《限定15名》【自然栽培の玄米麹+粟国の塩+大豆(選定中)】祈りながら仕込む『祈りの味噌づくり』×『女神ごはん』2019

【祈りの味噌作り2019】
今年仕込んだ味噌15キロ分ができました♡
キラキラといのちいっぱい輝いています^^

我が子の誕生にとっても愛おしい〜😍

女神ごはんは「浄化」「祈り」「食材」の3つをコンセプトに、

1.「浄化」をして自分を内側からととのえ
2.相手の幸せを「祈り」
3.身体が喜ぶ「食材」を使って

料理することで、高級食材にこだわらなくても、身近に手に入る食材でもエネルギーあふれる『愛あるごはん』に変わります。

四つ足の動物だけでなく、生きとし生けるものすべてに魂は宿っています。

でもその魂に、愛をもって接するのか、雑に乱暴に接するのか、無視して放置するのかによって、「いのち」の育ち方が違うのです。

人と同じですね。

女神ごはんのおむすびやお味噌汁では、食べた方が涙したり、元気に笑顔になったり、この場だけの打ち明け話をしてくれたり。

それはエネルギーがごはんにのっかり、食べた方の身体に「元気玉」として入るからです。

心と身体にダイレクトに伝わる”愛につきるごはん”、それが女神ごはんです。

『祈りの味噌作り』で仕込む手前味噌は格別です。

大豆一粒一粒、「ありがとう」を唱えながら、大切に丁寧に、手作業で潰して作ったお味噌です😊

手で潰すのは、手の常在菌を入れることで、その方独自の味噌にする為。

また大豆を1晩浸水時にも、「愛」と「感謝」の文字を、水と大豆たちに見せ続け、彼らに喜んで働いていただいています^^

浸水後の大豆を、女神ごはんでは圧力鍋を使わずに、3時間じっくりと茹でていきます。

そうして2日がかりで、手間暇かけた我が子への愛情はたっぷり。

途中で天地返しをする必要はなく、10ヶ月以上発酵させて完成です😊

祈りの味噌作り、ぜひご一緒しましょう^^

手前味噌づくり、それは妊娠〜出産までのプロセスのよう。

大豆は見た目キレイでも意外に汚れているので、始めに冷水で5回くらい洗います。

そして一晩浸水させます。

その後、新しいキレイな水で、ことこと茹でていきます。(3〜4時間くらい…!)

柔らかくなったら、指で丁寧に、1粒1粒をつぶしていき、

そして塩と麹を混ぜて、空気を抜きながら容器に詰め、その後は10ヶ月以上かけて熟成させていきます。

時間をかけて成長を見守り、育ったら、家族や友人みんなで、それを美味しく味わっていきます。

1.つくる喜び
2.育てる喜び
3.味わう喜び

ただ単に食べるだけではなくそのプロセスも含めて、3倍の喜びを感じられる、それが味噌づくりです。

10ヶ月以上もかけて成長を見守って、無事に完成したときの喜びと言ったら、何物にも変えがたいものがあります。

我が子の誕生を喜ぶ。
我が子の成長を見守る。

まるで妊娠期間と同じように、十月十日ほどかけて、見守り育てていきます。

無事に完成したときには、出産のように我が子の誕生を祝います。

ちなみに今年2月に仕込んだ味噌を先日解禁しましたが、ピカピカ生き生きとしていて、生まれたての赤ちゃんのように、いのちいっぱい輝いていました。

生まれてからは、ただただ愛おしさを感じる。味わう。共に歩んでいく。

喜びもひとしおですね。

→過去の開催報告はこちら

こんにちは。
女神ごはん主宰の松田 智子です。

さて、私が大好きな味噌づくりの季節がやってきました😊

(お味噌は一年中作れますが、2月の寒仕込みがベストと言われています。)

我が家は、毎日味噌汁生活のお味噌大好き一家。

なので、作ってもすぐになくなってしまいます(笑)

2019年は、1月から3月にかけて複数回開催いたします。

▶︎今回も創業1914年 越前有機蔵『マルカワみそ』のHPを参考にさせていただき、材料を集め、3キロ分を仕込んでいきます。

▶︎『マルカワみそ』のHPを参考にする理由
限りなく自然・天然に近い素材や製法にこだわって提供している。また、家庭での味噌づくりにおいて、「天地返し」をしなくてもいいと提唱しているところがうれしいからです。

▶︎天地返しとは
表層と深層を入れ替えること

▶︎天地返しは必要ですか?
ご家庭で仕込む場合は、天地返しは基本的にしなくていいと考えています。詳しくはこちらです。

▶︎分量の参考はこちら
↓↓↓

▶︎今回(出来高約3kg)の味噌作りで用意する材料3つ
1.麹
→『自然栽培玄米麹』を使う予定1000g

2.塩
→『粟国の塩』
スーパーでも売っていて我が家でも日常使いしている天然塩。400g

3.大豆
築地 三栄商会『平成29年北海道産鶴の子大豆(中粒)』を予定650g→今回使用する大豆は現在選定中

注:容器
→ご自身でご用意ください。
(お味噌3キロ分を仕込む場合、1.1〜1.2倍くらいの大きさ目安)

大きさの目安について
↓↓↓

初心者向け*タッパー、漬物容器
中級者向け*野田琺瑯の保存容器
上級者向け*甕、木樽

注:容器は過去に使ったもの(特に匂いが強めのキムチとか)ではなく、味噌専用として新しくご用意することを、オススメします。

image

手作りの楽しさ、発酵されて完成した”世界でひとつだけの味噌”の愛おしさ、

また、既製品とは違う味わい深さ、そんなたくさんの喜びを共に体験しましょう。

■内容
1.女神ごはんを実食
祈りのおむすび・重ね煮の味噌汁 他
2.女神ごはん味噌づくり講座
『浄化』『祈り』『食材』
3.味噌づくり
茹でた大豆を潰す
→塩を合わせた麹と混ぜる
→容器に詰める

■こんな人に来て欲しい!
・味噌づくり体験をしたい
・手前味噌デビューをしたい
・食を見直すきっかけが欲しい
・おうちごはんをもっと好きになりたい
・美味しいごはんを食べたい
・女神ごはんに興味がある

■参加したらこうなります♪
・味噌づくり体験ができます
・手前味噌デビューができます
・食を見直すきっかけができます
・おうちごはんがもっと好きになる
・美味しいごはんを食べることができます
・女神ごはんを知ることができる

■日時
1/21(月)獅子座・月食
1/26(土)△
1/27(日)△

2/4(月)立春
2/5(火)水瓶座・新月
2/9(土)一粒万倍日+大安
2/10(日)天赦日+寅の日
2/14(木)一粒万倍日
2/21(木)【残2】一粒万倍日+大安

※所要時間は4時間程度
※時間はお昼から夕方までを予定。参加の方々と事前にご相談させていただきます。
ex.12:00〜16:00
※他日程を希望の場合、調整しますのでお知らせください。

■場所
湘南AQUA(自宅サロン)
《小田急江ノ島線 本鵠沼(ほんくげぬま)駅から徒歩3分》

■持ち物
1.エプロン
2.おてふき用のタオル
3.スリッパ or 厚手の靴下
4.筆記用具
5.仕込んだ味噌3kg分を入れる容器
6.持ち帰り用かばん(袋やスーツケースなど)
7.ご自身のドリンクとみんなで食べるお菓子1品

注:髪の長い方は、作業中髪の毛が入らないようゴムやピンでまとめてください。

■定員
各回4名(主催者含む)

■申し込み
📩 megamigohan★gmail.comまで
(★を@に変えて)

下記の件名と本文の内容をお書きの上、お送りください。

件名 『味噌づくり』

本文
1.お名前
2.携帯番号(当日連絡先として)
3.参加希望日時、または希望日のリクエスト
4.女神ごはんを知ったきっかけ

■会費・事前振込
《会費に含まれるもの》
・味噌3キロ分材料
(自然栽培の玄米麹・粟国の塩・大豆)
※事前にこちらで用意します
・女神ごはん
(祈りのおむすび・重ね煮の味噌汁 他)
・女神ごはん手前味噌講座レジメ

正規¥6,900
シェア割※¥5,900
味噌作りリピーター割¥5,900

※シェア割
参加後にFacebookにて『松田 智子』をタグ付けして『女神ごはん』のキーワードを入れて感想をお書きいただく場合、適用
(ブログやInstagramでもOK)

■事前振込
申し込みから3営業日以内に振込
※振込先は直接メッセージします。

■キャンセル規定
前々日の取り消し:50パーセント
前日〜当日の取り消し:100パーセント
※キャンセルの場合【3日前の24:00】までに、松田智子までご連絡ください。
食材の仕入れや仕込みがありますので、その旨ご了承ください。

■みなさんの声
『女神ごはんでは、智子さんの愛情がこもった料理を頂けて、心が満たされ疲れが吹き飛び明日への活力が湧いてきました。

そして話を聞いていて日頃の小
さな行動が、全てのことに繋がってくると気づかされて、毎日の生活を見直してみようと思いました。

本当に感謝しています。
どうもありがとうございました。』
(山本 拓男さん)

『相手への想いをこめて作られる
女神ごはんは、食べるだけで心身が整っていきます。

運気が上がるごはんです。

普段何気なくやっている食べるという日常の行為が、心をこめるとこんなにもパワフルで浄化されるのだとわかり、

私もごはんを作るときに自分の心をもう一度見直してみようと思いました。』
(山本 咲希さん)

『「女神ごはん」には ”食べて目覚める いのち輝く” という素敵なコピーがついていて、作り方だけでない、作る人の「在り方」が食にこもっているようなそんなごはん。
 
もはやこれは「祈り」だった!
 
美味しいのはもちろん、一口一口心身が喜ぶようなそんなかんじで、至福のランチタイムをまさに「いただき」ました。
 
心よりごちそうさまでした。』
(柴田 信之さん)
 
『本当に素晴らしい女神ごはんをありがとうございました。』
(柴田 佑奈さん)

『これから今の自分ができる方法で、食べた方が幸せを感じられるごはんをつくっていきたいです。「ありがとう」「浄化」大切にして生きます。』
(中山 康子さん)

『愛・想い・気持ち…心を込める、気持ちを込めるってとても大切なことなんだと、じーんと感じました。自分ができることからはじめようと思います。』
(小山 詩乃さん)

『智子さんにずっとお会いしたかったので、お話が聞けてよかったです^^とても良い時間でした。』
(須田 友子さん)

『私も智子さんみたいに、「食」を通して本当の姿に戻っていったり、安心感を与えたり、生まれたことに感謝したり、「愛」を感じてもらえるような人になり、居場所を作りたいと思います。』
(松岡 藍さん)

『浄化がこれほど効果があると思っていなかったのでこれからやっていきます。食事が楽しくなりそうです。』
(鷹取 利昭さん)

『女神ごはんをいただくと 心と身体が調います。家族のご飯を作る自分の心を調えることの大切さを感じました。』
(阿部 梨絵さん)

『そこにいる人と楽しくつながりながら、気づいたら自分とも深くつながってた女神ごはん』
(さわとん)

『美味しくて優しい味でした♫
特に重ね煮のお味噌汁、ほっとする温かさを感じました^^』
(H.M.さん)

『慌てて食べるのはもったいない。
 でも、早く食べたい。
 そんなごはんでした。
 もっと広がれーと思います。』
(くらさわ さとこさん)

追伸
私は初めて家で1人で味噌作りをしようとしたときに、なかなか腰が重くて動けずに、結局諦めてしまいました。

大変な仕込み部分は私がしておきますので、後は当日、「潰す」「混ぜる」「詰める」の工程を楽しむだけ。

みんなで楽しんで取り組んでいるうちに、あっという間に終わってしまいます😊

当日ご一緒できますことを、心より楽しみにしています♪

2018/11/23【神社奉納】東京都町田市春日神社/『祈りのおむすび』に宿る2000の祈り

お米一粒一粒に宿る魂

その魂を生かすも殺すも、関わるもの次第

たとえば作り手

お米を作る人
お米を運ぶ人
お米を販売する人
お米を買う人
お米を炊く人
お米を使って料理をする人

「作り手」と一言でいっても、その範囲は広い

だから私はできれば自分の手でお米を作りたい

できなければ、家族や友人など顔が見える関係の人から買いたい

それもできなければ、道の駅やご近所のJAで売っているような「〇〇さんが作りました」という顔が見えるものを買いたい

(ちなみに私は、ご近所JAの山口貞雄さんの野菜たちが大好きなのです😊)

雑に大量生産されていて心を失っている“生きていない”ものよりも、

心を込めて大切な我が子として愛情かけて育てられた“生きている”もの

そもそも、素材からエネルギッシュに“生きている”ものを選べば、毎日のごはんは格段に美味しくなる

そしてその“生きている”ものをいただいた人の身体には魂が宿る。

女神ごはんのコンセプトは、「浄化」「祈り」「食材」

未曾有の事態のときだけではなく、困ったときの神頼みでもなく、

女神ごはんでは『日常から祈り』を提唱している。

祈りの方法や文言は、ご自身で一番しっくりくるものを模索していただきたいですが、

私がしているものは、こちら。

「1.11月30日 ご縁の神様

2.只今より、私 松田智子はこのご縁を通して愛と光を届けさせていただきます。

3.今日も目の前の方を含む世界中の方々が、元気で幸せでありますように。

(一面に広がるたくさんの光の玉が少しずつ大きくなり最高最大の光になるのをイメージして、その時の自分の感情を味わう)

4.ご縁の神様、あとは全てお任せいたします。

5.ありがとうございます。(対:神様)
ありがとうございます。(対:相手)
ありがとうございます。(対:自分)」

3回「ありがとう」を言うのは、三方向に伝えるため。

神様へ向けて祈りをしたあとは、自分が結果を出そうとはせずに手放し、

「結果は神様にお任せします」というスタンスで、「自分」「相手」「神様」の三角形を作ります。

女神ごはんでは日常からこの『祈り』をしています。

1時間〜最大5時間くらい。

暇なのではありません(笑)
それくらい、日常から「祈り」と一体化して生きているということです。

歩いているとき、電車に乗っているとき、お風呂に入っているとき、エレベーターに乗っているとき、

キッチンで料理中の待ち時間に洗い物をしているとき。

本当は祈りのみの時間をとることがオススメですが、日々忙しい私たちでも挫折せず続けていくために、『“ながら”祈り』をオススメします。

掃除機をかけながら『祈り』
歯磨きをしながら『祈り』
ランニングをしながら『祈り』

本格的ではないかもしれませんが、

口先ばかりで完璧を求めて何もしないよりも、不完全でも少しずつ続けることをオススメします。

その小さな積み重ねがやがて大きなうねりになりますから。

そして先日11/23(金祝)には東京都町田市春日神社の新嘗祭にて、『祈りのおむすび』を奉納いたしました。

お米一粒一粒に魂が宿りますが、女神ごはんではさらに祈りも込めます。

魂に祈りが込められるので、だから生き生きと輝き始めるのです。

お米一粒一粒に込もる祈りは、おむすび1つならいったいどれだけの数の祈りが入るのでしょう。

おむすび50グラムで2000粒と言われていますから、

「2000の祈り」がのっているのです。
(今回の奉納では45グラムサイズで48個作りました。OMS48ですね。笑)

なぜ『祈りのおむすび』で涙する人がいるのか。

それは「2000の祈り」がのっているから。
2000のお米一粒一粒が、いのちいっぱい生きているから。


(ご神事の後の直会より。参列者のあやのさんより写真拝借しました。ありがとうございます😊)

女神ごはんでは全ての料理に祈りがのっていますが、

おむすびが特別な理由は、祈りが2000にも集約されるから。

他の料理と比べると圧倒的ですね。

そんなことに気づいた今回の神社奉納でした。

春日神社の禰宜(ねぎ)のあゆみさん、ご一緒した方々、素晴らしい時間をありがとうございました。

東京都町田市春日神社はこちら

追伸
当日はKARUNAさんによる、とっても素晴らしいクリスタルボウルの奉納演奏もあり、心も身体も浄化された1日でした。
ありがとうございました😊

KARUNAさんのFacebook投稿はこちら


(こちらもあやのさんより拝借しました🍙)

【オススメ】帝国劇場・ミュージカル『マリー・アントワネット』〜私が得た3つの「いまを生きる」メッセージ〜

昨日はご縁をいただき、ミュージカル『マリー・アントワネット』を帝国劇場にて観劇してきました。

帝国劇場は初めてですが、その格式高さ、重厚感に魅了されました。

他の劇場も訪れていますが、帝国劇場は別格ですね。

しばらく帝国劇場にハマりそうです(笑)

昨日はミュージカル以外のことでも色々な感情を抱き、1日放心状態。
すぐに言語化することができませんでした。

いまの私にとって、とても良い刺激を受けた1日でした。

1.毎日が本番という生き方

帝国劇場では2018.10.8〜11.25まで、ほぼ毎日上演されます。

マチネ(昼公演)・ソワレ(夜公演)と、1日に2回転の日もあります。

そんな中、「風邪引いたから声が出ません」とか、「今日は気分が乗らないので休みます」とかできませんよね(笑)

毎日が本番、その為に心と身体を最高最善の状態で維持する。

そんな生き様がかっこいいです。

私たちの日常でたとえると、いま目の前のことに最高最善で取り組むということ。

たとえそれがやりたくない仕事だったとしても、いま目の前のことに心を込めて取り組んでいたら道は拓けます。

その姿を見ている人は絶対いるし、もしも誰も見ていなかったとしても神様は見てくださっていますから。

2.身体は食べたものでできている

私自身、日々たくさんの方にお会いしますが、行き過ぎた体型の方を見ると、その方の食生活・精神状態も見えてしまいます。

インスタント食品やファーストフードばかり食べているんだろうな

感謝して味わうことなく、貪るように食べているんだろうな

部屋が散らかっていて足の踏み場もないんだろうな

物を捨てられず、昔の古い邪気がたまっているものもたくさん家にあるんだろうな

食べる吐くの繰り返しをしているんだろうな

その方に想いを馳せ、色々と感じてしまいます。

ミュージカル俳優の方々は、セリフ含む演技、歌、ダンス、仲間とのチームワーク、客席との一体感など、役割は多岐に渡りますが、

プロフェッショナルとして、たとえば喉に良いもの、身体に良いものを選んで食べているんだろうなと。

そうでなければ、あんなにパワフルに全身全霊でできませんものね。

見習わせていただきます。

3.Wキャストなライフスタイル

マリーアントワネット役は花總(はなふさ)まりさん。元宝塚の方らしく、華やかで美しく存在感抜群でした。

そしてもう1人のMA(マリーアントワネット)と言われている架空の人物、マルグリット役は昆夏美さん。小柄で華奢なのにとってもパワフルで、一瞬でその場の空気感を変える存在感。

このお二人もとっても素晴らしかったのですが、Wキャストの他の方も観てみたい!

いろんな組み合わせが観れるから、次は〇〇さんの△△役を観たい!とハマってしまいますね。

(ちなみに私は、某劇場にて劇場スタッフとして働いていたことがありますが、お客様は当日会場に掲示されるキャスト表をまず第1に見ている方が多かったです)

個人的には昆夏美さんのマルグリット役が素晴らしかったからこそ、今度は私が大好きなソニンちゃんのマルグリット役を観たいな。

役者の数だけ深みが増しますね。

人生も同じ。

たとえば皇居勤労奉仕では、私が団長、夫が副団長の団の時。そして今度は夫が団長、私が副団長の団の時がありました。

人は同じでも役割が違えばまたカラーが変わるし、それがおもしろい。

たとえばリーダーである私が不在の時に、だれかが私の代わりにリーダーになればいい。

その人がいなくなったときに代わりは誰もいないから、その組織は終わりではなく、Wキャスト的に、それなら〇〇さんが今日はリーダーね!というのがいい。

ワントップ体制ではなくツートップ体制の、そんな人生がいいですね。

ご縁をいただいたエンジェルクミさん、ちーちゃん、ありがとうございました😊

さて今度は『レ・ミゼラブル』を観に行こうかな?
それにしてもフランスや、中世のヨーロッパになぜかご縁のある私。
フランスのルルドの泉も、1人で訪れたし(笑)
きっと過去生で生きていたんですね😍

追伸
女神ごはんは、来年から『女神ごはんインストラクター1day養成講座』を始めます。

ご興味のある方は下記のリンク先に希望日程の入力をお願いいたします。

↓↓↓
希望日程の入力はこちらの「調整さん」へ

食べて目覚める いのち輝く 女神ごはん
〜幸せな食卓から世界平和へ〜

🍙LINE@始めました!
イベントや講座で使えるクーポンも設定予定なのでお楽しみに^^

友だち追加ボタンはこちら↓
友だち追加

QRコードはこちら↓

🍙メルマガのご登録ありがとうございます。現在不定期発行になっていてごめんなさい。まもなく発行再開いたします。PCでのご登録はこちら

🍙食べて目覚める いのち輝く 女神ごはん〜幸せな食卓から世界平和へ〜のメルマガ購読申し込みはこちら

🍙今後のスケジュールはこちら

🍙女神ごはんの夢とは?才能持ち寄り型コミュニティ創り〜一人ひとりが得意分野を活かした与える世界〜

【ヴィーガン・ベジタリアン対応】女神ごはん・2019年1月から『airKitchen Plus』始動:Home-cooked Japanese meals for vegetarians and vegans

外国人旅行者向けに、ヴィーガンやベジタリアン対応で料理を提供しようと思います。

オンラインマッチングサイトはairKitchen Plus

ほっこり土鍋ごはんと、重ね煮の味噌汁と、野菜料理で。

2020年の東京オリンピックに向けてますます外国人旅行者は増えるけど、

ヴィーガンやベジタリアン対応レストランって、数少ないから、

外食でふらっとお店に入るってできなくて、食べられる物がなくて困っている方も多い。

そんな困っているときって、人に聞く元気もないから、諦めて妥協しちゃったりする。

私もヨーロッパに一人旅をしたときに、食べたいものがなくて、お腹を空かせながらさまよい歩き、最後はふてくされて、スーパーで買ったものをホテルで食べたことがあります(笑)

(注:私はヴィーガン・ベジタリアンではないです)

せっかく大好きな日本への海外旅行、存分に楽しんでもらいたい。

最高の思い出を作って、ますます日本大好きになってもらいたい。

旅行者の増加と比例して、日本滞在中のヴィーガンやベジタリアンも増加する。

女神ごはんが目指す“幸せな食卓から世界平和へ”の世界が実現する。

そんな日が来るのは、案外すぐかもしれない。

…というわけで、来年1月から始動します💕

幸い、新しく探さなくても、私の周りには、ヴィーガンの先生・料理の先生・英語の先生など、すでにカードは揃っているから。

もう、「はい」か「Yes」で始めるしかないですね(笑)

そんな人脈が本当にありがたいです。

いままでの全ての経験は無駄じゃなかった。
点と点が1本の線となり繋がる瞬間はこの上なく幸せです😊

食べて目覚める いのち輝く 女神ごはん
〜幸せな食卓から世界平和へ〜

🍙LINE@始めました!
イベントや講座で使えるクーポンも設定予定なのでお楽しみに^^

友だち追加ボタンはこちら↓
友だち追加

QRコードはこちら↓

🍙メルマガのご登録ありがとうございます。現在不定期発行になっていてごめんなさい。まもなく発行再開いたします。PCでのご登録はこちら

🍙食べて目覚める いのち輝く 女神ごはん〜幸せな食卓から世界平和へ〜のメルマガ購読申し込みはこちら

🍙今後のスケジュールはこちら

🍙女神ごはんの夢とは?才能持ち寄り型コミュニティ創り〜一人ひとりが得意分野を活かした与える世界〜

【身体が喜ぶ食材】「あなたは既に美味しい」という存在承認が大切

女神ごはんは「浄化」「祈り」「食材」の3つのコンセプトから成り立ちます。

食材の部分は、“身体が喜ぶ”食材を使うこと。
“身体に良い”食材ではないことがポイント。

身体が喜ぶ食材とは、心でいただくもので、「美味しい」「幸せ」と感じるもの。

対して身体に良い食材とは、頭で考えながらいただくもので、心は、二の次になりがち。

そして食材に対しての接し方も大切。
家族のように仲間のように、話しかけながら接しています。

意識していることは、「おいしくなぁれ」ではなく、「あなたは既に美味しい」という存在承認をすること。

「おいしくなぁれ」は、頑張っている人に対して、頑張れよって言っているように、私には聞こえます。

「いや。言われなくても、既にせっせと、美味しくなろうと頑張ってますから」「うちらのこと、信じてよ」って(笑)

あなたは既に素晴らしい^^
あなたは既に頑張っている
あなたは既に美しい♡

自分だったらそんな風に言われたいですから

食材さんたちを、彼らの存在を尊重してあげてほしいのです。

女神ごはんは“引き算の料理”と言われることが多いですが、

それは食材さんたちを尊重しているから、味付けもいたってシンプルで、

塩だけとか、塩とブラックペッパーとか、酒・醤油・味醂とか必要最小限で、素材の旨みを存分に引き出せるのです。

食材さんたちへの存在承認、ぜひやってみてくださいね😊

喜んで働いてくれるので、ごはんが格段に美味しくなりますよ^^

食べて目覚める いのち輝く 女神ごはん
〜幸せな食卓から世界平和へ〜

🍙ご登録ありがとうございます。現在不定期発行になっていてごめんなさい。まもなく発行再開いたします。PCでのご登録はこちら

🍙食べて目覚める いのち輝く 女神ごはん〜幸せな食卓から世界平和へ〜のメルマガ購読申し込みはこちら

🍙今後のスケジュールはこちら

🍙女神ごはんの夢とは?才能持ち寄り型コミュニティ創り〜一人ひとりが得意分野を活かした与える世界〜