ごはんはエネルギーを伝えるもの

「優しい味がする」
「あたたかくて、癒される」
「なんだか元気になってきた」
「自然と涙が出てきちゃう…」

そんな声を、女神ごはんではたくさんいただいています。

おむすびで涙。
また、お味噌汁で涙。

なんだか伝わるものがあるようです。

私は、ごはんはエネルギーを伝えるものだと思っています。

食欲を満たす為のものではありません。
1番には、心を満たす為のものです。

だから、食の知識がどうこうの前に、まず『浄化』と『祈り』が大切なんです。

浄化とは、穢れ(けがれ)を祓う(はらう)こと。

私たちは日々、何気ない日常で、小さなストレスを溜めています。

小さなうちは気づかないふりをして過ごせますが、それが雪だるま方式にどんどんと大きくなってしまうと、ドカンと爆発してしまいますよね。

そんな状態でごはんを作ったとしたら??

負のエネルギーたっぷりのごはんが出来上がり、食べても食べても満たされないものになるでしょう。

作り手の状態って、“うつる”んです。

だから日常から浄化。
1日1日をリセットしてクリアな状態を保ちます。

100パーセント叶えることは難しいですが、諦めずに、心がけて実践することが大切です。

具体的には

1.空間の浄化
…掃除、拭き掃除、窓を開ける、お香を焚くetc.

2.身体の浄化
…お白湯を飲む、鼻うがい、塩磨き、塩風呂、酒風呂、足湯etc.

3.魂の浄化
…瞑想、神社参拝、笑う、アーシング、動く瞑想(歩く、ごみ拾い、料理など…好きなことで、あなたが無心でできること)etc.

などがあります。

たとえば、お風呂に入ると、さっぱりして気持ちいいですよね。

そのクリアな状態で、キッチンに立ちます。

と言っても、お子様や旦那様から

「ごはんまだー?」
「おなかへったー」
「晩御飯なにー?」

と“早く作って♡オーラ”を出され、煽られることも多いかと思います(笑)

一人暮らしの方でも、仕事でヘトヘトに疲れて、帰り道歩きながらでもいいから、「早く食べたい!」状態のときもありますよね(笑)

はい、私もありますよ〜。

そんな中では、なにかできることだけでいいので、やってみてください。

たとえば、料理中の窓を全開にするとか、お白湯を飲みながら料理するとか、3分間瞑想をしてから料理を始めるとか。

そうして『浄化』ができたら、次は『祈り』

祈りとは意を宣る(のる)こと。

「私はこうしていきます」と宣言し、行動します。

私の場合、

「このごはんを通して、愛と光を届けさせていただきます。
目の前の方を含む、世界中の方々が元気で幸せになりますように。」

と意宣り(=祈り)ます。

そして行動(=料理)します。

ぜひ、できる範囲で、自分に合うやり方で実践してみてくださいね。

望む世界へ行くために必要なこと。

この世界は、パラレルワールド(並行世界)

テレビのチャンネルのように、たとえば、6チャンネルの世界と、8チャンネルの世界では同じ時間帯の放送でも、全く違う世界が繰り広げられている。

たとえば、飛行機のエコノミークラスと、ファーストクラスだったなら、同じ便で同じ飛行機なのに、客層・空間・会話内容、機内食だって、全く違う世界が繰り広げられている。

あなたがどんな現実を生きたいのか。

それは、自分で選べる。

すべての選択権は、自分にある。

コーヒーを飲むのか、紅茶を飲むのか
電車に乗るのか、歩いていくのか
海に行くのか、山へ行くのか
都内に住むのか、湘南に住むのか

何気ない毎日、何気なく生きているけど、常に自分の理想像を掲げていないと、時間はあっという間に過ぎ、ただ流されてしまう。

結局、何のために生きていたのかわからないまま、人生が終わってしまう。

理想像を掲げていたら、日々の何気ない選択においての指標になります。

「今日はコーヒーじゃなくて、お白湯にしよう」
「今日は電車に乗らずに、ちょっと歩いてみよう」
「いつもは海だから、今日は山へ行ってみよう」
「都内は満喫したから、湘南に引っ越してみようかな」

そうして、望む世界へ、ひとつ、またひとつと近づいていく。

でも生きていたら、失敗だってたくさんする。未熟だから完璧にはできない。

「人のために」と動いたことだって、相手を傷つけてしまったかもしれない。

甘えて寄りかかりすぎて、相手に迷惑をかけたかもしれない。

でもその度に気付いて、反省して、頭下げて、次に進む。次に活かす。

望む未来を掲げ続ける。
理想の人生を生きると決める。
好きなことだけやる人生と決める。

人生は選択の連続。

今日、この瞬間、何を選択するのか。

私たち夫婦は、常に理想を生きるため、日常から『未来ワーク』というものをやっています。

お互いに、たとえば1年後の理想の自分として、会話をするのです。

何にも考えているつもりはなくても、ぺらぺらとしゃべっている自分が不思議(笑)

そうして、理想像を掲げ続けていたら、この湘南の家にもたどり着くことができました。

世田谷区で過ごしていた学生時代、お休みの日には、大好きな江ノ電に乗り、湘南に遊びに来ていました。

「いつか湘南に住みたいな…」と、ぼんやりと思っていた20歳の私。

それから16年経ち、いまこうして湘南に住んでいます。

紆余曲折あっても、生きていれば、楽しいことがいっぱいありますね。

あなたが望む世界へ行くために必要なこと。

それは『想像力』、そして『行動力』

理想の未来を掲げ続けて、そしてそこへ向かって、小さなことから行動を積み重ねていく。

失敗しても、くじけても、ちゃんと、どん底まで落ち込んで、また元気になったら動き出せばいい。

まずはあなたも、理想の未来を思い描いてみてくださいね。

飛行機に乗るのなら、”幸せ”行きを選択して、乗ってください。そしたら目的地は”幸せ”という場所なので。

『瞑想舞』×『女神ごはん』 〜祈りを舞う体験・祈りのごはんをいただく体験〜開催報告

「瞑想舞、素晴らしすぎる…」
「神社奉納の空間みたい…」
「これ、毎日でもやりたい…!」

9/23(秋分の日/土)に、無事に終わりました^^

【第1部:対談〜自分らしい生き方への転換〜】
対談は、Facebookでのライブ配信と、動画撮影をしました。

ライブ配信を観ていただいた方も多く、コメント欄にいただいたご質問は、その場で回答しました。

内容はこちらです。
・瞑想舞と女神ごはんについて
・祈りとは
・祈りを志事(仕事)にした起業ストーリー
・「やりたいこと」を形にするときに大切なこと
・活動する中で大事にしていること
・困難に出会った時、くじけそうな時の対処法
・想いを志事(仕事)にしたい人へ
・Q&Aタイム

私からお伝えしたことは、2つの視点を持つことの大切さです。

・視座を高くする。大きな目標は常に掲げ、そこに向かってぶれずに歩んでいく。
・目の前のことを丁寧に心を込めてやっていく。その小さな積み重ね。

何か明日への架け橋になれていたら、うれしいです。

そして、みなさん、お着替えを済ませ、第2部は瞑想舞です。

【第2部:瞑想舞】
全国各地の神社で奉納されている瞑想舞『光』を香織さんから教わり、舞いました。

参考動画はこちら

瞑想舞、さすがに数々の名だたる神社奉納をされてきているだけあって、圧巻の美しさでした。

この”美しさ”というのは、見た目に美しいだけではなく、内側の目に見えない部分も美しいということです。

みなさん、その世界観に浸り、静かにじんわりと感動しながら舞っていた様が、とても印象的でした。

香織さんが1つ1つの動きに、理由も加えて説明してくださるので、みなさん、1つ1つ腑に落としながら進行していきました。

舞えば舞うほど満たされていくので、名残惜しく終了〜。

お次は女神ごはんの登場です。

【第3部:女神ごはん】
「祈り」「浄化」「食材」を三本柱に
作った人も食べた人も幸せになる女神ごはん。

女神ごはんはこちら

さて、瞑想舞の余韻に浸りたいところですが、女神ごはんにバトンタッチ。

おなかへったぁ〜。

はじめに、女神ごはんの説明をさせていただき、実食。

いただきまーす♡

おなかも落ち着いたところで、女神のおむすびの出番です。

私から、祈りながら結ぶ説明をさせていただき、みなさんにも結んでいただきました。

・結ぶときは力を入れない
・手の中のおむすびは、光の玉をイメージ
・「目の前の方を含む、世界中の方々が元気で幸せになりますように」と祈る
・丸くした後に三角にすると、角のない”まるさんかく”の形になる

そして、私のおむすびと、ご自身のおむすびを食べ比べていただきました。

「…おいしい!」
「全然ちがーう」
「なんでこんなに甘いんだろう…」

みなさん、違いに驚いていらっしゃいました。

「祈りをこめるとこんなに違うんですね…」

そして、毎回大好評の重ね煮の味噌汁も登場〜。心に染み入り、涙を流していた方もいらっしゃいました。。


(写真は別のときのもの)

ご参加いただいた方々ありがとうございました。

またご一緒できますことを、心より楽しみにしています。

【募集】10月・11月おむすび会

「…おいしい!」
「なんでこんなに甘いんだろう」
「自分で結んだおむすびと、全然違う…!」

 

こんにちは。
女神ごはん主宰の松田智子です。

このおむすび会は、おむすびを結んで、いただくという体験をする会です。

 

 

女神ごはんで作る『女神のおむすび』では、

ご縁の神様に向けて、「このご縁を通して、愛と光を届けさせていただきます」と祈りながら結びます。

食材との良きご縁
人との良きご縁
場所との良きご縁
情報との良きご縁

世の中には、いろいろな良きご縁がありますよね。

祈りながら結ぶ『女神のおむすび』は、結べば結ぶほど、自分が満たされ、周りへもその喜びの波動が広がっていきます。

自分で結んだおむすびと、私が結んだおむすびの食べ比べをしていただきます。

その場で違いを体感して、気づきを得て、実生活に活かしていただきたいなと思います。

 

★こんな方にオススメ♪

・女神ごはんに興味がある
・おむすびが大好き
・料理が苦手で、何から始めたらいいかわからない
・女神ごはんを通して素敵な仲間がほしい
・女神ごはんを作りたい

 

★日時

10/14(土)12:00〜14:00
10/29(日)12:00〜14:00
11/11(土)12:00〜14:00
11/12(日)12:00〜14:00
11/19(日)12:00〜14:00
11/29(水)12:00〜14:00

※日時の希望があれば調整いたしますのでお知らせください。(平日開催可能)

 

★ 当日の流れ

1.女神ごはんとは?

2.祈りとは、意を宣る(のる)こと
〜お米、一粒ひと粒にこもる祈り〜

3.女神のおむすびを体感する
-結ぶ
-いただく

4.いただきますの意味・いただきます(実食)

5.いのち輝く”重ね煮”調理法の味噌汁の紹介

6.感想・シェアタイム

 

実際におむすびを結んで、いただくという、シンプルな体験ですが、シンプルだからこそ、気づきもあります。

また、毎回大好評の重ね煮の味噌汁も、一緒にいただきましょう。

 

★参加費・事前振込

3900円(正規)
3000円(※ シェア割)

※シェア割:
参加後、『松田智子』をFacebookでタグ付け、『女神ごはん』『おむすび会』の2つのキーワードを入れてご感想をお書きいただく場合、適用。
(ブログ・InstagramもOK)

 

★会場

『湘南AQUA』(自宅サロン)
小田急江ノ島線本鵠沼(ほんくげぬま)駅から徒歩3分

※ご参加申込の方に道案内お送りします。

 

★ 特典

オンラインセッション45分(8800円相当)希望者のみ

 

★参加申し込み

📩 venusairways☆yahoo.co.jp
(☆を@に変えて)
まで下記を記載の上、お送りください。

 

件名:【◯月◯日おむすび会】

本文:
1.お名前
2.携帯番号(当日連絡先として)
3.当日得たいこと
4.女神ごはんを知ったきっかけ

 

★追伸

女神ごはんは祈りのごはんです。
作る方も食べる方も、心も身体も満たされます。
この会で体感して得た気づきを、実生活に活かしていき、笑顔いっぱいの幸せな食卓が増え、世界が平和になりますように。

ゆるゆる夢を叶える♡『スピリチュアル女子会』×『女神ごはん』in湘南 開催報告

ミラクルヒーラー山本咲希さんとの初コラボ、無事に終わりました♡

▶︎ミラクルヒーラー山本咲希さんはこんな方です。

バシャールという高次の存在が、咲希さんを通して、いろいろなメッセージをみなさん宛にくださいました。

いつものほんわかした咲希さんとは打って変わって、ぐいぐいモードに突入すると、初めての方は、「あ。なぜか、ドSモードに…?笑」と、不思議と笑いがこぼれてしまいます(笑)

参加の方々に共通したテーマは

『ライフスタイル』

私も、うんうんと深くうなずき、共感することばかりでした。

以下、箇条書きでシェアしますね。
(少し私の解釈も含まれます)

・周りの人を大事にすること。
→家族・パートナー・友人を大切にする。
そうすると、年を取ったときに支え合える。
自分がそのようにできていると、周りの人間関係も、同じになる。

・これから5年以内に、身近な人に先生が出てくる。
→先生とは、生き方が好きとか、憧れとか、そうなりたい存在。すると、その人から学べる。

・仕事(収入のルート)は、1つである必要はあるか?正社員である必要はあるか?2つとか複数持っていてよい。
→今は過渡期。これから5年以内に、もし自分が複数の仕事を持っていたら、その中からひとつに絞られていく。

・自分の好きなことをやる。
→「これで食べていかなくちゃ」だとプレッシャーになる。独立まで時間はかかる。はじめは複数の仕事を持っておく。
複数の仕事を持っていて、その中の一本でやっていけると思ったら、その時はすぐに独立してもいい。

・与えていく。すると、どこかから形になって返ってくる。

・何事も、3回ダメでも4回目もトライする。(恋愛や夢の実現も同じく)
→その際は、トライする期間を決める。自分なりの“ぐいぐい期”を設定する。

・選択の際には、自分が自由になる方を選ぶ。

その後、みんなで瞑想タイムに突入〜。

しばらく目を瞑り、室内にアロマを香らせながら、深呼吸をしたりして、咲希さんの誘導で瞑想しました。

「どんなイメージですか?」
→私は、山頂から光が降り注いでいました。

「どんなメッセージを受け取りましたか?」
→私は「好きなことをやっていけ〜。」という感じ。

でした〜。

みなさんそれぞれ、感じたもの、受け取ったものがあったようです。

詳しくご興味のある方は、咲希さんのセッションを受けてみてくださいね。

▶︎ミラクルヒーラー山本咲希さんのセッションはこちらです。

そして女神ごはんからは、

1.じゅわっとジューシー パワーおいなりさん
2.はちみつ使用の鹿児島県産 切り干し大根
3.天然塩と味噌だけ 重ね煮の味噌汁
4.新潟県産 甘みたっぷり豊水梨

咲希さん曰く、私には白狐(びゃっこ)さんが5匹ついてくださっているそうです。

え??きつねさん??

と、びっくり仰天。。

今まで私、きつねさんにも、稲荷神社にも、あまりご縁を感じたことがなかったので、とっても意外でした。。

でも聞けば、良きご縁をつないでくださったり、人をたくさん連れて来てくださったりしてくださるみたいです。

見えない世界でそんな風に動いてくださっているなんて、とってもありがたいですね。

というわけで、食材を買出し後に、ご近所さんの鵠沼伏見稲荷神社に行き、日本酒と油揚げをお供えして参拝。

豊穣の神様 ウカノミタマノカミ様のパワーを少しいただけたかな??

そして、そちらの日本酒と油揚げを使い、おいなりさんにしました。

(この、日本酒と油揚げをお供えして、その後、それを料理で使うというのは、パワー絶大なので、今後の女神ごはんでもやり続けようと思います。)

油揚げを開いて袋状にする時間があまり無かった為、端を切って開く作戦に、急遽変更(苦笑)

ちょっと見た目はアレですが、

「光ってるね〜」
「やさしい味がしました」
「心に染み入りました」
「浄化と祈りのパワーって、やっぱりすごいと思いました」

などなど、お声をいただきました。

ご参加いただいた方々、ありがとうございました^^

追伸
先日、皇居勤労奉仕にご参加されたSさんより、皇居内の売店で購入した、菊の焼き印の入ったお饅頭をいただきました。うれしい〜。
Sさん、お心遣いをありがとうございます。