『瞑想舞』×『女神ごはん』 〜祈りを舞う体験・祈りのごはんをいただく体験〜開催報告

「瞑想舞、素晴らしすぎる…」
「神社奉納の空間みたい…」
「これ、毎日でもやりたい…!」

9/23(秋分の日/土)に、無事に終わりました^^

【第1部:対談〜自分らしい生き方への転換〜】
対談は、Facebookでのライブ配信と、動画撮影をしました。

ライブ配信を観ていただいた方も多く、コメント欄にいただいたご質問は、その場で回答しました。

内容はこちらです。
・瞑想舞と女神ごはんについて
・祈りとは
・祈りを志事(仕事)にした起業ストーリー
・「やりたいこと」を形にするときに大切なこと
・活動する中で大事にしていること
・困難に出会った時、くじけそうな時の対処法
・想いを志事(仕事)にしたい人へ
・Q&Aタイム

私からお伝えしたことは、2つの視点を持つことの大切さです。

・視座を高くする。大きな目標は常に掲げ、そこに向かってぶれずに歩んでいく。
・目の前のことを丁寧に心を込めてやっていく。その小さな積み重ね。

何か明日への架け橋になれていたら、うれしいです。

そして、みなさん、お着替えを済ませ、第2部は瞑想舞です。

【第2部:瞑想舞】
全国各地の神社で奉納されている瞑想舞『光』を香織さんから教わり、舞いました。

参考動画はこちら

瞑想舞、さすがに数々の名だたる神社奉納をされてきているだけあって、圧巻の美しさでした。

この”美しさ”というのは、見た目に美しいだけではなく、内側の目に見えない部分も美しいということです。

みなさん、その世界観に浸り、静かにじんわりと感動しながら舞っていた様が、とても印象的でした。

香織さんが1つ1つの動きに、理由も加えて説明してくださるので、みなさん、1つ1つ腑に落としながら進行していきました。

舞えば舞うほど満たされていくので、名残惜しく終了〜。

お次は女神ごはんの登場です。

【第3部:女神ごはん】
「祈り」「浄化」「食材」を三本柱に
作った人も食べた人も幸せになる女神ごはん。

女神ごはんはこちら

さて、瞑想舞の余韻に浸りたいところですが、女神ごはんにバトンタッチ。

おなかへったぁ〜。

はじめに、女神ごはんの説明をさせていただき、実食。

いただきまーす♡

おなかも落ち着いたところで、女神のおむすびの出番です。

私から、祈りながら結ぶ説明をさせていただき、みなさんにも結んでいただきました。

・結ぶときは力を入れない
・手の中のおむすびは、光の玉をイメージ
・「目の前の方を含む、世界中の方々が元気で幸せになりますように」と祈る
・丸くした後に三角にすると、角のない”まるさんかく”の形になる

そして、私のおむすびと、ご自身のおむすびを食べ比べていただきました。

「…おいしい!」
「全然ちがーう」
「なんでこんなに甘いんだろう…」

みなさん、違いに驚いていらっしゃいました。

「祈りをこめるとこんなに違うんですね…」

そして、毎回大好評の重ね煮の味噌汁も登場〜。心に染み入り、涙を流していた方もいらっしゃいました。。


(写真は別のときのもの)

ご参加いただいた方々ありがとうございました。

またご一緒できますことを、心より楽しみにしています。