料理上手になるには?本物の調味料のススメ。昔ながらの製法で作られている『戸田本みりん』

◆『戸田本みりん』ってどんなみりん?
名古屋で作られている本みりん
アルコール度数13.5~14.5度
昔ながらの製法で作られているみりんの醸造元は名古屋市内で唯一、糀富(はなとみ)だけ

◆「本みりん」と「みりん風調味料」の違いは?
1.本みりん:お米のお酒。アルコール14パーセント。もち米と米麹と焼酎(または醸造アルコール)を熟成させたもの

2.みりん風調味料:調味料。アルコール1パーセント未満。みりんの味に近づけるため、水飴などが入っている

◆『戸田本みりん』はどんな味わい?
芳醇な香りと甘味にふくらみがあり、後味も爽快。お米の甘みが感じられる。しっかりとした味や香り、風味がある為、調味料として使う際には少量でも充分に存在感がある。

◆秋刀魚の蒲焼×『戸田本みりん』

秋刀魚(三枚おろし※):2尾
小麦粉:適量
☆しょうゆ:大2
☆戸田本みりん:大2
☆酒:大2
☆きび糖:大1

1.秋刀魚に小麦粉をまぶす
2.フライパンに油をひき、秋刀魚を片面ずつ焼く(中火) ※先に皮の部分から焼く→皮2分:身1分
3.フライパンの火を弱火にして、タレ(☆)を(2)に入れ、秋刀魚と絡めながら煮詰めていく→1分

※三枚おろし…右身、左身、中骨の3つの部分に切り分ける魚のさばき方

◆『戸田本みりん』はどこで買えるの?
1.糀富(はなとみ)
住所:📮454-0962
愛知県名古屋市中川区戸田3丁目501-1
TEL:☎︎052-301-8101

👉👉👉問い合わせ・注文はこちら

2.リカープラザ越後屋
住所:📮242-0007
神奈川県大和市中央林間4-2-34
TEL:☎︎046-275-1238

👉👉👉購入はこちら

ぜひ購入してみてくださいね^^

📩女神ごはんのイベントや講座、料理教室のお問い合わせはこちら

【秋の味覚♡秋刀魚の炊き込みごはん】〜二十四節気と季節のごはん〜

『秋分』の期間(9/23〜10/7)の今の旬の食材は、

秋刀魚・栗・イチジク・梨・ぶどう・松茸など

というわけで、今夜は秋刀魚の炊き込みごはん。

秋刀魚(さんま)は、形も色も刀に似ていて、”秋にとれる刀のような魚”ということから名づけられたようです。

ちなみに秋刀魚は塩焼きが1番好きなので、今年初の秋刀魚は塩焼きにしました😊

◆秋の味覚♡秋刀魚の炊き込みごはん

お米:2合
生の秋刀魚:2尾(下処理済み)
酒:大さじ2
醤油:大さじ1
みりん:大さじ2
天然塩:適量
生姜:ひとかけら
(ねぎや大葉など薬味はお好みで)

1.お米2合を研ぎ、30分から1時間浸水
(→お米が吸水して1.3倍に膨らむ)

2.一度ざるにあげ水気を切り、
その後、酒・醤油・みりんを混ぜた水で2合分の分量でセット
細切りにした生姜をお米の上に満遍なく置く

3.焼いた秋刀魚を(2)の上に置いて炊飯

4.炊き上がり、秋刀魚を一度取り出してほぐし、身の部分のみ釜に戻す。
ごはんと混ぜながら、天然塩で味をととのえる

旬の食材を取り入れて、心も身体もととのえていきましょう^^

食べて目覚める いのち輝く 女神ごはん
〜心と身体を作るごはんを毎日の食卓から〜

📩お問い合わせはこちら

【チャリティ】千葉県台風15号被害 新作『祈りのおむすび』試食会

様々な具材のおむすびが並ぶ”おむすびブッフェ”では、あなた好みのおむすびに出会えます。

【チャリティ】千葉県台風15号被害 新作『祈りのおむすび』試食会

女神ごはんの「祈りのおむすび」は現在「具なし」の塩むすびですが、「具あり」バージョンも作りたいと思っています。

「祈りのおむすび」とは?
《おむすびを元気玉と見立てて、相手の幸せを祈りながら結びます。
その方が、食べて明るく元気になり、その先歩き出すところまで、リアルにイメージしながら結んでいます。
その為、結びたての「祈りのおむすび」は”命の誕生”のように、お米一粒一粒がぴかぴかキラキラと輝いています》

おむすびを通して笑顔が増え、幸せな食卓が広がりますように^^

◆内容
新作『祈りのおむすび』を数種類いただく”おむすびブッフェ”と『大地の味噌汁』を食べて楽しむ

《新作おむすびメニュー参考例》
※当日お出しする新作おむすびは直前に決まりますので、下記は参考例となります。

1.【鮭ゆかりおむすび】
自家製ゆかりごはん+銀鮭
2.【たぬきときつねの仲良しおむすび】
天かす+おあげ+おかか
3.【ダブル昆布おむすび】
昆布の佃煮+とろろ昆布
4.【梅じゃこおむすび】
自家製梅干し+ちりめんじゃこ
5.【甘味噌おむすび】
甘味噌(「祈りの味噌」+甜菜糖)+金ごま

◆日時
第1回:9/23(月祝)12:00〜14:00→終了
第2回:9/29(日)12:00〜14:00→終了
第3回:10/14(月祝)12:00〜14:00
※全日程同じ内容です

◆会場
湘南AQUA(自宅サロン)
小田急江ノ島線本鵠沼(ほんくげぬま)駅から徒歩3分

◆会費
¥2,000
👉経費を除いた全利益は、現地で活動している「▷▷▷TSUNAGARI(つながり)※」さんに寄付します。

※寄付先であるTSUNAGARIさんはいつも行動が早く、実績もあり、仲間が複数関わっていて信頼のおける団体だからです。

この機会にぜひお越しください🙏

◆詳細&申し込みはこちらへ

🆕第3回:10/14(月祝)
【チャリティ】千葉県台風15号被害 新作祈りのおむすび試食会の参加申し込みはこちら

食べて目覚める いのち輝く 女神ごはん
〜心と身体を作るごはんを毎日の食卓から〜

《祈りのおむすび:100g》
お米:岩手ひとめぼれ
天然塩:伊豆大島 深層海塩『ハマネ』
海苔:有明産 焼きたて海苔 本場海苔問屋

【栗ごはん】二十四節気と季節のごはん

朝晩めっきり涼しくなってきましたね。
新暦9月8日頃からは、夜、大気が冷えて、朝になると草花に白露(しらつゆ)を結び始める頃で秋の気配が増していきます。

白露(はくろ)とは二十四節気の1つで、

「草木に白い露が見られるようになる時期」を意味します。

新暦では9月7日~8日ごろで年によって変わります。(ちなみに2019年の白露は9月8日)

→二十四節気ってなんですか?

 

二十四節気のそれぞれの節気には、その日1日を意味する場合と、次の節気までの期間を意味する場合があります。

2019年の白露であれば、

・日付:2019年9月8日

・期間:20199月8日~9月22日


◆白露の旬の食べ物

すだち・ぶどう・イチジク・梨・栗・松茸・秋刀魚


というわけで、本日は土鍋で栗ごはんです。

栗と言えば鬼皮を剥くのが面倒ですよね。。

でも、沸騰したお湯で3分茹でてから鬼皮を剥くと、ぺろんとはがれやすいのでぜひやってみてくださいね。

もしくは、剥き栗を買ってしまっても構いません(笑)


◆生栗の下処理

1.生栗を熱湯で3分ゆでる
2.栗の底の部分に数カ所、包丁で切り込みを入れる
3.その切込みに包丁の角をひっかけ、鬼皮をぺろんと剥がすように剥く
(上下左右と4分割にして剥くとよい)
4.鬼皮が剥けたら、渋皮は包丁で薄く剥いていく

 

◆秋の味覚♡栗ごはん

お米:2合(内、もち米:ひとつかみ)

酒:大さじ1

栗:15〜18個

天然塩:適量

黒ごま:お好みで

1.もち米をひとつかみ混ぜた、お米2合を研ぎ、30分から1時間浸水

(→お米が吸水して1.3倍に膨らむ)

2.一度ざるにあげ水気を切り、

その後、酒大さじ1を混ぜた水で2合分の分量でセット

3.剥いた栗をお米の上に置いて炊飯

4.炊き上がり、天然塩で味をととのえる

旬の食材を取り入れて、心も身体もととのえていきましょう^^

食べて目覚める いのち輝く 女神ごはん

〜心と身体を作るごはんを毎日の食卓から〜

#祈りの土鍋ごはんレシピ100

明日の美味しさは今日仕込む

【1年後の未来からダウンロードして、「今」の行動をする】

「自分で作った梅酒、飲みたいな」
「手作りの梅干し、食べたいな」
「果実酒も作ってみたい〜」
「手前味噌の味、どんななんだろう?」

そんな思いを叶えたいなら、いまから行動。

今年できなかったから、来年時間があったらやってみようかな〜。

時間があれば・・・

予定が合えば・・・

そんな感じだと、また来年もできない可能性が高い

大切なのは、1年後の未来にどんな自分でいたいのか?

私の場合の1年後は、

自家製梅酒2種飲み比べ
・黒糖焼酎梅酒
・ウィスキー梅酒(来年は仕込もう!)

自家製梅干し
・梅干し(塩分18%)
・はちみつ梅干し

自家製味噌

自家製ぬかづけ

自家製醤油

自家製みりん

その他、自家製発酵調味料
(豆板醤・塩麹・醤油麹・醤など)

顔が見える関係の米農家さんの自然栽培米

→お米は精米直後が一番おいしいため、まとめ買いはせずに、使う分だけ買う

自分や友人、仲間の畑で採れた野菜

土鍋ごはん

自分や友人の手作りのお皿

これらが並ぶ食卓でありたい。

1.季節の手仕事。

2.旬の食材で春夏秋冬を味わう。

3.二十四節気に合わせた食材をいただく。
4.自家製調味料。
5.心のこもった手作りのもの。

6.日本の行事を大切にする。

こだわっているのは「それらが生きているかどうか」

生きている「いのち」だから「光」のごはんとなる。
食べることで、自分の身体に「光」を取り込む。

味噌づくりを始めようと思った当初、初めてでわからなかったので、手作り味噌セットを買ってみました。

容器までついていたし、説明はとってもわかりやすく書いていましたが、

毎日仕事で忙しく、大豆の浸水や茹で作業に腰が引けてしまい、結局やらず終いでした(笑)

その翌年は味噌作りのワークショップに参加し、さらにその翌年からは女神ごはんの味噌づくりを始め、

手前味噌づくりは今年で5年目になります。

でも当初の「味噌づくりキット」を取り寄せたときから、未来から見て、いまの行動を決めていたとしたら、

現状→
面倒だなぁ。
仕事で疲れてるからゴロゴロしたい。
時間ないし。

未来→
手前味噌が美味しく出来上がった
毎日のお味噌汁が美味しい
美味しくできたから、味噌玉※にしてみんなにお裾分けしよう!

※お湯を注ぐだけで即席味噌汁ができる『味噌玉』


そんな未来からダウンロードして、いまの行動を決める

「よし、やってみよう!」

そんな風に「いま」を決めることができるかもしれない

いつかやろうではなく、「いま」やる

そうやって望む未来から、いまの行動を決めていきましょう。

いまの小さな積み重ねが未来へと繋がります。

追伸
祈りの味噌づくり2020は

関係者向けを11月からスタートし、一般向けを12月・1月・2月の三か月間で開催します。

お楽しみに。