【夏の食卓】とうもろこしごはん&お米の炊き方

夏の食卓、とうもろこし・枝豆・ナス・ピーマン・トマト…

大好きな野菜たちでいっぱいです。

毎年とうもろこしごはんを食べる為に、畑でとうもろこしを作りたい〜

女神ごはんで、今後畑を借りて野菜を作って行く予定ですが、今年中には契約したいなと思い、借りれる畑を探しています。

では、とうもろこしごはん&お米の炊き方のご紹介。

とっても簡単ですが、季節感のある食卓になります^^

女神ごはん使用の土鍋はこちら
→長谷園かまどさん

1.ザルとボウル、計量器を準備

2.米をグラムで計量する(一合150g)
今回は2合で300g

3.あらかじめボウルの中に浄水をためておき、米を入れたザルごと、ざぶんとつける。お米さんがお風呂に入るようなイメージ

4.お米は乾物の為、ものすごい勢いで水を吸収していく。
1回目に研ぐのは、ささっと短時間で済ませる。お米の周りの汚れを落とす為。
ゴシゴシと研ぐのではなく、優しく丁寧に攪拌させるイメージ


▲お米は精米したてが1番美味しい

5.2回目は1回目より長めの時間で、同じように優しく攪拌させていく。研ぐ回数は2〜3回でよい。敢えて、研ぎ水を白濁したままにしておくことで、お米の旨味成分が残り、甘みのあるごはんとなる。

6.分量の水加減で炊飯器(または土鍋)をセット

7.とうもろこしの身を削り、芯と身を両方、お米の上にのせる

8.浸水30〜1時間後、炊き、炊き上がり後は蒸らす。(炊飯器や土鍋の機能による)

3EE1FD63-5C5A-4B77-97CE-C2F44086223C

9.蒸らし完了後はとうもろこしの芯を取り、バターひとかけらと醤油大さじ1を加え、しゃもじで切るように混ぜる。天然塩で味を調整して完成

西日本豪雨災害に関して、いま私たちができること

この度の西日本豪雨では、平成最悪の被害状況であるようですね。

同じ日本でこのような大きな被害が出ている中、私が住んでいる関東では何も変わらず平穏な毎日で、相変わらず暴飲暴食で食べきれずに残したり、ナマモノを腐らせて捨てたり。

人によっては話題に上がらないくらいの関心度です。

正直、温度差がものすごいなと感じています。

報道の仕方に関係があるのかもしれませんが、情報があまりなく、現状がよくわかっていない方が大半だと思います。

私も実際、現地に行っていませんのでよくわかりません。

なので、被災地の方々は、どのような被害状況なのか、どんな助けを必要としているのか、何が欲しいのか、何がありがた迷惑なのか、ぜひ生の声をあげてほしいと思います。

「どうしたらいいかわからない」という声さえも、あげてほしいです。

その為にSNSやブログはとても有効だと思います。

(もちろん大変な中、優先順位は高くないでしょうし、できる範囲での話です。)

大変なときはお互い様。
いつ、自分や家族や友人が大変な状況になるかはわかりません。

『祈り』とは『行動』です。

相手の幸せを想い、相手が求めていることを提供すること。

良かれと思って自分本位であれこれやったとしても、相手が喜んでいないなら、ただのありがた迷惑です。

一人ひとりが5分でも10分でもいいから、相手へ思いやりを持って行動できる世の中になりますように。

世界平和への一歩は、まず自分から。
世界平和は、自分自身の心。

こういう災害のときは、現地のことはプロ、もしくは動き慣れているボランティアの方にお任せして、私は寄付をすることでお手伝いさせていただきます。

寄付は、小さなお金からもできます。
コンビニでお買い物ついでに、お財布の中の小銭を募金箱に入れることだってできます。

大金持ち並みに、どーん!と大きなお金を動かす必要はありません。

誰かがやるのを待つのではなく、一人ひとりが動くこと。

やがてそれが大きなうねりになりますから。

この度、命を落とされた方々のご冥福をお祈り致します。また行方不明者が一刻も早く救出されますように。
 
被災された方々が、一日も早く、今まで通りの生活に戻れますように。

女神ごはん主宰
松田 智子

追伸
女神ごはんの売り上げの一部を寄付させていただきます。

1.ふるさと納税

2.ももたろう基金

3.yahoo基金

4.つながり

5.ピースボート

女神ごはん『おむすびプロジェクト』にて全国出張へ

◆おむすびプロジェクト🍙
・広島 2018/9/29(土)
(→募集開始は6/28満月から🌕)
・宮崎 2018/10/7(日)
宮崎ワンピ会×女神ごはん
・熊本
・長崎
・福岡
・京都 2019/1/27(日)
・東京
・神奈川
・福島

おむすびプロジェクトは、2020年7月24日(金)から開幕する東京オリンピックまでを期限に企画している、
女神ごはんのイベントです。

日々忙しく時間に追われストレスをためながら過ごしている私たち。
忘れかけている日本人としての心を思い出し、日本人として生まれ、生きていることを誇りに思っていただけたらと思います。

日本の食卓の象徴であるおむすび。

人によって結び方は全然違います。
ガチガチぎゅっぎゅと握る人、粘土のようにコネコネする人、素手ではなくラップを使い結ぶ人、おむすびの型を使っている人…

それぞれの環境や想いによって様々ですね。

私は良い悪いのジャッジはしませんが、ひとつお伝えしたいのは、

そのおむすびを、“ただ、相手の幸せを祈りながら結ぶこと

祈れば祈るほど、そこにはエネルギーがのり、魂が宿ります。
そしてそれをいただいた人は明るく元気になります。

ぜひ、当日体感してみてくださいね。

会費4900円(シェア割):参加者8名以上で全国へ出張いたします。
イベントや講座を主催してくださる方募集中です。

共に、幸せな食卓から世界平和を目指しましょう^^

お問い合わせ
◆女神ごはん事務局
megamigohan@gmail.com

【投稿方法】イベントや講座での会費:シェア割の適用について

シェア割とは?

◇意図
楽しかった!また参加したい!のお気持ちをシェアしてください😊

参加後3日以内に、あなたが「楽しかった」「また参加したい」というお気持ちをシェアしていただき、あなたのご家族・ご友人に「こんな楽しい1日だったよ〜」というお気持ちを伝えていただけたらうれしいです。

文章においてもエネルギーは伝わりますので、楽しかった熱が冷めないうちに投稿していただくのが望ましいです。

(ちなみに私は外出先なら、帰りの電車の中で投稿してしまいます😊)

◇投稿方法
《Facebookの場合》
1.感想を書く
文章中に『女神ごはん』『松田 智子』のキーワードを入れて、感想をお書きください。

2.「松田 智子」をタグ付け

3.記事をアップ
集合写真、美味しそうなごはん、季節を感じられる写真も添えて投稿していただくと、より相手へ楽しそうな雰囲気が伝わります。(こちらは任意)

《ブログやインスタグラムの場合》
1.感想を書く
文章中に『女神ごはん』『松田 智子』のキーワードを入れて、感想をお書きください。
2.#女神ごはん #松田 智子のハッシュタグをつける
3.投稿をする

シェア割へのご協力いただき、ありがとうございます💕

古き良き昭和の食卓。家族みんなで囲む一家団欒の時間。

女神ごはんが目指す幸せな食卓とは?

お母さんが家族の為に作ってくれるあたたかいごはん。

古き良き昭和の食卓。

サザエさんやちびまる子ちゃんに出てくるような、家族みんなの一家団欒の時間。

ごはんと味噌汁に合う食事。

現代は中華やイタリアンなど料理の幅は広がっていますが、

女神ごはんではごはんと味噌汁に特化し、それに合う家庭料理を伝えていきます。

https://youtu.be/HlrQc_Z0ZB8

それにしても、昭和の映像がやたら懐かしすぎる昭和生まれの私(笑)