【自家製調味料のススメ】美味しすぎて、毎日キッチンに立つのが楽しくなる

10年前、ホテル勤務時代、私は様々なストレスを抱えていました。

対、自分
対、職場
対、お客様

私のストレス解消法といえば、外に発散するタイプではなく、内にこもるタイプ

そして不器用なのに完璧主義で頑張り屋さんという、めんどくさい自分

私のストレスのバロメーターは暴飲暴食に走ること。

「美味しい」「幸せ」と思いながら食べるごはんは、身体の栄養になる。

しかし私の場合、貪るように身体に流し込み、身体が悲鳴をあげるまで続けるというもの。

深夜1時過ぎに、駅前のつけ麺屋でトッピングは「全部のせ」を注文し、貪るように身体に入れていた日々。

そんな毎日が続いていましたが、同時に「これじゃダメだ❣️」と、何とか藁をもすがる想いで食の勉強を始めます。

食の勉強を始めると、様々な先生が共通して言っていたのは

「本物の調味料を使いましょう」というもの


⬆︎本物の調味料とは、昔ながらの製法で作られた、必要な素材のみで作られたもの。みりんなら「本みりん」。「みりん風調味料」ではありません。



今まで何も考えていなくて、安さばかりを追い求めて調味料を買っていた私には衝撃が走りました。

「え、調味料にこんなにお金かけるの?」
(一本500〜1000円くらいするものもありますよね)

「そんなの無理に決まってる…!」

その考えを知ってから1年以上は、頑なに自分の考えを変えませんでした。笑

なかなか今までの考えから切り替えていくのは、すぐには変えられないですよね。

でも少しずつ、「あ、お醤油無くなったから、新しいのはちょっと良いお醤油を買ってみよう」

とか、心とお金に余裕があるタイミングで、理想の未来へ向けて、1つずつシフトしていきました。

あれから10年経ち、今では本物の調味料を使うことは当たり前で、過去の自分には戻れません。

そしてその先に自家製調味料があったなら、より豊かな食卓になります。

✅調味料が美味しいから、料理も美味しくなる

✅自家製調味料を我が子のように仕込みから完成に至るまで、その先使い始めるときにも、愛おしい気持ちで関われる

✅どの素材を使うか自分で選んで作れるから、心にも身体にも健康的

✅親子で作ると、お子様の食育にもなり、好き嫌いが減る

✅その都度買う市販の調味料よりも、経済的

なにより、自家製調味料が美味しすぎて、毎日キッチンに立つのが楽しくなる

この喜びが1番だと思います😊


⬆︎2019年2月仕込みの『祈りの味噌』

自家製調味料を味わいたいから、「今日ご飯作るの楽しみ😋」というように、自家製調味料ありきのごはん作りになるのです。

自家製調味料は手間暇かけて仕込みますが、完成して味わったときの喜びは、まるで我が子の誕生を喜ぶときのようです。


⬆︎空豆を使って作る豆板醤。野菜炒めも塩・ブラックペッパー・豆板醤だけで、いつもと違う味わいに。
(⇨⇨⇨2019年5月の仕込みの様子はこちら)


⬆︎塩みりんは仕込み中。みりんはお酒なので、酒税法の関係で、一般の家庭で作る場合不可飲処理をする為、塩を加えます。

他には醤油も、塩麹・醤油麹・甘麹、醤(ひしお)も作れちゃいます。

ぜひ自家製調味料の毎日で、美味しい食卓を実現してみてくださいね。



・発酵食教室/味噌づくり
★《湘南・藤沢》『祈りの味噌づくり2020』は、2019/11/24(日)から来年3月まで複数回開催します(全て同じ内容です)
おひとり1回あたり3kg分仕込み、その後はご自宅で発酵・熟成させ、10ヶ月後に完成です。
▷▷▷祈りの味噌づくり詳細とお申し込みはこちら

📩女神ごはんの「季節の料理教室」「おむすび教室」「女神ごはんスクール」など各種お問い合わせ・お仕事のご依頼はこちら

限定50名【自然栽培の玄米麹+天然塩+北海道産鶴の子大豆】『祈りの味噌づくり』×『女神ごはん』2020

2019年はじめに仕込んだ味噌21キロ分ができました😊
キラキラといのちいっぱい輝いています^^

我が子の誕生がとっても愛おしいです。

女神ごはんは「浄化」「祈り」「食材」の3つをコンセプトに、

1.「浄化」をして自分を内側からととのえ
2.相手の幸せを「祈り」
3.身体が喜ぶ「食材」を使って

料理をすることで、必ずしも高級食材にこだわらなくても、身近に手に入る食材でもエネルギーあふれる『愛あるごはん』になります。

四つ足の動物だけでなく、生きとし生けるものすべてに魂は宿っています。

でもその魂に、愛をもって接するのか、雑に乱暴に接するのか、無視して放置するのかによって、「いのち」の育ち方が違うのです。

人と同じですね。

女神ごはんの『祈りのおむすび』や『大地の味噌汁』では、食べた方が涙したり、明るく元気になったり、この場だけの打ち明け話をしてくれたり。

それはエネルギーがごはんにのっかり、食べた方の身体に「元気玉」として入るからです。

心と身体に直に伝わる”愛そのもの”それが女神ごはんです。

『祈りの味噌作り』で仕込む手前味噌は格別です。

大豆一粒一粒、「ありがとう」を唱えながら、大切に丁寧に、手作業で潰して作ったお味噌です😊

手で潰すのは、手の常在菌を入れることで、その方独自の味噌にする為。

また大豆を1晩浸水時にも、「愛」と「感謝」の文字を、水と大豆たちに見せ続け、彼らに喜んで働いていただいています^^

浸水後の大豆を、女神ごはんでは圧力鍋を使わずに、3時間じっくりと茹でていきます。

そうして2日がかりで、手間暇かけた我が子への愛情はたっぷり。

途中で天地返しをする必要はなく、10ヶ月※発酵させて完成です😊
※女神ごはんでは敢えてこの“待つ10ヶ月”を大切にしています。妊娠から出産までの十月十日のように、生命が宿るところから誕生するまでをイメージしています。

祈りの味噌作り、ぜひご一緒しましょう^^

手前味噌づくり、それは妊娠〜出産までのプロセスのよう。

大豆は見た目キレイでも意外に汚れているので、始めに冷水で5回洗います。

そして一晩浸水させます。

その後、新しいキレイな水で、ゆっくりじっくり茹でていきます。(3〜4時間程度)

柔らかくなったら、指で丁寧に、1粒1粒をつぶしていき、

そして塩と麹を混ぜて(塩切り麹)、空気を抜きながら容器に詰め、その後は10ヶ月かけて熟成させていきます。

時間をかけて成長を見守り、育ったら、家族や友人みんなで、それを美味しく味わっていきます。

1.つくる喜び
2.育てる喜び
3.味わう喜び

ただ単に食べるだけではなくそのプロセスも含めて、3倍以上の喜びを感じられる、それが『祈りの味噌づくり』です。

10ヶ月もかけて成長を見守って、無事に完成したときの喜びと言ったら、何物にも変えがたいものがあります。

我が子の誕生を喜ぶ。
我が子の成長を見守る。

まるで妊娠期間と同じように、十月十日ほどかけて、見守り育てていきます。

無事に完成したときには、出産のように我が子の誕生を祝います。

ちなみに今年2月に仕込んだ味噌を先日解禁しましたが、ピカピカ生き生きとしていて、生まれたての赤ちゃんのように、いのちいっぱい輝いていました。

生まれてからは、ただただ愛おしさを感じる。味わう。共に歩んでいく。

喜びもひとしおですね。

→過去の開催報告はこちら

こんにちは。
女神ごはん主宰の松田 智子です。

さて、私が大好きな味噌づくりの季節がやってきました😊

今期は、11〜3月にかけて複数回開催いたします。(全て同じ内容)

▶︎今回も創業1914年 越前有機蔵『マルカワみそ』のHPを参考にさせていただき、材料を集め、3キロ分を仕込んでいきます。

▶︎『マルカワみそ』のHPを参考にする理由
限りなく自然・天然に近い素材や製法にこだわって提供している。また、家庭での味噌づくりにおいて、「天地返し」をしなくてもいいと提唱しているところがうれしいからです。

▶︎天地返しとは
表層と深層を入れ替えること

▶︎天地返しは必要ですか?
ご家庭で仕込む場合は、天地返しは基本的にしなくていいと考えています。詳しくはこちらです。

▶︎分量の参考はこちら
↓↓↓

▶︎今回(出来高約3kg)の味噌作りで用意する材料3つ
1.麹
→『自然栽培玄米麹』(または白米麹)を使う予定1000g

(麹の選び方:マルカワみそHPより)

2.天然塩
《女神ごはんセレクション4種》
※当日は利き塩をしてからお使いください。

《天然塩4種(予定)》
400g
・粟国の塩
・海の精
・深層海塩 ハマネ
・石川能登の塩

(塩の選び方:マルカワみそHPより)

3.大豆
築地 三栄商会『北海道産鶴の子大豆(中粒)』を予定650g

注:容器
→ご自身でご用意ください。
(お味噌3キロ分を仕込む場合、1.1〜1.2倍くらいの大きさ目安)

大きさの目安について
↓↓↓

容器の種類
↓↓↓
タッパー、漬物容器
野田琺瑯の保存容器
甕、木樽
など

注:容器は過去に使ったもの(特に匂いが強めのキムチとか)ではなく、味噌専用として新しくご用意することを、オススメします。

image

手作りの楽しさ、発酵されて完成した”世界でひとつだけの味噌”の愛おしさ、

また、既製品とは違う味わい深さ、そんなたくさんの喜びを共に体験しましょう。

■内容
1.女神ごはんを実食
祈りのおむすび・大地の味噌汁
2.女神ごはん味噌づくり講座
『浄化』『祈り』『食材』
3.味噌づくり
茹でた大豆を潰す
→塩を合わせた麹(=塩きり麹)と混ぜる
→空気を抜きながら容器に詰める

■こんな人に来て欲しい!
・味噌づくり体験をしたい
・手前味噌デビューをしたい
・食を見直すきっかけが欲しい
・おうちごはんをもっと好きになりたい
・美味しいごはんを食べたい
・女神ごはんに興味がある

■参加したらこうなります♪
・味噌づくり体験ができます
・手前味噌デビューができます
・食を見直すきっかけができます
・おうちごはんがもっと好きになる
・美味しいごはんを食べることができます
・女神ごはんを知ることができる

■日程と申し込み
全12回
※平日の日程は随時追加していきます。
※味噌づくりは2月に仕込む「寒仕込み」が一番美味しくなると言われていますが、一年中作ることができます。(発酵が進むのは夏の暑い時期)

・11/24(日)【残席わずか】
▷▷▷祈りの味噌づくりの参加申し込みはこちら
・12/22(日)冬至
▷▷▷祈りの味噌づくりの参加申し込みはこちら
・1/18(土)大安
▷▷▷祈りの味噌づくりの参加申し込みはこちら
・1/22(水)【残席わずか】
▷▷▷祈りの味噌づくりの参加申し込みはこちら
・2/4(火)立春
▷▷▷祈りの味噌づくりの参加申し込みはこちら
・2/9(日)一粒万倍日
▷▷▷祈りの味噌づくりの参加申し込みはこちら
・2/16(日)一粒万倍日
▷▷▷祈りの味噌づくりの参加申し込みはこちら
・3/7(土)一粒万倍日
▷募集これから
・3/20(金祝)春分の日
▷募集これから

◆会場
湘南AQUA(自宅サロン)
小田急江ノ島線本鵠沼(ほんくげぬま)駅から徒歩3分

◆時間
12:00〜16:00

◆会費
事前振込(3営業日以内)

1.リピート割:5500円
※祈りの味噌づくり2回目以降の方

2.ペア割:6600円
※新規+新規=6600+6600
リピート+新規=5500+6600

3.新規:7700円

■持ち物
1.エプロン
2.おてふき用のタオル
3.スリッパ or 厚手の靴下(寒さ対策に)
4.筆記用具
5.仕込んだ味噌3kg分を入れる容器
6.持ち帰り用かばん(袋やスーツケースなど)

注:髪の長い方は、作業中髪の毛が入らないようゴムやピンでまとめてください。

■定員
各4名

■申し込み
上記の各日程へお申し込みください。

■キャンセル規定
7日前〜4日前の取り消し:50パーセント
3日前〜当日の取り消し:100パーセント
▷▷▷キャンセルのご連絡はこちらまで

※心を込めて食材の仕入れや仕込みをしていますので、キャンセルは極力ご遠慮ください。
※返金時の振込手数料はご負担いただきます。

■みなさんの声
『女神ごはんでは、智子さんの愛情がこもった料理を頂けて、心が満たされ疲れが吹き飛び明日への活力が湧いてきました。

そして話を聞いていて日頃の小
さな行動が、全てのことに繋がってくると気づかされて、毎日の生活を見直してみようと思いました。

本当に感謝しています。
どうもありがとうございました。』
(山本 拓男さん)

『相手への想いをこめて作られる
女神ごはんは、食べるだけで心身が整っていきます。

運気が上がるごはんです。

普段何気なくやっている食べるという日常の行為が、心をこめるとこんなにもパワフルで浄化されるのだとわかり、

私もごはんを作るときに自分の心をもう一度見直してみようと思いました。』
(山本 咲希さん)

『「女神ごはん」には ”食べて目覚める いのち輝く” という素敵なコピーがついていて、作り方だけでない、作る人の「在り方」が食にこもっているようなそんなごはん。
 
もはやこれは「祈り」だった!
 
美味しいのはもちろん、一口一口心身が喜ぶようなそんなかんじで、至福のランチタイムをまさに「いただき」ました。
 
心よりごちそうさまでした。』
(柴田 信之さん)
 
『本当に素晴らしい女神ごはんをありがとうございました。』
(柴田 佑奈さん)

『これから今の自分ができる方法で、食べた方が幸せを感じられるごはんをつくっていきたいです。「ありがとう」「浄化」大切にして生きます。』
(中山 康子さん)

『愛・想い・気持ち…心を込める、気持ちを込めるってとても大切なことなんだと、じーんと感じました。自分ができることからはじめようと思います。』
(小山 詩乃さん)

『智子さんにずっとお会いしたかったので、お話が聞けてよかったです^^とても良い時間でした。』
(須田 友子さん)

『私も智子さんみたいに、「食」を通して本当の姿に戻っていったり、安心感を与えたり、生まれたことに感謝したり、「愛」を感じてもらえるような人になり、居場所を作りたいと思います。』
(松岡 藍さん)

『浄化がこれほど効果があると思っていなかったのでこれからやっていきます。食事が楽しくなりそうです。』
(鷹取 利昭さん)

『女神ごはんをいただくと 心と身体が調います。家族のご飯を作る自分の心を調えることの大切さを感じました。』
(阿部 梨絵さん)

『そこにいる人と楽しくつながりながら、気づいたら自分とも深くつながってた女神ごはん』
(さわとん)

『美味しくて優しい味でした♫
特に重ね煮のお味噌汁、ほっとする温かさを感じました^^』
(H.M.さん)

『慌てて食べるのはもったいない。
 でも、早く食べたい。
 そんなごはんでした。
 もっと広がれーと思います。』
(くらさわ さとこさん)

追伸
私は初めて家で1人で味噌作りをしようとしたときに、なかなか腰が重くて動けずに、結局諦めてしまいました。

大変な仕込み部分は私がしておきますので、後は当日、「潰す」「混ぜる」「詰める」の工程を楽しむだけ。

みんなで楽しんで取り組んでいるうちに、あっという間に終わってしまいます😊

当日ご一緒できますことを、心より楽しみにしています^^

【手作り味噌に生えたカビの対処法】

手作り味噌に生えるカビは、

黒いカビ
白いカビ

が多いと思います。

黒いカビは内側の部分、白いカビは表面の部分に多いかなという印象です。

(他には青いカビもあります)

お味噌は生きている為、カビが生えてしまっても

「あ〜、うちの子、転んで 怪我しちゃったんだな」

くらいに気楽に考えてくださいね。

カビが生えたお味噌ちゃんも

「不器用だから完璧にはできないかもしれないけど、頑張って生きてるよ〜」

って言っているように感じます(笑)

母(作り手)と子(お味噌ちゃん)の二人三脚で、共に成長しながら“光の人生”を歩んでいきましょう^^

カビが生えてしまっても味噌づくりを嫌いにならないで〜。

仕込んだ後は基本放置でいいのですが、気になる場合、夏を越えた頃に、確認してみてください。
(夏に発酵が進むので)

カビを発見した場合、

1.その部分を取り除いて捨てる

2.くぼんだ部分がないように、表面を平らにする

※凸凹があるとくぼんだ部分が空気に触れてしまう為

3.必要であればホワイトリカーなどアルコール度数が高い焼酎(無臭のものが望ましい)をスプレーボトルに入れて、表面にスプレーする。

もしくは、
天然塩を表面全体にパラパラとかける

※空気に触れやすい端の部分がカビが発生しやすい。その為、端の部分に意識して塩の蓋をする

※表面部分が塩の蓋になっている状態なので、完成時は塩味が均一になるようかき混ぜてから使う。

4.新しいラップに取り替えて蓋をして、重しをのせ直す

※味噌に生えるカビは空気が大好きなので、空気に触れないようにラップをして、重しも全体にのるようにする。

▶︎▶︎▶︎味噌作りを営んで105年間の実績があるプロの味噌屋『マルカワみそ』のHPも参考にどうぞ

1年後の未来からダウンロードして、「今」の行動をする

【1年後の未来からダウンロードして、「今」の行動をする】

「自分で作った梅酒、飲みたいな」
「手作りの梅干し、食べたいな」
「果実酒も作ってみたい〜」
「手前味噌の味、どんななんだろう?」

そんな思いを叶えたいなら、いまから行動。

今年できなかったから、来年時間があったらやってみようかな〜

そんな感じだと、また来年もできない可能性が高い

大切なのは、1年後の未来にどんな自分でいたいのか?

私の場合の1年後は、

自家製梅酒2種
・黒糖焼酎梅酒
・きび糖焼酎梅酒

自家製梅干し
・梅干し(塩分17%)
・はちみつ梅干し

自家製味噌

自家製ぬかづけ

その他、自家製調味料
(しょうゆ・みりん・豆板醤・塩麹・醤など)

顔が見える関係の米農家さんの自然栽培米
(毎朝、精米機で使う分だけ精米する)

自分や友人の畑で採れた野菜

土鍋ごはん

自分や友人の手作りのお皿

これらが並ぶ食卓でありたい。

季節の手仕事。
自家製調味料。
心のこもった手作りのもの。

こだわっているのは「それらが生きているかどうか」

生きている「いのち」だから「光」のごはんとなる。
食べることで、自分の身体に「光」を取り込む。

味噌づくりを始めようと思った当初、初めてでわからなかったので、手作り味噌セットを買ってみました。

説明はとってもわかりやすく書いていましたが、毎日仕事で忙しく、大豆の浸水や茹で作業に腰が引けてしまい、結局やらず終いでした。。

その翌年は味噌作りのワークショップに参加し、さらにその翌年からは女神ごはんの味噌づくりを始め、

手前味噌づくりは今年で5年目になります。

でも当初の「味噌づくりキット」を取り寄せたときから、未来から見て、いまの行動を決めていたとしたら、

現状→
面倒だなぁ。
仕事で疲れてるからゴロゴロしたい。
時間ないし。

未来→
手前味噌が美味しく出来上がった
毎日のお味噌汁が美味しい
美味しくできたから、味噌玉※にしてみんなにお裾分けしよう!

※お湯を注ぐだけで即席味噌汁ができる『味噌玉』


そんな未来からダウンロードして、いまの行動を決める

「よし、やってみよう!」

そんな風に「いま」を決めることができるかもしれない

いつかやろうではなく、「いま」やる

そうやって望む未来から、いまの行動を決めていきましょう。

追伸
女神ごはんの『祈りの味噌づくり2020』は、親子味噌づくりを叶えることも夢のひとつ。
その半年後の未来からダウンロードして、「いま」の行動を決めますが、まずは『こども食堂』に見学へ行くべく、アポイントをとりました。
今後の動向もお楽しみに^^

my米麹で発酵食を仕込むことも目標の1つ

令和時代の女神ごはんは
“「食材の命をいただく」ということを体感する”がテーマ

たとえば麹。

今までは購入していましたが、使う機会が増えるにつれ、いつまでも買い続けるのもなぁ〜という気持ちと、どうやって作られるか体感したいという気持ちがあります。

来年の『祈りの味噌づくり2020』は、my米麹で仕込むことも目標の1つ。

今まで麹づくりは難しいと敬遠していましたが、「やりたい」より「やります」をモットーに行動していきます。

手作り麹なのできちんと発酵するかわからないから、まずは塩麹や甘麹、味噌などで試してみますね。

うまくできたら、始めはホームパーティなどでお出しするかもしれません。

お楽しみに。

とってもわかりやすい動画ですね^^