伝説の絶対的アイドルから学ぶ、おいしいごはんの作り方

昨日、友人夫婦の畑の朝採れ野菜をたくさんいただきました。

そしてその中から小松菜を使って、早速お醤油パスタに♡

おいしいー(≧∇≦)

これ、作る前から「絶対おいしい!」って思っていました。

スーパーで食材を選ぶときも、「これ、絶対おいしい!」と思うものしか買いません。

食材そのものがエネルギッシュで生き生きとした生命力がみなぎっていて。

食材を目の前にして、「絶対おいしい!絶対おいしい!」と見つめながら作るので、その結果、絶対おいしくなります(笑)

話は変わって、私、女性アイドルが大好きなんですが(好きなのは、ハロプロ限定です♡)、

私が大好きな元モーニング娘。の道重さゆみちゃんは、毎日鏡で「私、キレイ!」「私、かわいい!」って言い続けているんですよね。

本人が本当に思い込んでいてそう言っているのか、心底は思い込んでいないけど自己暗示的にすりこませているのか、どちらか分かりませんが。

モーニング娘。加入時は、自信なさげで声もか細くて、歌も歌えず。

個性の強い他のメンバーに比べて、自分らしさも発揮できずに、歌割の歌詞もほとんどもらえず、テレビやコンサートの画面に映るのも、1回あたり数秒程度。

もがきながら努力して、いつしかバラエティで活躍するようになり、グループのリーダーとなります。

そして11年10ヶ月経ち、内面からは輝きを、外見からは圧倒的な美しさを兼ね備え、ファンに惜しまれながらグループを卒業しました。

いまではアイドルに憧れられる”伝説の絶対的アイドル”と言われています。

何が言いたいかと言うと、ごはんも「おいしくなーれ!」と念じるのではなく「絶対おいしい!」と思うこと。食材のいのちを尊重して信じきること。

信じて信じて信じきること。

いかに包丁さばきを良くするか?とか料理の技術に走るよりも、大切なのは想いだったり姿勢だったりという在り方が大事。

信じきったその先には、絶対おいしい未来が待っていますから♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です