【皇居勤労奉仕】私の人生で一生大切にしていきたいこと、それがすべて、この勤労奉仕につまってた。

・手間暇かけてこそ、美しい
・心を込める、だからそこにいのちが宿る
・ととのえること、それがスタンダード
・喜んで働かせていただくという精神
・先に与えることの素晴らしさ
・いつも相手の幸せを祈っている
・すべては愛から始まる

image

1/17〜1/20の4日間、勤労奉仕団に参加してきました。

「美しい皇居を守る力」-それが,皇居勤労奉仕です。

勤労奉仕ってよくわかんないけど、興味あるってだけで参加を決めたんです。

以前から他の方が行っていたりしたので、勤労奉仕って聞いたことがあるけど、一体何をやっているのか未知の世界。

蓋を開けてみると、そこにあったのは地上天国でした。

雑然とした東京のど真ん中なのに、皇居の中は別世界。

同じ日にち、同じ時間、同じ東京なのに、外と中はまったく違う、まさにパラレルワールド。

でも、この地上天国、ポッと出で出没したわけではありません。

丁寧に丁寧に手間暇かけて、たくさんの方が心を込めて、手作業で手入れされてきた、だから今の姿があるんです。

どの場所に行っても、どの場面を切り取っても、そこには美しい世界が広がっていました。

芝生に行って作業をしたとき、案内してくださった方が、

「はい、ここでクローバーを探して、抜いてくださいね〜。」

とおっしゃり、びっくりしたんです。

パッと見て、クローバーが生えているのが見えなかったから。

「え?全然ないんだけど?」
「とりあえず探してみよっか。」

と、始まったクローバー探しですが、

しゃがんだり、地面に手や膝をついて四つんばいになって、視線を低くすると、小さく埋もれているクローバーがたくさんたくさん見えてくるんです。

そうやって見つけたクローバー、手でおおざっぱにバッと引っこ抜くのではなく、

ピンセットを使い、根っこまで切れないように、丁寧に丁寧に抜くんです。

クローバーさんも、やさしく丁寧に扱ってもらって喜んでいるように感じました。

キレイに手入れすることができて自分も喜ぶし、芝生さんやクローバーさんも丁寧にととのえてもらって喜ぶし、その場所を次に訪れた人も美しい景色を見れて喜ぶ、

WinWinの関係のように、みんなが喜ぶ空間。

自分だけが得をしたいとか、目立ちたいとか、そういう”我”は一切ありません。

「この世界は愛でできている」と改めて確信した瞬間でした。

こんな風に、芝生とクローバーとピンセットだけで、たくさんの学びがありました(笑)

皇居と赤坂御所で、4日間いろいろな場所で作業させていただき、随所に学びや気づきがいっぱいありすぎて、すぐには言語化できませんでした。

言葉にすると、なにか薄っぺらくなってしまいそうだったから。

ここで得た学びや気づきを日常で実践して、腑に落としながら、少しずつアウトプットしていきますね。

私の人生で一生大切にしていきたいこと、それがすべて、この勤労奉仕につまってた。

団長と副団長のつくりだす”いいチーム”、そこでのリーダーシップも素晴らしく、その背中から多くを学ばせていただきました。

4日間ご一緒した勤労奉仕団のみなさんも素晴らしい方々で、このチームでこの場所に来れたこと、私の一生の宝物です。

本当にありがとうございました♡

P.S.
私もペイフォワードさせていただきます。
今年11月〜12月に団長やりますね^^
20〜24名の団にしたいので、ご興味ある方ご一緒しましょう。

▶︎松田 智子 プロフィール
▶︎女神ごはんとは
▶︎2016年 活動実績
▶︎2017年 活動実績
▶︎みなさんの声
▶︎今後のスケジュール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です