いのちある食卓の原点。心で食べるごはんとは?

いのちある食卓(前身:女神ごはん)の原点とは?

🔻夫の松田隆太のFacebook記事はこちら

私が帰るのと入れ違いで、お仕事に行った妻より置き土産が。いつもありがとう(^o^)美味しかった〜。

松田 隆太さんの投稿 2015年5月7日木曜日

2015年5月7日は、いまから5年前ですね。

私が客室乗務員をしていた当時、関西空港での1泊2日の宿泊付き勤務があったため、家を空ける前に、お昼用のサンドイッチを置いていきました。

きっと美味しいパン屋さんで購入するサンドイッチの方が、味は美味しいでしょう。

でも心を込めて、目の前の大切な人に向けて作ったものは、味覚でも心でも「美味しい」と楽しめることができます。

あ〜、このサンドイッチ美味しいなぁ🥪
仕事で忙しい中、準備してくれてうれしいなぁ😊

こんな感情になるのではないでしょうか。

食べたものが消化され、物理的に体内から消えてなくなったとしても、心には一生残るごはん。

それが「頭で食べるごはん」ではなく「心で食べるごはん」です。

心で食べるごはんは、明日への活力になります。


(今日のお弁当 2020.5.8)

そして10ヶ月後の2016年3月に客室乗務員を退職し、「心で食べるごはん」を伝えるため起業する流れになります。

いのちある食卓の考えの三本柱である”浄化” “祈り” “食材”の「祈り」の部分ですね。

祈りという表現は仰々しく感じるかもしれませんが、

いのちある食卓での祈りの定義は

“相手が無邪気な笑顔で喜ぶ様子を思い浮かべて行動すること”

それが祈りです。

祈りは、未曾有の事態のとき“だけ”急に発動するものではなく、私たちの日常にあるもの。

ぜひ、ご自身のできる範囲で実践してみてくださいね。

そして

「実践してみたよ」
「新しい気づきがあったよ」
「やってみたけど、うまくいかなかった😭」

などのお声をお聞かせいただけたら嬉しいです。

公式LINEにご登録の上、個別でLINEしてくださいね

《いのちある食卓 公式LINE》
↓↓↓
IDはこちら
@mlf4111a

または下記のQRコードをスキャンして登録してください

LINEをしていない方はこちらの問い合わせフォームより、お気軽にメッセージをください
お問い合わせフォームはこちら