コロナウィルスと対策について

いま、コロナウィルスに関しての不安や心配が、ニュースで流れるたびに拡大拡散していますね。

ホテル業界、航空業界、飲食業界…他、不特定多数との接客があるところなど、影響が大きいのではないでしょうか。

浅草や京都も、外国人観光客がいない状況かもしれません。

我が家の近くの江ノ島も、外国人観光客はほとんどいなくなった為、閑散としています。

暗い話でどんよりしてしまいますが、私がお伝えしたいことは2つ。

✔︎対策をしっかりしていたら、不安になりすぎない
→不安にばかりフォーカスしていると、本当にその不安が的中する現実が起こります。
対策をしっかりしていたら、後は暗い世界を見るのか、明るい世界を見るのか、自分次第。明るい世界を見ていきたいですね。

✔︎独り占めではなく、愛を分かち合う世界にする
→マスクを必要以上に買い占めることは、悲しいです。みんなが欲しいと思っているし、本当に必要な人にマスクがまわらない。
前々から、家に大量にストックがあった人は、職場で配ったり、自作できる余裕のある人は、手作りマスクにしましょう。

(実際、ウィルスはマスクを通ると言われています。しかし周りから見て、マスクをしていない人は嫌でしょうから、着用した方がよいと思います。必要に応じて、ウィルス対策用のスプレーなど、併用してみましょう)

✴︎

私がお世話になっている小田真嘉さんの、お仲間の新田祐士さんの記事をご紹介します。
↓↓↓
▶︎こちらの記事を参照

有益な情報をありがとうございます。

私が実践する対策は、

✔︎鼻うがい※で、浄化と免疫力を高める
✔︎お風呂は塩・酒風呂で浄化と、身体を温める
✔︎外出時には水筒に白湯(天然塩を加えて)を入れ、持ち歩き、浄化と、身体を温める
✔︎満員電車はなるべく避けるよう、時間を前後させる
✔︎不特定多数が集まる場に、不必要には行かない


(👆味噌玉もオススメ。味噌と乾燥具材をお湯に溶かすだけで、いつでもどこでも、即席味噌汁をいただけます)

あとは、

✔︎デジタルデトックスをして、過度に情報に振り回されない
✔︎自分時間の、学びや好きなことに集中する
✔︎早寝早起きをして、体調をととのえる

ことを、引き続きやっていきます。

※お世話になっている北極流の方々がご紹介する、鼻うがいの方法
↓↓↓
鼻うがい(鼻洗浄)実践編 by羽賀ヒカル

✴︎

コロナウィルスとは別ですが、イナゴの大量発生による世界的飢餓の懸念もあります。
↓↓↓
▶︎こちらの記事参照

✴︎

食糧難や、食材の高騰が懸念され、そうなる未来を見据えるならば、いまのうちから、”生み出す術”を身につけておくことが必要です。

買ったものを食べて終わりではなく、「この食材とこの食材を組み合わせて料理してみよう!」と生み出すということです。

また発酵食や保存食は、常温で長期間保存できるものも多いので、いまのうちから準備しておくことも良いと思います。

食に限らずに仕事に関しても、生きていく術を身につけておくことが必要です。

大企業だから安泰、正社員だから安泰と、胡座をかいていると、いつか何かが起こったときに、潰しが効きません。

✔︎収入源を複数確保する
✔︎自分の資産(才能や知恵、技術など)をお金に換える
✔︎人から喜んでいただいた対価として、お金をいただく

✴︎

いま、私たち一人ひとりがどのように生きていくのか、問われている時なのだと思います。

原爆投下されたり、大震災など、歴史的に大きなことを背負ってきた日本。

いまもコロナウィルス感染者は、中国に次ぐ第2位になっていますね。(2020.2.25現在)

なぜ世界の中で日本が”選ばれて”いるのか。

それはこのような状況でも、日本人ならば乗り越えられるし、乗り越える美しい姿を見せて、世界の見本になる為かと思います。

対策をしっかりとしたなら、必要以上に悲しいニュースばかり見ずに、明るい未来を見ていきましょう。