【日常から備蓄のススメ】米麹活用法/塩麹の作り方/麹納豆の作り方

✴︎非常食はカップラーメンだけではない

もちろんカップラーメンもお湯を注いで3分待つだけでできちゃうから、簡単楽ちんでいいですよね

でももしも、

・発酵食
味噌、醤油、本みりん、納豆など
・保存食
梅干し、漬物、果実酒など
・乾物
米、豆、ひじき、わかめ、昆布、切り干し大根、ごま、干し椎茸、ナッツ類
・自家製冷凍食品
お惣菜など多めに作り、小分けにして冷凍しておく

を普段から少しずつ備蓄していたなら、スーパーに買いだめに走らなくてもよいのかもしれません。

スーパーに無ければ無いで、自分で作ることだってできますから。

そろそろ、商品を購入して消費して終わりという”だけ”の世界から、

「作れるものは作る」という世界に移行しませんか?

これらのものは何かあったときの物質的備えになり、且つ「うちには〇〇があるから、大丈夫」という精神的支えになります。

令和の時代は、大変な時代になるかもしれません。

私たち一人一人がリーダーシップを発揮し、生きていく術(知恵や技術)を身につけて、資産として積み重ねていきましょう。

✴︎

さて先日、大豆ではなく、ひよこ豆味噌を仕込みました。

《出来高3キロ分》
自然栽培白米麹:850g
ひよこ豆:850g
海の精:380g

米麹を1000gで購入した場合、150gが余ってしまいますよね。

そこで米麹活用法をご紹介します。
ぜひ、ご家庭で取り入れてみてくださいね。

いのちある食卓をあなたと共に^^

↓↓↓

◇米麹で塩麹

米麹:150g
塩:52g
水:150〜165g

用意するもの
・煮沸消毒またはアルコール消毒済の密閉容器

✔︎減塩にすると、腐敗や悪臭の原因になるため、計量はきちんとやる。米麹に対して塩の分量は35%がベスト
✔︎色について
材料を全て混ぜ合わせたときの色は、必ずしも白色ではない。うすい茶色やうすい黄色もあり、麹の違い、塩の違いによる色の変化がある

作り方
1.全てを混ぜ合わせ、煮沸消毒またはアルコール消毒済の密閉容器に入れ、常温で保存
(雑菌はカビの原因となる)
2.1日1回清潔なスプーンでかき混ぜる
3.夏は7日〜冬は14日ほどで完成
(米麹がとろんと柔らかくなっていたら完成)
4.完成後は冷蔵保存

※保存:冷蔵6ヶ月
継ぎ足していくと1年持ちます

参考:マルカワ味噌

《塩麹の活用法》
野菜・魚・肉、全てと相性がよい


鯖の塩麹漬け焼き
1.鯖(2枚おろし)1枚につき、塩麹大さじ1の容量で、ジップロックに入れ全体に馴染ませる
2.一晩冷蔵庫におき、翌日塩麹はさっと手で拭い※、魚焼きグリルで両面焼く
※塩麹が焦げやすいため

✴︎
✴︎
✴︎

◇米麹で麹納豆

米麹:80g
✔︎生の米麹をそのまま利用するのがオススメ
✔︎乾燥の米麹はほぐしてから、少量の水で戻しておく
人参:1本
醤油:100ml
戸田本みりん※:100ml
納豆:2パック(80g)
塩昆布:お好みで
すりごま:お好みで

仕込み
人参を細切りにしておく。(塩昆布の大きさと合わせる)

作り方
1.鍋に戸田本みりん※を入れる。アルコールを飛ばすためにひと煮立ちさせ煮切ったら(煮切りみりん)、人参を入れる。
2.人参に軽く火が通ったら、火を止め、鍋をコンロから降ろす。
✔︎60度以上が30分以上続くと、麹菌(糖化酵素)が死滅する
3.(2)に醤油を加えて全体の温度を下げてから、米麹を入れてよく馴染ませる。納豆とお好みのもの(塩昆布・すりごま)を入れて全体を混ぜ合わせる。
4.直後から食べられますが、まだ米麹が固いので、冷蔵保存で3日後が食べごろ。

※保存:冷蔵1ヶ月

《麹納豆の活用法》

・冷奴や温奴にのせる
・どんぶりご飯にのせる
・卵も加えて麹納豆チャーハン

参考
1.塩麹・麹納豆・酒粕でやせる! 免疫アップ! (マキノ出版ムック)
2.こうじ納豆で体すっきり! ずっと健康! (TJMOOK)

「私は愛を分かち合う人です」とまずは決めることから始める

まだまだコロナウィルスの影響から不安にかられる毎日でしょうか。

いま私たちは歴史に残る大きな転換期の中にいると思います。

不安・心配・恐れなどの感情が出てきたら、その感情はハンドバッグに入れるように小脇に抱えて、

そして「与える」ことを選択する。

与え方は、目に見えるもの、目に見えないもの、どちらでもよいです。

お金に余裕がある人は寄付をしたり、大切な人へプレゼントをする

家に物がいっぱいある人は、誰かに使ってもらうために、リサイクルショップに持っていく

体が元気な人は、献血に行ってみる

お菓子づくりができる人は、自分の分だけでなく多めに作って家族や職場で分かち合う

きれい好きな人は、家や職場をきれいに掃除する

気持ちに余裕がある人は、「ありがとう」を家族や職場の人に伝えてみる

良い情報があれば、独り占めせずに人に教えてみる

そんな愛の世界へ移行しましょう
「私は愛を分かち合う人です」とまずは決めることから始めてみる

祈りとは「行動」です

不安や恐れに支配されて、結局行動できないでいると、何も変わらないまま

いま、不安です、そして私はどう動くか?を問いかけ、具体的に動いていきましょう

ただ耐えて嵐が過ぎるのを何もせず待つのではなく、与えながら過ごすことを意識していけたらいいですね

私も未熟なので完璧にはできないですが、志高く行動していきます😊

自家製調味料:醤油と塩みりんについて

自家製調味料:醤油と塩みりんについて、こちらに記載します。

◇市販品との違いは?
・醤油、塩みりん共に、素材を自分好みのもので選べ、組み合わせて作ることができる
・手作りの楽しみ、喜びを感じられる
・本来味わえない、もしくは別売されている、もろみやみりん粕など副産物まで味わって楽しめる

【自家製醤油】
原材料:大豆・小麦・塩

→グルテンフリー※を意識している方へ:小麦が入っている為、グルテンフリーにはなりません。
※グルテンフリーとは?→✴︎こちらのリンク参照✴︎
▶︎大豆・小麦アレルギーと醤油
▶︎グルテンフリー醤油一覧

✔︎醤油麹(醤油づくり用の)+塩水で仕込む
✔︎完成は1年後
✔︎満遍なく発酵させる為、毎日かき混ぜる必要がある
✔︎1年後にしぼり、上澄みが醤油、しぼり粕はぬか床に混ぜたりして楽しめる
✔︎もろみは料理やごはんのお供として楽しめる

→→→大徳醤油

✴︎✴︎✴︎

【自家製塩みりん】
✔︎もち米+米麹+焼酎(+塩)で仕込む
✔︎家庭で仕込む場合、酒税法※上、不可飲処理をする必要があるため、塩を2パーセント加える。その為、「塩みりん」と呼んでいる

※酒税法とは?→→→アルコール分1度(容量パーセント濃度で1パーセント)以上の飲料が「酒類」として定義される

✔︎完成は半年後
✔︎半年後にしぼり、上澄みが塩みりん、粕はみりん粕となる
✔︎みりん粕は料理にも使って楽しめる

たとえばみりんの場合、みりん風調味料ではなく、本みりんをオススメします。

本みりんの材料:もち米・米麹・本格焼酎 または醸造アルコール

→→→昔ながらの製法で作られている、糀富(はなとみ)『戸田本みりん』はこちら。リカープラザ越後屋のHPへ

本みりんの中でも、醸造アルコールを使ったもの、本格焼酎を使ったものの2種類がある為、どちらかを選ぶ場合、本格焼酎使用の本みりんをオススメします。

→→→酒粕からつくった粕取り焼酎使用、糀富(はなとみ)『尾張みりん』はこちら。リカープラザ越後屋のHPへ

✴︎✴︎✴︎

基本的に「いのちある食卓」では保存料や添加物を積極的には取り入れていません。
(人からいただく食材や加工品も多いですが、それに関してはルールを決めず、感謝していただきます🙏)

✴︎✴︎✴︎

◇「いのちある食卓」の講座を受講後は、自分で作ることができるようになりますか?

作り方、素材の提案をしますので、ご自身で作ることは可能です。

醤油麹(醤油づくり用の)や米麹は、私は作っていないため、オススメのところをご紹介します。

▶︎こうじ(醤油づくり用):大徳醤油
▶︎麹:越前有機味噌蔵 マルカワみそ

追伸
醤油づくりは、仕込みから完成まで1年かかります。完成した醤油麹(醤油づくり用)からの場合、仕込みは簡単ですが、満遍なく発酵が進むように、毎日かき混ぜる必要があります。

子育てと同じように、着床(醤油の仕込み)してからは、共にいのちを育んでいきましょう。

↓↓↓
ツィッターもフォローお願いします😊