだ後は基本放置でいいのですが、気になる場合、夏を越えた頃に、確認してみてください。
(夏に発酵が進むので)

カビを発見した場合、

1.その部分を取り除いて捨てる

2.くぼんだ部分がないように、表面を平らにする

※凸凹があるとくぼんだ部分が空気に触れてしまう為

3.必要であればホワイトリカーなどアルコール度数が高い焼酎(無臭のものが望ましい)をスプレーボトルに入れて、表面にスプレーする。

もしくは、
天然塩を表面全体にパラパラとかける

※空気に触れやすい端の部分がカビが発生しやすい。その為、端の部分に意識して塩の蓋をする

※表面部分が塩の蓋になっている状態なので、完成時は塩味が均一になるようかき混ぜてから使う。

4.新しいラップに取り替えて蓋をして、重しをのせ直す

※味噌に生えるカビは空気が大好きなので、空気に触れないようにラップをして、重しも全体にのるようにする。

▶︎▶︎▶︎味噌作りを営んで105年間の実績があるプロの味噌屋『マルカワみそ』のHPも参考にどうぞ

1年後の未来からダウンロードして、「今」の行動をする

【1年後の未来からダウンロードして、「今」の行動をする】

「自分で作った梅酒、飲みたいな」
「手作りの梅干し、食べたいな」
「果実酒も作ってみたい〜」
「手前味噌の味、どんななんだろう?」

そんな思いを叶えたいなら、いまから行動。

今年できなかったから、来年時間があったらやってみようかな〜

そんな感じだと、また来年もできない可能性が高い

大切なのは、1年後の未来にどんな自分でいたいのか?

私の場合の1年後は、

自家製梅酒2種
・黒糖焼酎梅酒
・きび糖焼酎梅酒

自家製梅干し
・梅干し(塩分17%)
・はちみつ梅干し

自家製味噌

自家製ぬかづけ

その他、自家製調味料
(しょうゆ・みりん・豆板醤・塩麹・醤など)

顔が見える関係の米農家さんの自然栽培米
(毎朝、精米機で使う分だけ精米する)

自分や友人の畑で採れた野菜

土鍋ごはん

自分や友人の手作りのお皿

これらが並ぶ食卓でありたい。

季節の手仕事。
自家製調味料。
心のこもった手作りのもの。

こだわっているのは「それらが生きているかどうか」

生きている「いのち」だから「光」のごはんとなる。
食べることで、自分の身体に「光」を取り込む。

味噌づくりを始めようと思った当初、初めてでわからなかったので、手作り味噌セットを買ってみました。

説明はとってもわかりやすく書いていましたが、毎日仕事で忙しく、大豆の浸水や茹で作業に腰が引けてしまい、結局やらず終いでした。。

その翌年は味噌作りのワークショップに参加し、さらにその翌年からは女神ごはんの味噌づくりを始め、

手前味噌づくりは今年で5年目になります。

でも当初の「味噌づくりキット」を取り寄せたときから、未来から見て、いまの行動を決めていたとしたら、

現状→
面倒だなぁ。
仕事で疲れてるからゴロゴロしたい。
時間ないし。

未来→
手前味噌が美味しく出来上がった
毎日のお味噌汁が美味しい
美味しくできたから、味噌玉※にしてみんなにお裾分けしよう!

※お湯を注ぐだけで即席味噌汁ができる『味噌玉』


そんな未来からダウンロードして、いまの行動を決める

「よし、やってみよう!」

そんな風に「いま」を決めることができるかもしれない

いつかやろうではなく、「いま」やる

そうやって望む未来から、いまの行動を決めていきましょう。

追伸
女神ごはんの『祈りの味噌づくり2020』は、親子味噌づくりを叶えることも夢のひとつ。
その半年後の未来からダウンロードして、「いま」の行動を決めますが、まずは『こども食堂』に見学へ行くべく、アポイントをとりました。
今後の動向もお楽しみに^^

my米麹で発酵食を仕込むことも目標の1つ

令和時代の女神ごはんは
“「食材の命をいただく」ということを体感する”がテーマ

たとえば麹。

今までは購入していましたが、使う機会が増えるにつれ、いつまでも買い続けるのもなぁ〜という気持ちと、どうやって作られるか体感したいという気持ちがあります。

来年の『祈りの味噌づくり2020』は、my米麹で仕込むことも目標の1つ。

今まで麹づくりは難しいと敬遠していましたが、「やりたい」より「やります」をモットーに行動していきます。

手作り麹なのできちんと発酵するかわからないから、まずは塩麹や甘麹、味噌などで試してみますね。

うまくできたら、始めはホームパーティなどでお出しするかもしれません。

お楽しみに。

とってもわかりやすい動画ですね^^

令和元年2日目には、旬のそら豆を使って自家製豆板醤づくり

《出来高330g》
そら豆 250g(豆のみ)25さや分
米麹   25g
天然塩:海の精 50g
粉末赤唐辛子 37〜38g
タカノツメ 5〜8本
自家製味噌 大さじ2.5〜3

※混ぜるときにはビニール手袋必須。
もしも手荒れしていたなら激痛です…!

✴︎

4〜6月はそら豆の美味しい季節。
本日午前中予定があり、終わってから丸豊のおにぎりを求めて、ふらふらと築地にたどり着いたら、

築地場外にGW中に臨時で特設しているであろう八百屋さんを発見…!

とっても生き生きした元気なそら豆たち…ざるいっぱいにもりもり入っていてなんと600円…!

私が購入したら、続いてお隣のおばさまも購入されていました。笑

他にも欲しい野菜や果物がたくさんあったのですが、荷物が増える為、断念。

次回はスーツケースで来よう!
(築地場外では混雑時、スーツケースはNGなので、コインロッカーかどこかに預けてくださいね)

✴︎

《自家製豆板醤の作り方》

1.さやからそら豆を取り出す
だいたい1つのさやにそら豆2つくらい。さやの内側は、ふかふかのベッドのように気持ちいいのです。ふわふわ〜。

2.20〜30分ほど蒸す
蒸し器がなければ、大鍋にできるだけ大量の水を入れ沸かし、内側にはそら豆を入れた深皿を入れ、簡易蒸し器を作って蒸す。途中大鍋の水がなくならないように、定期的に確認。

3.そら豆の外皮を剥く

4.そら豆を指で「ありがとう」を唱えながら潰す
(簡単に潰れるよう、柔らかめに蒸しておく)

5.そら豆と各材料を、全てボウル内で🥣混ぜ合わせる

6.詰めていく容器は、煮沸消毒またはアルコール消毒(焼酎や泡盛など)をしたもの

7.容器に詰めていき、空気が入らないよう、こぶしで押し込んでいき、ラップ+重しで仕込みは完成。

8.直射日光に当たらない湿気の少ない寂しくない場所に置いておき、6ヶ月後に完成。

私は辛いもの得意じゃないのですが、夫が辛いもの好きな為、夫向けや、おすそ分け用に仕込みました。

6ヶ月後が楽しみです^^

自家製調味料づくり、とっても簡単で驚くほど美味しいですし、本当にオススメ。

ぜひ、そら豆が美味しいこの時期に仕込んでみてくださいね。

ご興味のある方は下記までご連絡ください。
一緒に仕込みましょう♪

📩megamigohan★gmail.com
(★を@に変えて)

手作り納豆教室〜初めての自家製納豆づくり〜

手作り納豆で毎日の食卓を豊かにしませんか?

女神ごはんでは一汁一菜を提唱し、お米・発酵食・保存食などの日本の伝統食をお伝えしています。

女神ごはんの「祈りの味噌づくり」も残り1回で今年はラスト。
ご一緒できなかった方は来年ご一緒しましょう。

次の発酵食教室は、みんな大好き!納豆です。

みなさん、納豆はお好きですか?

我が家は夫が無類の納豆好きで、いつもうれしそうにネバネバしながら食べてます(笑)

私はというと…市販の納豆は苦手😱

でも自分で作った納豆はあまりにも美味しくて、不思議とするすると身体に入り、驚いてしまいました。

なんというか、私が苦手としていた独特なクセがない感じ。

人と同じなのですが「我」が無いのがいいですね。

手間暇かけるから、そこに存在する魂に命が宿る

出来上がった我が子は本当に愛おしいです😊

納豆づくりの工程は4日間です

1.豆を水洗いし18時間浸水
「愛」「感謝」「ありがとう」などの文字を見せ、水の結晶を美しくなるように変える

2.浸水後の豆を蒸し器で蒸す
茹でるより蒸すのが美味しい

3.藁で包む
藁or葉っぱor市販の納豆などを使う

4.24時間40℃で保管する
温度をキープする為、発泡スチロールなどに入れる

5.冷蔵庫で1日熟成させ完成
いただきます😊

今回は

1.藁納豆
無農薬稲わらに包んで作る

2.ハーブ納豆
ハーブの葉を使い容器で作る

3.おともだち納豆
市販の納豆を「種納豆」として増やして作る

の3つをご紹介します。
みなさんで一緒に作っていきましょう😊

豆も、大豆と黒豆の2種類をご用意しますので(予定)

上記3つの作り方×2種類の豆=6種類の納豆を食べ比べしましょう。

◆内容
 1.学ぶ
   女神ごはんの考え
   納豆の作り方

 2.作る
   みんなで作業

 3.食べる
   みんなで女神ごはんをいただく
   ごはん・重ね煮の味噌汁(祈りの味噌)・手作り納豆

◆当日提供するもの
 1.女神ごはんレジメ
 
 2.浄化と祈りを基にした女神ごはん・手作り納豆
 
 3.ソフトドリンク
 
 4.納豆作り用(豆・藁)
→当日仕込んだ納豆はお持ち帰りいただきます

◆こんな人に来てほしい
 ・納豆が好きな方
 ・納豆を手作りしたい方
 ・女神ごはんの考えを実践したい方
 ・女神ごはんを食べたい方
 ・ご縁を繋ぎたい方

◆参加したらこうなります
 ・納豆がますます好きになります
 ・納豆を手作りできます
 ・女神ごはんの考えを実践できます
 ・女神ごはんを食べられます
 ・ご縁を繋げます

◆場所
 『湘南AQUA』(松田智子・自宅サロン)
 小田急江ノ島線本鵠沼(ほんくげぬま)駅から徒歩3分
  ※道案内は前々日確認メッセージにてお送りします

◆日時
 11:00〜15:00
 (遅めのランチは13:30くらいから予定)

 4/3(水)
 4/13(土)
 4/25(木)
 4/27(土)
 4/29(月)
 4/30(火)
 5/6(月)
 

◆持ち物
 1.エプロン
 2.ハンドタオル
 3.筆記用具
 4.スリッパor厚手の靴下(必要であれば)
 5.みんなで食べるお菓子(2人分目安)
 6.仕込んだ納豆を入れるかばん、袋

◆会費
 事前振込(3営業日以内)

 正規¥6,900
 感想割※¥5,900
 ※参加後3日以内にSNSにて感想をお書きいただく場合、適用

 4回回数券¥19,800
  (通常¥6,900→1回あたり¥4,950)
 ※回数券ご希望の方は申込時にお知らせください
 ※女神ごはん発酵食/保存食教室において4回利用可能・初回利用時から1年間有効
 ※今後の発酵食/保存食教室予定
  《豆板醤・醤油・麹・キムチ・納豆・甘酒・味噌・ぬか漬け・梅漬け(梅干し)・干し野菜など応相談》

◆申し込み
 📩megamigohan@gmail.comまで
 下記の内容でお送りください。

 折り返し24時間以内に返信いたします。

件名:【◯月◯日】手作り納豆教室
本文:
  1.お名前
  2.携帯番号(当日連絡先として)
  3.納豆教室で楽しみにしていること
  4.女神ごはんを知ったきっかけ

◆キャンセル規定
 前々日:50パーセント
 前日〜当日:100パーセント
  ※返金時には手数料200円を頂戴します
  ※心を込めて仕入れや仕込みをしていますので、キャンセルは極力ご遠慮ください

◆プロフィール
⇨松田智子プロフィールはこちら

◆追伸
 手作り納豆は格別な美味しさです。
 美味しい納豆で食卓が豊かになり、ご自分やご家族の笑顔が増えますように^^