女神ごはんが目指す『幸せな食卓』は、『魔女の宅急便』に出てくる街のパン屋さん

子供の頃に観た『魔女の宅急便』

その中に出てくるパン屋さんにものすごく影響を受けました。
(パン屋さんの名前はグーチョキパン店だとか😊)

「将来何になりたいの?」
子供のときによく聞かれる質問。

深い考えなんて何もなく、とっさに浮かんできた答えは、「街のパン屋さんになりたい!」でした。

なぜ、街のパン屋さん?

それは私にとって『幸せな食卓』の象徴だったから。

愛に溢れたパン屋の女店主、おソノさん。

知らない街に突然現れたキキに、自分の娘のように接してくれます。

部屋を貸して住まわせてくれたり、配達をして仕事していいよと、店の電話を使わせてくれたり。

街の人からも愛されていて、長年おつきあいのある常連のお客様ばかり。

このパン屋さんのパンは絶対美味しいし、ここで食べるごはんは絶対美味しいってわかる。

なぜなら愛に溢れているから。


▲梅漬け3キロ分:途中経過

なりたいものが、例えばパン屋さん、ケーキ屋さん、お花屋さんだったなら、

パン、ケーキ、お花にこだわっているわけではなく、

(職人として独立を!と、こだわっている方もいますが、ぼんやりと思い浮かんでいる人の場合)

その手段を使い、周りの人に笑顔を届けたい

喜びが広がって、世界が平和になったらいいな

憎しみ合いがなくなり、戦争がなくなったらいいな

子供の時の私は、そんな想いで「街のパン屋さんになりたい!」と思ったのです。

だからそれを叶えられるなら、パンだってケーキだってお花だって、なんだっていいのです。

これが女神ごはんの原体験です。

そうして今は、女神ごはんを通して『幸せな食卓』を広げています。

もしもあなたがなりたい姿があるのなら、なぜそれになりたいのか?を探求してみてくださいね。

根っこの部分が叶えられるなら、その職業にこだわらなくてもよいのかもしれません^^