ととのえることは美しいこと

いま、あなたが周りを見て「うらやましい」など思う気持ちもあると思います。

そんないまは、ととのえる期間だと思ってください。

『ととのえる』と聞いてどんなことを思い浮かべますか?

「掃除してないな」
「洗濯物たまってるな」
「支払いが滞ってるな」
「ご先祖様のお墓参り、行ってないな」
「親に会いに行ってないな」
「外食ばかりで自炊できてないな」
「湯船につからず、シャワーだけで済ませちゃって、疲れが溜まりっぱなしだな」

いろんなことが思い浮かぶと思います。

そのすべて思い浮かんだこと、あなたができる小さなことからでいいので、ひとつひとつ取り組んでみてください。

やってみると、なんだか気持ちがすっきりして、滞っていたことがスムーズに動き出しますよ。

私自身もCAを辞めて1年2ヶ月。
起業してからは1年経ちました。

この間、1年以上かけて自分をととのえることに専念してきました。

自分をととのえる
環境をととのえる
食をととのえる
お金をととのえる
人間関係をととのえる

自分に関わる、全てにおいてです。

いまはととのえて、土台作りをしっかりとするとき、そんな風に自分で感じて実行しています。

なぜなら今後1年後、2年後、大きなものが入ってくるときに、土台がしっかりしていないと、入ってくるものも入ってこれないから。

もしも入ってきたとしても、不安定なまま崩れてしまうから。

ヒビが入っている器に水を入れたときに、漏れてしまうのと同じです。

入ってくるものと言うのは、仕事だったり、人間関係だったり、お金だったり、いろいろな意味合いを含みます。

土台がしっかりしていないと、大きなチャンスも逃してしまいます。

きっと神様が上から見ていたら、土台がしっかりしていて「いつでもどんとこーい!」な人のところに、大きなチャンスをプレゼントするのではないでしょうか。

そのための、いまなんです。

正直、私自身、周りを見てはうらやましいし、悔しいし、はがゆい気持ちもあります。

「あれもしたい」「これもしたい」って、欲望が人一倍ありますからね、私(笑)

でも、いまはととのえるとき。

それが私の、いま1番必要なこと、望んでいること。

長い人生の中の、たった1〜2年なんて、”点”みたいなものです。

そして私が、この“ととのえることの美しさ”を知ったのは、今年の1月に参加した皇居勤労奉仕でした。

「ととのえ続けていった先の最高の世界は、こんなにも美しい世界なんだ」と言う衝撃を受けました。

この“美しい世界”がスタンダード、当たり前の基準なんです。

ととのえた世界、ととのえ続けた先の完成形の姿を見せて頂き、とても静かな感動がじんわりと広がりました。

私は、いままで掃除が大嫌いでした。

なぜなら掃除をしても、

またどうせ汚れる
またどうせ散らかる
やっても意味がない
やっても無駄

そんな負のイメージばかりだったからです。

そんな私が、いまでは街のごみ拾いを楽しみに毎朝飛び起きて(笑)、小走りで出かけたりしているのは、勤労奉仕とのご縁があったから。

勤労奉仕で美しくととのえられた世界を見せていただいた時に、

壁にも床にも、木にも草にも、そのすべてにいのちが宿っていて、

「こんなにもキラキラと美しい世界があるんだ」と言う衝撃を受けました。

そしてその衝撃はずっと私の中に残っていて、自分だけで独り占めするのではなく、

「たくさんの人にこの世界を見ていただきたい、お連れしたい」と思う気持ちで、今回、団長として仲間とともに団を結成し、10月に参加することになりました。

希望日程では、応募者多数により抽選になりましたが、蓋をあけてみたら一発当選でした。

4/26の新月の日に申請書を提出し、そして結果が翌月5/26の新月の日に届くという、それもまた奇跡。

▶︎新月についてはこちらの記事をどうぞ。『新月の願い事でほぼ100%夢や願望を叶える!秘密の書き方』

結果通知が届いた日は、魂がぶるぶると震え、神様に応援されている気がしてなりませんでした。

私ひとりでは叶えられなかったこと。

15人集まらないと団を結成できませんでしたので、集まっていただいたみなさんのおかげさまです。

引き続き、ととのえることを意識して実践し、浄化と祈りを徹底して、当日を迎えたいと思います。

その日まで、せっせと土台作りをしていきます。

▶︎松田 智子 プロフィール
▶︎女神ごはんとは
▶︎2016年 活動実績
▶︎2017年 活動実績
▶︎みなさんの声
▶︎今後のスケジュール

【レシピ】じゃがいも好きに捧ぐ♡揚げ焼きde新じゃがいものほくほく春巻き

《春巻き10個分》
じゃがいも 中4〜5個
ひき肉 150〜170g
しいたけ 小7〜8個
春巻きの皮 10枚
★しょうが 小さじ2分の1
★にんにく 小さじ2分の1
★しょうゆ 大さじ1
★酒 大さじ1
塩 適量
こしょう 適量
油(あれば太白ごま油) 大さじ4

1.ひき肉に下味(★)をつけて冷蔵庫に入れておく。

2.じゃがいもを軽く洗い皮ごと茹でる。

(じゃがいもがかぶるくらいに水を入れ、初めは強火で沸騰させる。沸騰したら蓋をして弱火で20分くらい〜手でグニャっとつぶせる硬さになるまで。なるべく柔らかい方がその後潰しやすくて良い)

3.その待ち時間に、しいたけをみじん切りにしておく。

(切り終えて時間が空いたら、洗い物やキッチン周りの拭き掃除をしながら待つ。)

4.茹で上がったじゃがいもを四つ切りにして、皮の部分に軽く包丁を入れ、剥ぐようにぺろんとむいていく。適当な大きさに切り、ボウル内でつぶす。

5.ボウルの中で、つぶしたじゃがいも、ひき肉、しいたけを入れ、切るように混ぜる。塩こしょうを入れて混ぜる。

6.春巻きの皮に巻く。巻き終えたものからフライパンに並べていく。隣同士くっつかないように離しておく。

7.春巻きをおいたフライパンに油を大さじ4入れ、キッチンペーパーで蓋をする。
(キッチンペーパーは必ずフライパン内におさまるようにして、引火に注意!絶対に火をつけた状態でその場から離れないでください)

8.初めは強火。パチパチ音がしてきたら弱火にして8分。ウラかえしにして8分。途中でいじらずに気長に待ち、裏表まんべんなく揚げ焼きができたら完成。

※食べる直前まではキッチンペーパーにのせて油を切っておく。
※しょうゆをつけてお召し上がりください。

じゃがいも感満載のほくほく春巻きです♡

▶︎松田 智子 プロフィール
▶︎女神ごはんとは
▶︎2016年 活動実績
▶︎2017年 活動実績
▶︎みなさんの声
▶︎今後のスケジュール

太陽玉ねぎの作り方〜玉ねぎさんのぽかぽか日光浴♡〜

抗酸化作用のあるケルセチンが4倍になるという、『太陽玉ねぎ』の作り方をご紹介します。

▶︎ケルセチンとは?効果はこちら。

1.皮をむく

2.1週間日光に当てる

※もしも中身が傷んでしまったら、茶色い部分を取り除き、傷んでいない白い部分だけをいただきます。

※こちらもご参照ください。▶︎『保存玉ねぎの腐りはじめ』

3.その後、生で使う場合
→そのまま冷蔵庫にて保存

3’.その後、煮込んで使う場合
→食べやすい大きさに切り冷凍庫にて保存

他にも玉ねぎ活用方法をご紹介します。

▶︎オレンジページ流『はちみつ酢玉ねぎ』の作り方はこちら。

作り方は、

1.お酢を沸かして

2.薄くスライスした玉ねぎをその中に入れる

これにより、お酢独特の酸味を飛ばし、玉ねぎの辛味を抑えることができます。

3.火を止めたらハチミツを加えて密閉容器に入れて4日ほどおいて完成。

冷奴や肉巻きなどの和のメニューに♪

▶︎捨ててしまう玉ねぎの皮(無農薬のもの)の活用方法はこちら。


▲『太陽玉ねぎ』には忘れないように日付もメモ。毎日玉ねぎさんに、「おはよう」「おやすみ」の声がけも忘れずに♡

▶︎松田 智子 プロフィール
▶︎女神ごはんとは
▶︎2016年 活動実績
▶︎2017年 活動実績
▶︎みなさんの声
▶︎今後のスケジュール

赤ちゃんに触れるように、優しく愛おしく丁寧に接します。

お米、おこめ、おコメ…

お米愛が止まりません。。


(▲炊きたてごはんに昆布を巻いた、昆布のおむすび。よろこびが身体中に広がります^^)


(▲巻いた昆布はこちら。本道佳子さんのオススメで築地で購入しました。)

お米一粒ひとつぶのいのちを感じながら、生産者さんがどんな想いで育ててくれたんだろうかと、想いを馳せています。

「ありがとうございます」「ありがとうございます」と心の中で唱えながら、見つめながら、赤ちゃんに触れるように、優しく愛おしく丁寧に接します。

お米をゆすぐときに、汚い洗濯物を洗うように「汚れているからきれいにしなくちゃ」と思いながら、ゴシゴシとゆすいでいる人、いると思いますが、

それ、お米さんに伝わってますから。


(▲こちらも本道佳子さんのオススメで築地で購入したものです。)

人に置き換えて考えてみてください。

自分を汚いものと扱われて、タワシのようにキツイもので、強めにゴシゴシされたときの気持ち。
(実際にタワシで洗うということではなく、単なる例えです)

心も身体も傷ついてしまいますよね。
「私、そんな風に思われて扱われるんだ…泣」って。

そんな中で今度は「おいしくなぁれ♡」と勝手に作り手のエゴを押し付けられても、

お米さんからしたら「はぁ〜?!何言ってんだい!絶対においしくなんてなってやんないゾ!」ってなりますよ。笑

対して、優しく愛おしく接せられたら、単純にうれしいですよね。

男子が可愛い女子に笑顔でにっこりされたり、すべすべの柔らかい手で、お肌にそっと触れられたら、それだけでニマニマが止まらないのと同じです。笑

『与えたものが返ってくる』という宇宙の法則。

まずは自分から、先に与える。

女神ごはんでは”ひたすら切るだけ”みたいな単純作業のときには、「ありがとうございます」「ありがとうございます」を心の中で唱えています。

だから食材さんたちがよろこんで「よーし!もっとおいしくなっちゃうよ〜!」と、ベストパフォーマンスを発揮してくれるんです。

身近に手に入る食材でも、いのちいっぱいの、エネルギーあふれるごはんにすることができます。

「食材への接し方」=「人への接し方」

ぜひ、優しく愛おしく丁寧に接してみてくださいね。

いつものごはんが格段においしくなりますから。

▶︎松田 智子 プロフィール
▶︎女神ごはんとは
▶︎2016年 活動実績
▶︎2017年 活動実績
▶︎みなさんの声
▶︎今後のスケジュール

5/20(土)そうだ、国境なき料理団 本道佳子さんと築地市場へ行こう!開催報告

▶︎そうだ、国境なき料理団 本道佳子さんと築地市場へ行こう!最高気温27℃の暑さと共に、無事に終わりました♡

朝8:30〜11:30のツアー開催時間でしたが、13:00過ぎまで1時間半延長。

さすがに土日は観光客が多すぎて、大混雑。

3時間では周りきれないほど、盛りだくさんでしたね。

みなさん、メモに写真撮影に試食に買い物におしゃべりにと、てんやわんやの大忙し(笑)

本道さんを先頭に、さくさくと築地場外と築地場内の鮮魚や青果、その他のいろ〜んなお店を回りました。

みなさん、歩きやすい靴でお越しいただいて、本当によかった。。涙

いままで見たことのない、すごすぎるデコポン…!

本道さんオススメの果物やさん▶︎『三源商店』で、デコポンを試食させていただいたときの「あま〜い」という感動。。

他にもバナナも試食させていただいたのですが、これもすごかった。。

太くてずっしりとした重みの大きなバナナ。いのちがぎゅぎゅっと凝縮されていました。

食べ頃具合が丁度よく、口に入れると、身体いっぱいに「わぁ〜^^」っと、よろこびが広がるんです。

そしてそのまましばらくの間、私の身体は、よろこびで包まれていました。

“身体はよろこびたがっている”そう感じた瞬間でした。

今回、本道さんがおっしゃっていて、とても心に響いたのは、

果物屋さん▶︎『三源商店』に行ったときに、

「『オススメはなんですか?』と聞いてください」

「そしたらその日1番のものを教えてくださいますよ^^」と。

聞いたおかげで、今日は、極上のデコポンとバナナに出会えたんですね。

この『人に聞く』という行為、普通に実践している方にとって、「え、当たり前ですけど?」と思うかもしれません。

でも、これができている方は、ほんの一握り。世の中のほとんどの方は、できていないのではないでしょうか。


(▲▶︎『秋山商店』削りたてのかつおぶしを計り売りで100g購入。紙袋越しでもわかる、かつおぶしの香りが、ものすごいんです。いのちをいっぱい感じます。冷蔵か冷凍で保存してくださいとのことでした〜。)

でね、私が以前に、マンダリンオリエンタル東京で勤務していたとき、

“ホテル初めてさん”の人の中で、「〇〇はどこですか?」と聞いてくださる方は1割くらいでした。

他の9割の方は、こちらからお声がけしようとしても、「あ、大丈夫です…!」と、さささっと逃げて行ってしまい、

その後、ずっとうろうろとされていました。。

この違いって大きいなと思うんです。

デキる方のスピード感。
デキる方ほど、『人に聞く』を実践されています。

・何も聞かずに、自分が買いたいものを買う
・そもそも聞くのが恥ずかしい
・そっけない態度をとられて傷つくんじゃないかと、勝手に思っている
・無知の自分がばれたくない、認めたくない

などなど、いろんな感情やプライドが邪魔して、行動できないでいますよね。

良い人って、いつも人に良い情報を教えたがっていると思うんです。

自分の意思を持たずに、誰彼かまわず人に聞くのではなく、

自分の意思を持ち、“信頼できる人”に聞く、そしてそのオススメに乗っかるというスタンスです。

この場合、

1.果物のプロに聞く
2.オススメを教えていただく
3.素直に信じて乗っかってみる

という感じでしょうか。

ちなみに私は普段、果物って好んで食べません。その中でも、柑橘系やバナナはもっと食べません。

もちろん出されたら食べますけど、自分から進んで選ばないという感じです。

でも果物のプロに教えていただいて、素直に信じてオススメに乗っかり、デコポンを購入しました。

そしたら私の人生のよろこびが広がりました♡


(▲翌日の朝に♡切ってるそばから味見という名のつまみ食いで、だいぶカサが減っちゃいました(汗)あま〜い。これ、来客時に出したらめちゃくちゃよろこばれるだろうから、出しちゃおう!)


(▲▶︎築地の豆雑穀問屋『三栄商会』収穫期間が1週間しかないらしい、山形県産秘伝豆。これで納豆好きの夫の為に、手作り納豆を作ろう〜。)

今回の築地ツアーも、

1.本道佳子さんに聞く
2.オススメを教えていただく
3.素直に信じて乗っかってみる

そんな光景がツアー中、何度も何度も繰り広げられました。


(▲ランチでいただいた煮魚定食。大きすぎてお皿からはみ出てます。ほくほくしていておいしかった〜。)

人生のよろこびが広がる築地ツアー、とっても奥深い貴重な体験でした♡

本道さん、暑い中、たくさんの”情報のプレゼント”をありがとうございました。

ご参加いただいたみなさんも、本当にありがとうございました^^

またご一緒できます日を、心より楽しみにしています。

▶︎国境なき料理団のHPはこちらです。