7号食始めました!

7号食を始めて、今日で5日目。

7号食はずっと続けるものではなく、短期的で、

期間は10日間。
回復食の期間も加えると16日間。

✴︎7号食とは?
7号食とはマクロビ創始者の桜沢如一先生が提唱した半断食法です。

トミタ式7号食では

10日間は未精製の穀物(玄米・雑穀・古代米)
11〜13日目は、上記+具無しの味噌汁
14〜16日目は、上記+具有りの味噌汁(動物性NG)

ごはんには、ごま塩をかけてOKというルールですが、相変わらず、味に対する飽きとの戦いが続いてます(笑)

「どうしたら飽きずに続けられるか?」に試行錯誤。

そんな私に、自家製ごま塩に引き続き、救世主が登場〜

▼自家製ごま塩の作り方

それは
玄米甘酒のシャーベット

この季節、これはかなり嬉しいです!

作り方は

・玄米甘酒を製氷機で凍らすだけ
(写真は黒米甘酒バージョン)

これは7号食中ではなくとも、とってもお勧め

ぜひやってみてくださいね^^

そして今日からは玄米餅の登場〜。

お米は4合を下記の配分で土鍋で炊き、余りを冷凍保存してます

・玄米(蒼の元米):2合
・滋養米:1合
・十五穀米:1合

そこに刻んだ玄米餅を加えて、もち米の代わりにして、もちもちとした食感を加えてみます

▽炊く前


▽炊き上がり、しゃもじで混ぜた後

玄米、塩、ごま

の3つの素材だけで何ができるか?を考える時間が楽しい〜

私はつくづく、食が大好きで、作る&食べる時間が幸せなんだと、改めて大きな気づきをいただいてます。

さて明日からは後半戦に突入です〜

追伸
7号食にご興味のある方は、下記の公式LINEからメッセージください。

私は次回9月後半に、2回目の7号食をやる予定です。

よろしければ一緒にやりましょう!

《いのちある食卓 公式LINE》
↓↓↓
IDはこちら
@mlf4111a

または下記のQRコードをスキャンして登録してください

LINEをしていない方はこちらの問い合わせフォームより、お気軽にメッセージをください
お問い合わせフォームはこちら

【レシピ】梅酒の梅の活用!さばの味噌煮×『戸田本みりん』

いよいよ梅酒仕込みのシーズンですね!

昨年仕込んだ梅酒も丸一年たち、いまが飲み頃なのではと思います

梅酒の梅を取り出すタイミングは、私は翌年の梅酒を仕込むタイミングで、その作業と合わせて取り出します

そして、梅酒の梅、みなさん、何に活用されますか?

我が家はスイーツはほとんど食べないので、パウンドケーキやゼリーも無し。

ジャムも作っても食べきれない。
そもそも、パン派ではなくごはん派なので。

じゃあどうしよう?ということで、魚を煮るときに合わせて煮ることにしました。

料理は科学

今回の梅酒の梅の原材料は、


酒→黒糖焼酎
黒糖

それならば、それらを材料にする料理に合わせればいいですよね

煮物はたいてい、酒や砂糖が入っているので、梅酒の梅は何にでも合います

✴︎

というわけで、今夜はさばの味噌煮です。

煮汁ベースを混ぜ合わせて煮込むだけなので、とっても簡単でオススメです😊

◆梅酒の梅活用!さばの味噌煮
4人分

さば:1尾(2枚おろし)

煮汁ベース
☆水:300cc
☆酒:100cc
☆戸田本みりん:大さじ3
☆醤油:大2
☆黒糖:大1

薬味
☆生姜:スライス3枚
(盛り付け用の針生姜は、お好みで作ってください)
☆青ねぎ:1本(青い部分のみ)

梅酒の梅:4個

★味噌:大3

《準備》
*さば(2枚おろし)を半分に切る
*生姜をスライスにしておく(お好みで針生姜も作っておく)

《作り方》
1.フライパンに、味噌以外の煮汁ベース☆と薬味を入れて沸騰させる
2.さばと梅酒の梅を入れ、灰汁が出てきたら取り除く
※臭みを残さない為
3.落し蓋をして中火で8〜10分
4.煮立たないように火を弱めて、味噌を(3)に加え3〜4分で完成

📩お問い合わせはこちら

◆『戸田本みりん』はどんな味わい?
芳醇な香りと甘味にふくらみがあり、後味も爽快。お米の甘みが感じられる。しっかりとした味や香り、風味がある為、調味料として使う際には少量でも充分に存在感がある。
またそのままでも美味しい為、お米のお酒として、みりんハイボールにしたり、飲み物としても人気。

◆『戸田本みりん』はどこで買えるの?
1.糀富(はなとみ)
住所:📮454-0962
愛知県名古屋市中川区戸田3丁目501-1
TEL:☎︎052-301-8101

👉👉👉問い合わせ・注文はこちら

2.リカープラザ越後屋
住所:📮242-0007
神奈川県大和市中央林間4-2-34
TEL:☎︎046-275-1238

👉👉👉購入はこちら

より本格的な本みりん(もち米・米麹・本格焼酎)の『尾張みりん』もオススメです😊

ぜひ購入してみてくださいね^^

冬仕込みの自家製味噌の経過。味噌たまりについて。

冬に仕込んだ自家製味噌の状況はいかがでしょうか?

もし表面にカビが発生していたら、その部分を大きめに取り除き、また平らにして、新しいラップに取り替えてください

内側の部分にカビが生えていた場合、

または、匂いを嗅いでみて、「これ食べるものじゃないな😱」というNGな匂いがした場合、OKな部分のみ、新しい容器(煮沸消毒orアルコール消毒済み)に移し替える必要があります

まだ塩気を強く感じるかもしれませんが、現段階で味見してみてくださいね

とっても美味しいですよ😍

(生麹を使った場合、柔らかいですが、乾燥麹を使った場合、現時点では麹が固い可能性があります)

これからもっと美味しくなるんだな〜!

という、ワクワクとした希望に満ち溢れた若い味噌の味わいを楽しめます😊


(2020年2月仕込みの祈りの味噌 2020.5.13)

また、味噌たまりが出てくる頃かと思います

>>>味噌たまりって何ですか?神州一味噌HPへ

“味噌の発酵・熟成中にできる、味噌から分離した液体のことで、みそのエキスがぎゅ~っと凝縮されています。”

味噌から分離して出てきた水分なので、混ぜ合わせてしまってOKです

または、味噌たまりのみ取り出して、醤油の代わりとして刺身や納豆に合わせてみたり、お好みでお楽しみください

(こちらは現時点ではなく、完成後のタイミングです。若い味噌の状態の味噌たまりは、まだ味噌のエキスが凝縮されておらず、透明に近い薄い茶色かと思います)

自家製の醍醐味は、成長を共に楽しめること

また味噌たまりのように、副産物も楽しめること

時短&簡単な世の中で、「なんでもスピーディにしたい!」気持ちも分かりますが、

本来、ゆっくりじっくり時間をかけていくものを、人工的にどうこうするのは、不自然ではないかと私は思います

ぜひ季節の移ろいと共に、発酵と熟成をしていく自家製味噌の醍醐味を体感してみてくださいね

引き続き、10ヶ月後の完成までお楽しみに^^

【レシピ】祈りのおむすび

《作り方》

1.熱々炊きたてごはん、氷水(ボウル)、天然塩(お皿にのせる)を準備する

✴︎熱々炊きたてごはん:炊飯器の場合、炊飯&蒸らし完了直後

2.氷水に両手を入れ、手をキンキンに冷やし、水気を充分にはらう

✴︎湿らせた清潔なふきんを用意して、ふきんで余分な水気をとってもよい

3.右手の指で塩をとり、左手のひらにつけ、両手をすり合わせながら、手のひらに満遍なく広げる

✴︎塩の分量の目安
おむすび45g:人差し指の第一関節でなぞる程度
おむすび90g:人差し指と中指の第一関節でなぞる程度
おむすび135g:人差し指と中指と薬指の第一関節でなぞる程度

✴︎塩は小粒が望ましい
大粒のものだと、両手のひらに満遍なく広がりにくく、まばらになる為

4.左手に熱々炊きたてごはんをのせ、右手で包みこみ、ごはんがひとかたまりになるように、かたどっていく
(力任せに握るのではなく、ご飯粒のデンプン同士でくっつけていく)

5.食べた方が無邪気な笑顔で元気に歩き出すイメージをしながら※ごはんをひとまとめにしていく
※ここが、「祈り」の状態です。

6.ひとかたまりになったら、最後に軽く三角にかたどっていく
(結び方は最初に丸く、最後に三角にすると、角のない丸三角の形になる)

✴︎

祈りは未曾有のとき”だけ”やるものではなく、日常からあるもの。

相手の無邪気な笑顔を思い浮かべて行動することが、祈りです。

ぜひ、ご自身の出来る範囲で実践してみてくださいね。


(今日の置き弁当 2020.5.13)

#祈りのおむすび #祈り #おむすび #おにぎり #ごはん #土鍋 #土鍋ごはん #お弁当 #置き弁当

【レシピ】らっきょうの甘酢漬けで作るタルタルソース

ゆで卵:2個(みじん切り)
らっきょうの甘酢漬け:8〜10個(みじん切り)
マヨネーズ:1カップ
塩:適量
ドライパセリ:適量


(今日の置き弁当 2020.5.10)

1.ゆで卵とらっきょうの甘酢漬けはみじん切りにしておく
2.全ての材料を混ぜ合わせる
3.塩は味見をしながら調整していく
4.冷蔵庫で冷やしておき、食べる直前に取り出す

期限:冷蔵保存で3日


🔺らっきょうの甘酢漬けは、洗いらっきょうを使うと、甘酢液に漬け込むだけなのでとっても簡単。

本格的に仕込みたい方は土付きのらっきょうを使い、準備から楽しんでみてください。

↓↓↓

いまが旬のらっきょう。

ぜひ今年はらっきょう仕事、ご一緒しましょう。

◇季節の手仕事オンライン教室
〜らっきょうの甘酢漬け編〜

ご自身で準備していただくもの
1.洗いらっきょう
2.甘酢液に使うもの
(本みりん・黒糖・米酢)
3.密封容器

所要時間:2時間
受講費:3,000円(事前振込)

当日の流れ
1.ズームを使いオンラインで繋ぐ
2.【座学】いのちある食卓を学ぶ
3.【座学】らっきょうの甘酢漬けを学ぶ
4.【実習】甘酢液を作り、洗いらっきょうを入れる

詳細と申し込みは公式LINEにご登録の上、個別でLINEしてくださいね

《いのちある食卓 公式LINE》
↓↓↓
IDはこちら
@mlf4111a

または下記のQRコードをスキャンして登録してください

LINEをしていない方はこちらの問い合わせフォームより、お気軽にメッセージをください
お問い合わせフォームはこちら