『徳を積む』とは、四方よしな行いをすること。陰徳と陽徳の違いとは?

徳を積むという行動。

徳を積むとは「四方よし※な行動をすること」

※「売り手よし」「買い手よし」「世間よし」に加えて「天よし」で『四方よし』

⇨三方よし:近江商人の思想・行動哲学

売り手よし(≒自分よし)だけなら、ひとりよがり。

良かれと思って押し付けでやることではありません。

押し付けは、ただのありがた迷惑。

相手が何をしたら喜ぶのか、いま何を欲しているのか考える時間も、魂が喜ぶ時間となります。

たとえば

プレゼントにおいても、
花やケーキが一般的ですが、

本当に相手は喜んでいるのでしょうか?

喜んでいるなら続ければいいし、もしも物欲がない相手なら『形ないもの』でも喜んでくれると思います。

起業家なら、「人」や「情報」というご縁をつないだり、ビジネスの知恵を授ける

お母さんなら、『今日は1日ゆっくり休んでね券』をプレゼントして、家族みんなでごはんを作る

お父さんなら、晩酌に付き合ってあげたり、外でデートしてあげたり(笑)

そんな「時間」や「体験」のプレゼントも喜びとなります。

そのように自分ばかり、相手ばかりに偏らず、「自分」「相手」「世間」「天」と4つのバランスが取れ、全てが喜ぶことが大切です。

そして徳を積むことにおいては、大それたことをしなくてもよいのです。

たとえば

✴︎期限や時間を守る
✴︎笑顔で接する
✴︎言葉で人を元気にする
✴︎自分の話ばかりせず、相手の話を聞く
✴︎家族や職場の人への感謝を表現する
✴︎ありがとうを伝える
✴︎お支払いは喜んでする

など

その中でも「陰徳」と「陽徳」に分かれますが、

★陰徳は
「人知れず」やること

人知れず、被災地へ寄付を続けるとか、
足長おじさんとして匿名で寄付をするとか、

誰にも知られなくてもやること
見返りを求めない
ただ自分がやりたいからやる
出しゃばらない

★陽徳は
「知られるように」やる

「私がやりました」とアピール
見返りを求める
我が入る
でしゃばる
損得勘定がある

陰徳は、その徳が何代も続き、
陽徳は、その徳が一代限りとなる。

陰でも陽でもどちらにせよ、徳を積むことは素晴らしいことです。

入り口は陽徳からでもよいと思います。

私の脳内では、ファーストステージが陽徳、そこからセカンドステージは陰徳というような二段階に分かれているイメージ😊

陰徳ステージにいる方も、みな、陽徳ステージを経験してきているのです。

誰しも未熟で完璧ではないし、
魂磨きをするために今世に生まれてきている。

せっせと徳を積んでも、一度の過ちや裏切りで、一瞬で積み上げた徳がなくなってしまうかもしれない。

それでも前を向き、信じてやり続ける。

少しずつ、小さな徳を積み重ねていく。

そうすれば人生の大ピンチの時に神風が吹いたり、何気ない日常にびっくりするほどの嬉しいプレゼントがあったりするのです。

息を吐くように徳を積み、当たり前に陰徳のステージで生きていきたいものですね。

料理も同じ。

出しゃばらない人のごはんは、出しゃばらないものになるし、

角のある人のごはんは、角のあるものになる。

見返りを求める人のごはんは、見返りを求める空気を感じるから食べていて落ち着かない。

美味しいって言わなきゃいけないかな?なんて考えてしまう(笑)

だからそもそも、その人となりを見て、「〇〇さんのごはんが食べたい」と思う。

日々徳を積み、「あなたのごはんが食べたい」と言われる人になりましょう😊

女神ごはんの講座やイベントにご興味をお持ちの方は、下記までご連絡ください。

女神ごはん事務局
📩megamigohan★gmail.com
(★を@に変えてください)

祈りのおむすびコラムvol.3〜神社奉納と直会(なおらい)について〜


祈りのおむすびコラム vol.3 2019.2.7

◆神社奉納と直会(なおらい)について

女神ごはんで「祈りのおむすび」の神社奉納をさせていただいている経緯は、

ミラクルヒーラー山本咲希さんからご紹介していただいたのがきっかけです。

私は2年くらい前から毎日、神社参拝をしていますが、ふと「女神ごはんも奉納できるのかな?」と思ったことがきっかけです。

そのインスピレーションが湧いてきたのは、“鎌倉の縁結び”葛原岡神社での参拝後に、境内を歩いているときでした。

前々から神社奉納に興味はありましたが、奉納と言えばお酒や果物などの印象しかなく、調理されたものの奉納ができるかどうかはわかりませんでした。

すぐに咲希さんに連絡したところ、神社の神職の方をご紹介いただきました。

すると、調理されたものでも大丈夫とのことでした。

そもそも昔は、調理されたものを神様のお食事としてお出ししていましたが、

現代では、様々な理由から、生のままのものが多くなっているようです。

(いまでも伊勢神宮では朝晩、火を入れて調理された神様のお食事をお出ししていると聞きます。)

◆神饌(しんせん)について(神社本庁HP)
お祭りなどで神様に献上するお食事のこと。
生のまま備えられる生饌(せいせん)と調理したものを備えられる熟饌(じゅくせん)がある

◆直会(なおらい)とは(神社本庁HP)
祭りの終了後に、神前に供えられた御饌御酒(みけみき)を神職をはじめ、参列者の方々で戴くこと
この共食により、神と人とが一体となることが、直会の根本的意義であるということができます。

「祈りのおむすび」の神社奉納について

「祈りのおむすび」の神社奉納について2/20(水)⛩春日神社(東京都町田市)2/24(日)⛩金吾龍神社(東京都渋谷区)↓3/3(日)残3【東京】おむすび1つから日本中に幸せを広げる「祈りのおむすび」教室 〜おむすびプロジェクト〜

松田 智子さんの投稿 2019年2月6日水曜日

🍙今回のおむすびに使用したもの
米:北海道産 ゆめぴりか
塩:パキスタン産ヒマラヤ岩塩 女神塩
用意するもの 氷水




ご神事のときに集まる「神様へのお供え」は種類も量もたくさんあり、神様がとっても喜んでいるように感じます。

人と同じで、自分のためを思ってお食事やお菓子を準備して持ってきてくれ、日頃の感謝を報告してくれたりしたら、とってもうれしいですよね♪

祈りのおむすびコラムvol.2~お米のうま味成分である保水膜は、美味しさを持続させる~

⬆︎今回のお米はゆめぴりかだよ〜


祈りのおむすびコラム vol.2 2019.2.6

◆お米のうま味成分である保水膜は、美味しさを持続させる

保水膜とは?
ー米粒の表面にある水分を保持する膜

保水膜とはお米が炊き上がるときに、うま味とでんぷんが溶け出して作る膜のこと。
その厚みによるモチモチふっくらかん感がお米のおいしさを決める。

炊き上がりに混ぜる際に、保水膜はできる。
保水膜がしっかりしていると時間がたってもおいしいお米となる。

お米のうま味はどこにある?

『米は浸水することで美味しさと栄養素が増す』

米を水に浸すと、米の中から成分が溶け出してきて、上質の甘味を持ちます。
また、体にもよいマルトオリゴ糖が形成され、ご飯の味を良くします。

さらに体に有益なアミノ酸の量を増やし、浸水することで
残った胚芽からは脳の血流を促し、血圧を下げるなどの効果で知られるギャバが形成される。

米のデンプンは水と熱を加えると糊化(こか)※します。
※糊化とは…デンプンを水と過熱することで糊(のり)状になること

この現象をα化といいますが、美味しいご飯を炊くには十分にα化することが重要です。

お米の芯まで充分に水を吸収させて熱が芯まで届くようにすることで、
ふっくらした芯のない美味しいご飯が炊き上がるのです。

米は最低でも1時間、最適には2時間は浸水させましょう。
ー宮崎の米 『米専家かわさき』HPより

「祈りのおむすび」を、ごはん炊き立ての熱々の状態で結ぶのはなぜ?

米のデンプンが水と過熱により糊状になる、そのデンプンを使い、米粒それぞれをくっつけているため。
力を入れて結ぶのではなく、力を入れずに結ぶ。

そうすると外はしっかりとくっつき、中はふんわりふわふわのままの口当たりの良いおむすびとなる。

熱々の状態で結ぶため、事前に氷水で手をキンキンに冷やしておく。

祈りのおむすび

いまから祈りのおむすびを結びます。↓3/3(日)東京・代々木上原残3【東京】おむすび1つから日本中に幸せを広げる「祈りのおむすび」教室 〜おむすびプロジェクト〜

松田 智子さんの投稿 2019年2月5日火曜日

🍙今回のおむすびに使用したもの
米:北海道産 ゆめぴりか
塩:伊豆諸島最南端・青ヶ島産 ひんぎゃの塩
用意するもの 氷水

祈りのおむすびコラムvol.1〜「おにぎり」と「おむすび」の形における違い〜

⬆︎祈りのおむすびは丸にしてから三角にする、「丸三角」の形です。角のない三角を作る為、この結び方でやっています。


祈りのおむすびコラム vol.1 2019.2.5(旧暦正月)

◆「おにぎり」と「おむすび」の形における違い

古事記に出てくる三柱(みはしら)の神

「天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)」
「高御産巣日神(たかみむすびのかみ)」
「神産巣日神(かみむすびのかみ)」

は、天と地が別れてはじめて現れた神様の名前で造化三神(ぞうかさんしん)とよばれています。

そのうち、高御産巣日神(たかみむすびのかみ)と神産巣日神(かみむすびのかみ)に共通する言葉「産巣日(むすび)」に注目。

これは天地万物を生み出す神霊(しんれい)
またはその霊妙な力を意味しています。

当時の日本人は山を神格化して、その神の力を授かるために米を山型(神の形)に象って(かたどって)食べた・・・それが「おむすび」の始まりと言われている。

よって「おむすび」は三角形でなくてはなりません。このように、形状を問わない「おにぎり」とは根本的な違いが見られます。
〜おにぎり倶楽部 HPより〜


先日1/27(日)に開催された中村千登勢さんのギャザリングスペースである『ミラコスモス』のオープニングパーティ(2日目)にて、

パーティ料理を担当させていただきました😊

10品24名分?かな〜。
もはや何名なのかわからないくらい大盛況でしたね^^

当日お出しした「祈りのおむすび」の様子はこちら
↓↓↓

女神ごはんの目玉❣️おむすび💞お結び💫ともちゃんほ、いつも祈りを込めながら光の柱を立ててお結び🍙こさえてくれてるそうです✨🌈💫みんな美味しい(๑´ڡ`๑)💖って喜びの笑顔😻

中村 千登勢さんの投稿 2019年1月26日土曜日

こちらは小学1年生の女の子がお皿を運び、食べるところまでが見どころ💕
↓↓↓

拓ちゃんシェフによる、ハンバーグのエアぱたぱたシーンも必見(笑)
むちゃぶりに対応していただきありがとうございました〜。

開催報告はこちら
↓↓↓

View this post on Instagram

🐬 中村 千登勢さん、ギャザリングスペース『ミラコスモス』Mila Cosmos 〜みんな集まる場所〜のオープンおめでとうございます😊💕 ・ 昨日は、オープニングパーティ2日目の料理を担当させていただきました。 10品24名分? もはや参加者が何名なのかわからないくらい(笑)満員御礼の大盛況でしたね^^ ・ 効率よく料理できるように、何度も頭の中でキッチンでの流れをシミュレーションし、 前々日から目的別に3箇所に買い出しに行き、前日から当日早朝まで仕込み、そして当日の朝を迎えました。 1番大変なはずのちぃちゃんが、車で我が家まで迎えに来てくれたおかげで、大量の料理や荷物をスムーズに運ぶことができました🐬 当日は久保田 拓磨シェフが朝からフルサポートしてくれ、細かい目配り&心配りを本当にありがとうございます🙏 もぐもぐたくさん食べてくださったみなさんの笑顔は、私の一生の宝物です。 また大切な思い出の1ページができました。 本物が集まる場所、ミラコスモス。 みなさん、これからもミラコスモスをどうぞよろしくお願いします🙏 (JR辻堂駅からバスで8分ですよ〜) ・ ちぃちゃん、みなさん、ありがとうございました^^ ちぃちゃん大好き💕🍙🐬 ・ #湘南 #茅ヶ崎 #辻堂 #ミラコスモス #みんな集まる場所 #笑顔が人を幸せにする #笑顔になる素敵ごはん #女神ごはん #藤沢 #本鵠沼 #祈り #祈りのおむすび

A post shared by Tomoko Matsuda (@megamigohan) on