塩麹で柔らかくなり、抜群に旨味もアップ。豚丼×『戸田本みりん』

◆『戸田本みりん』ってどんなみりん?
名古屋で作られている本みりん
アルコール度数13.5~14.5度
昔ながらの製法で作られているみりんの醸造元は名古屋市内で唯一、糀富(はなとみ)だけ

◆「本みりん」と「みりん風調味料」の違いは?
1.本みりん:お米のお酒。アルコール14パーセント。もち米と米麹と焼酎(または醸造アルコール)を熟成させたもの

2.みりん風調味料:調味料。アルコール1パーセント未満。みりんの味に近づけるため、水飴などが入っている

◆『戸田本みりん』はどんな味わい?
芳醇な香りと甘味にふくらみがあり、後味も爽快。お米の甘みが感じられる。しっかりとした味や香り、風味がある為、調味料として使う際には少量でも充分に存在感がある。

◆事前に豚肉を塩麹で揉み込む
塩麹の麹菌の中の酵素の働きで柔らかくし、旨味もアップさせる

-なぜ塩麹で柔らかくなるの?
塩麹や醤油麹は、米麹と塩、米麹と醤油からできている。
麹菌には複数の酵素が含まれており、その酵素のひとつであるプロテアーゼは、肉のたんぱく質を分解する働きがある。

その結果、柔らかくなります。

-揉み込み時間はどれくらい?
肉の厚さによりますが、20〜30分程度です。

◆豚丼×『戸田本みりん』
4人分
豚肉:300g
玉ねぎ:中1個
塩麹:大さじ2
お米:2合

☆酒:大さじ3
☆戸田本みりん:大さじ3
☆醤油:大さじ3
☆天然塩:大さじ1
☆きび糖:大さじ1
☆出し汁(鰹節):200cc

事前準備
お米2合の炊飯をセットしておく

1.豚肉に塩麹大さじ2を揉み込み、20〜30分おいておく
2.その間に玉ねぎを細めのくし切りにし、中火で熱したフライパンに油をひき玉ねぎを炒める
3.(1)を(2)のフライパンに入れ、豚肉全体に火が通るまで炒める
4.フライパンの中に、混ぜ合わせた調味液(☆)を入れ、蓋をして弱火で煮詰める
5.玉ねぎが半透明色でしんなり柔らかくなっていたら完成

◆『戸田本みりん』はどこで買えるの?
1.糀富(はなとみ)
住所:📮454-0962
愛知県名古屋市中川区戸田3丁目501-1
TEL:☎︎052-301-8101

👉👉👉問い合わせ・注文はこちら

2.リカープラザ越後屋
住所:📮242-0007
神奈川県大和市中央林間4-2-34
TEL:☎︎046-275-1238

👉👉👉購入はこちら

ちなみに、より本格的に作られた本みりん(もち米・米麹・本格焼酎)の『尾張みりん』もオススメです😊

ぜひ購入してみてくださいね^^

追伸
女神ごはんでは千葉県台風15号被害へのチャリティ企画をしています。新作おむすびを数種類食べることができる、おむすびブッフェ。どうぞお楽しみに^^
10/14(月祝)12:00〜14:00
¥2,000
小田急江ノ島線本鵠沼(ほんくげぬま)駅から徒歩3分
▷▷▷詳細はこちら

📩女神ごはんのイベントや講座、料理教室のお問い合わせはこちら