奄美大島産の純黒糖と黒糖焼酎『龍宮』で作る『祈りの黒糖梅酒』

【黒糖梅酒の作り方】
・青梅1kg
・純黒糖300g
・氷砂糖400g
・黒糖焼酎(35度以上)1.8リットル
※あ、今回の使用は30度でした(笑)
・広口ビン(4リットル)
・竹串
・布巾

◆事前準備
1.瞑想して自分をととのえる。

2.梅酒が完成する1年後、どんな自分で、誰とどんな環境で、どんな状態で味わうのか、“幸せな食卓”を具体的にイメージ。

3.その様子を、忘れないようにノートや手帳に書き出しておく。

◆梅酒づくり
1.梅を水洗い
・表面を傷つけないように気をつけながら流水で汚れを取る
・水洗い後はアク抜きの為に2〜3時間浸水させておく

2.梅を拭く
・水分が残ってカビの原因にならないように、「ありがとう」を唱えながらひとつひとつ清潔なふきんで拭く
・余裕があれば水分を飛ばす為、1〜2時間ざるに広げておく

3.ヘタを取る
・梅を傷つけないように、竹串で丁寧に取り除く

4.梅と砂糖(黒糖+氷砂糖)を入れる
・青梅と砂糖を交互に入れることを、3〜4回繰り返す

5.黒糖焼酎を注ぐ
・アルコール35度以上のものを使う
※今回の使用は30度でした(笑)あれ?35度以上を買ったつもりだったのにな〜

★35度以上の『龍宮』(1.8リットル)ならこちら★

・静かに注ぎ入れた後、ビンの蓋はしっかりしめる

6.冷暗所に保存
・時々ビンを揺り動かし、まんべんなくなるようにする
・ビンにメモを書いて貼っておく

仕込んだ日
飲み頃予定日
青梅:1kg
純黒糖:300g
氷砂糖:400g
黒糖焼酎『龍宮』:1.8ℓ

7.1年後にまた梅酒を仕込むタイミングで、中の梅を取り出す

※6/6が梅の日なのでその日に合わせて仕込んだり、新月や記念日に合わせると、「今年は忙しくて結局できなかったな」なんてこともないかと思うので日にちを決めることもおすすめ。

※ホワイトリカーはスーパーでどこでも売っていますが、35度以上のお酒を探すのはなかなか大変かと思います。見つけたときに買っておく、もしくはお取り寄せしておくと、青梅が出回り始めたタイミングですぐに仕込めていいですね。

(地域によって異なるかもしれませんが、青梅が出回る時期は5月末から6月1週目かなと思います。5月後半くらいにご近所の八百屋さんやスーパーで問い合わせ&予約するといいかもしれません)

※梅酒を作るときのお酒はホワイトリカー以外でもOKです。(クセのあるお酒の場合、梅との相性を考える)
アルコール度数は35度以上のものにする。梅の成分が抽出されにくくなり、熟成も進みにくくなる為です。

※氷砂糖の原材料はグラニュー糖。氷砂糖の代わりに他の砂糖でもOKです。黒糖は甘さ控えめなので、黒糖のみで作ってもよいし、お好みで氷砂糖やはちみつを足して甘みを加えて調整するとよい。梅酒が完成後に自家製梅シロップを足して、甘さを調整して飲むのもおすすめです。

▲純黒糖


▲原材料はサトウキビのみ。調味料の選び方は、余計なものが入っていることなく、シンプルな材料で、且つ昔ながらの製法で作られたもの。

自家製梅酒の飲み頃であろう1年後、私たち家族、周りの方々が元気で幸せでありますように。

梅酒を分かち合いながら、笑顔いっぱいになる“幸せな食卓”をリアルにイメージして😊

自分をととのえて、相手の幸せを祈りながら作る、祈りのごはん。

そのエネルギーがごはんに入っていく。のっかる。

100年前もあって、100年先も続けていきたい古き良き日本の食卓を、私から若い世代に伝えていく。

流行りのものや海外発祥のものではなく、日本の伝統食である、お米・発酵食・保存食。

日本の四季を感じながら、季節の手仕事をする。

命いっぱい生きているエネルギー溢れるものを、味わって、感謝していただく。

それこそが心と身体の栄養となります。

「めんどくさい」という気持ちを越えて、理想の自分に近づく行動をしていきたいですね。

食べて目覚める いのち輝く 女神ごはん
〜心と身体を作るごはんを毎日の食卓から〜

《祈りの黒糖梅酒》
仕込んだ日 令和元年6月10日
飲み頃予定日 令和2年6月10日
・青梅:1kg
・奄美大島産 純黒糖:300g
・氷砂糖:400g
・奄美黒糖焼酎『龍宮』:1.8ℓ