料理の味が簡単に決まる!圧倒的に美味しい手作り麺つゆ×『戸田本みりん』

◆『戸田本みりん』ってどんなみりん?
名古屋で作られている本みりん
アルコール度数13.5~14.5度
昔ながらの製法で作られているみりんの醸造元は名古屋市内で唯一、糀富(はなとみ)だけ

◆「本みりん」と「みりん風調味料」の違いは?
1.本みりん:お米のお酒。アルコール14パーセント。もち米と米麹と焼酎(または醸造アルコール)を熟成させたもの

2.みりん風調味料:調味料。アルコール1パーセント未満。みりんの味に近づけるため、水飴などが入っている

◆『戸田本みりん』はどんな味わい?
芳醇な香りと甘味にふくらみがあり、後味も爽快。お米の甘みが感じられる。しっかりとした味や香り、風味がある為、調味料として使う際には少量でも充分に存在感がある。

◆市販の麺つゆと手作り麺つゆの違いは?
手作り麺つゆは自分が選んだ素材で、自分が好きな分量だけ作ることができる。

今回の料理で使う分の少量だけとか、今週は仕事が忙しいのでその都度作らなくていいようにまとめて作っておこうとか。

出し汁も、昆布・カツオ・煮干し・椎茸など、好みに合わせて変化させることができる。

またどの酒を使うか、どの醤油を使うか、どのみりんを使うかによっても、それぞれで味わいが変わってきて、自分好みの麺つゆを作ることができる。

一度麺つゆを作っておけば、煮物だって、野菜炒めだって、炊き込みごはんだって、簡単に味が決まります。

ぜひ、手作り麺つゆを楽しんでみてくださいね。

◆手作り麺つゆ×『戸田本みりん』

出し汁(昆布):300cc
☆醤油:100cc
☆酒:100cc
☆戸田本みりん:100cc

1.出し汁:☆=1:1の割合で、混ぜ合わせる
2.保存容器に入れ冷蔵保存

料理はひと手間かけることが美味しさに繋がる。

時短・簡単が流行る世の中ですが、心と身体に余裕があるときには、ひと手間かけていきましょう。

そのひと手間が、食卓での笑顔に繋がります。

1.お米2合を研ぎ、ざるにあげ水気を自然に切っておく

2.(1)を入れた釜に麺つゆ100ccを入れて、2合分の水加減にセット

3.水気を十分に切った具材をその上からのせて、炊飯する

4.炊き上がりしゃもじで混ぜながら、塩をパラパラと加え、お好みの味にととのえる

↓↓↓

追伸
女神ごはんでは、千葉県台風15号被害へのチャリティ企画をしています。新作おむすびを数種類食べることができる、おむすびブッフェと味噌汁。こちらの味噌汁(もしくは味噌粕汁)に戸田みりんをお入れします。
この機会にお越しください^^

日時:10/14(月祝)12:00〜14:00
会費:¥2,000
会場:小田急江ノ島線本鵠沼(ほんくげぬま)駅から徒歩3分

▷▷▷詳細はこちら

◆『戸田本みりん』はどこで買えるの?
1.糀富(はなとみ)
住所:📮454-0962
愛知県名古屋市中川区戸田3丁目501-1
TEL:☎︎052-301-8101

👉👉👉問い合わせ・注文はこちら

2.リカープラザ越後屋
住所:📮242-0007
神奈川県大和市中央林間4-2-34
TEL:☎︎046-275-1238

👉👉👉購入はこちら

より本格的な本みりん(もち米・米麹・本格焼酎)の『尾張みりん』もオススメです😊

ぜひ購入してみてくださいね^^

📩女神ごはんのイベントや講座、料理教室のお問い合わせはこちら